東京,新宿,西落合の買取。【ラッパ型】【蓄音器】の買取。

, ,

最近の買取事例

最近、60過ぎの男性の方に良く呼ばれます。

殆どの方が、御両親の御逝去後の、お住まいの整理片付けです。

有る程度、御自分で整理なさった場合、そこに残されているのは、箪笥、本箱、介護のベッド、布団、人形、それと小さな仏壇とか。

何故か箪笥の中の着物、本箱の書籍類は空っぽになってます。

処分なさった経緯、売却で手にされた金額等の話を聞くたびに悲しくなります。

広告の上手な業者様が羨ましくなります。

悲しんでばかりはいられません。

残された物達の中に、私と出会いたい物が必ず有るはずという信念で、いつもの家探しが始まります。

新宿区西落合の買取

この度お邪魔した新宿区西落合のH様のお宅もまさしく、その通りの築50年は過ぎてる木造の2階建てのお宅でした。

出迎えて頂いたH様。

本当に長閑な人生を送られたであろう、穏やかで、愛想のとてもよろしい、60を超えたばかりに見える、丸顔の、とてもお元気そうな男性の方でした。

全て処分するので、何か買えるのが有ればお願いしたいとの事。
所謂、遺品の整理です。

不燃物だと仰る、食器の入った、段ボール箱から、スワロフスキーのガラスが5,6個。
ヘレンドのカップソーサーがワンセット、その他ノリタケオークラのお皿数点を助け出し、ベッドの脇のナイトテーブルの上で、埃のかぶった白い風呂敷の中から現れたのがこのラッパ型スピーカーの付いた蓄音器でした。

ラッパ型蓄音器の買取

取り説が有りました。
昭和62年頃のメイドインフランスの蓄音器でした。所謂復刻版です。
父上の物だそうです。H様には御不用の事。

ラッパ型蓄音器

ラッパ型蓄音器

この時期のご購入とすれば、多分、目の前のH様とほぼ同年齢でのこの商品のご購入かなと余分な事を思いながら、その当時の何と無く豊かで、のんびりした日本の情景と、これを手にしたH様のお父上のお姿などを、思い浮かべながら、大切に車に積み込み西落合を後にしました。

車のガラス越しに見えるいつもの哲学堂の桜達。
やがて訪れる今年の春に備え、残り少ない厳しい寒さを必死にこらえる姿。
私の好きな場面です。

店に戻り、ゼンマイを巻くと大きなスピーカーから懐かしい音色が流れました。
西落合のH様、有難う御座いました。

 

豊島区大塚での【治療機の買取】、【スカイツリー】、【富士山】、【東京タワー】との出会い

,

今日の主役は、富士山でしょうか?東京タワーでしょうか?スカイツリーでしょうか?

豊島区北大塚のお客様

今日私を呼んで頂いたのは、豊島区北大塚のY様御兄弟。 訪ねて見ると、しょっちゅう私が顔を出す地域、大塚駅の北口から、都電の線路を越えた、信号機のすぐ脇の、築50年はなんなんとする、2階建ての古いお家。 間もなく解体の予定だそうです。 私を迎えて下さいましたのは、多分お兄様と妹様お二人でした。 来月、解体なさるそうです。その後の事はわかりません。ただ、羨ましい限りです。

戦前の、Toushibaの扇風機、Nationalの電気ストーブとか、私の好きなアイテムを気持ちよく譲って頂きました。 気が引けるのは、すぐ近所に私の懇意のリサイクルショップが有った事でした。 そんな関係で私も一生懸命買わせて頂きました。 そこで見つけたのがこの治療機です。

1955年の治療機

1955年の治療機

1955年の治療機

1955年の治療機

押入れの天袋の一番奥の奥で私との出会いを待ってました。

さすがに、今更、役には立たないと思います。 中から出てきた取り説に、1955年の記録が有り、今から60年も前にこのような治療機が存在していた事実にびっくりしました。 古い昭和の本箱、欅の文机、時代箪笥等、次回の引き取りのお約束の最中に一本のお電話。 墨田区は、向島からのお電話でした。 気持ち良く、北大塚のY様のお宅を後にして、春日通りから、浅草通りを経て、向島の、M様宅へ。残念ながら、私の欲しい物には出会えませんでした。 スカイツリーとの出会い そこで何と無く立ち寄ったのが、東京スカイツリーでした。 一人で行ってみました。 多少お腹も空いてました。

時間は午後の4時半頃。

そこで出会ったのが、写真の富士の顔でした。

スカイツリーからの富士山

スカイツリーからの富士山

好きになれそうなスカイツリー

普段の混雑は知りません。

今日はとても空いてました。

地上350メートルへのエレベーターも快適でした。

そこには意外と多くの人たち、矢張り若い二人連れ、中国、韓国、その他の外国の方々。

久しぶりに、何と無く、自由でのんびりの時間を味わいました。

下界の景気とか株価とか、遠い彼方のきな臭い話とか、バスの事故の悲しい思いとかを、 一瞬忘れさせてくれるそんな場所と時間でした。

今日の天気の御蔭でしょうか、遥かな美しい富士、近くの輝く東京タワー、結構好きになれそうな
東京スカイツリーに出会えたそんな一日でした。

スカイツリーからの東京タワー

スカイツリーからの東京タワー

 

文京区千石での、不用品処分でした。

, ,

文京区千石に有る、あるマンションの10階のベランダからはこんな感じでスカイツリーが眺められました。

このスカイツリーの見えるお部屋の、家具家財一式の整理処分をお願いされました。

嬉しいやら胸が熱くなるやら。

「私の叔母が、三枚のチラシを持っていて、この中から業者を選んで欲しいと言われて、その中から私が、貴方の所を選びました。」

姪御様のM様のお言葉でした。

事情は察して余りが有ります。

叔母さまと、姪御様に感謝しながら、この土曜と日曜、二日がかりで、一生懸命、作業をさせて頂きました。

不忍通りに面した交通の激しい所で、車の置き場所の工面でかなりの苦労が有りましたが、住民の方々、管理の方々の気持ちの良いご対応とご協力で、大きなトラブルも無く、無事に終了致しました。

私の見積もりでは、トラック3台の不用品のボリュームでしたが結局は、4台に余る量の処分となり、いつものように若いスタッフから、叱られたのが、唯一のトラブルでした。

整理前の様子

整理前の様子

整理後の様子

整理後の様子

整理前の様子

整理前の様子2

整理後の様子2

整理後の様子2

整理前の様子3

整理前の様子3

整理後の様子3

整理後の様子3

 

帰り際、回転寿司の食べ放題で何とか私の体面を守らせて頂きました。

あの場所からあのスカイツリーを眺める事はもう出来ないかも知れません。

当店のチラシを大事に取って置いて下さった、M様の叔母さま。

この度は私をお呼びいただき大変ありがとうございました。

是非再び健康になられて、あのスカイツリーを眺めて下さる事をお祈り致します。

千代田区一番町での【仏像の買取】。【弥勒菩薩半跏思惟像】の買取でした。

, , ,

30年位、こちらのお部屋に鎮座なさってたそうです。
父上が残された物だそうです。

一人では動かせず、一人助っ人を頼みました。

チョットひ弱なM君と、やっとのことで、4階のお部屋から、表まで連れ出すことが出来ました。

唐金の弥勒菩薩半跏思惟像です。

30年位前は、昭和60年でした。世間では、このようなものが飛ぶように売れてました。

今、こう言う物を欲しい人を探すのは至難の業です。

高さは約1メートル、重さは約90㎏位。

思索する半跏思惟像

思索する半跏思惟像

光背がなくなってました。

私を呼んで下さった、千代田区一番町の、T様、私の買取り金額に快く首を振って頂きました。

連れて行きたい人、募集中です。

 

豊島区千川で、ブランド食器、ロイヤルコペンハーゲンの買取でした。

, , , ,

「もう必要ないので処分して下さい。」
と言われ、指を差された食器棚の一番上の棚に置かれた、カップソーサーを下ろすと、ロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッドプレーンが6客です。
あちこちにかなりの汚れが見え、普段使いでかなり使われた物でした。
「これももう要らないの」と言われて、小さなガラスケースから出てきたのがこのリヤドロと、ロイヤルドルトンの陶器の人形です。

ロイヤルドルトンとリヤドロ

ロイヤルドルトンとリヤドロ

惜しいかな、リヤドロは指が一本無くなってました。ロイヤルドルトンはそんなに古くは有りませんが、仕上がりの良い可愛い一点でした。
その棚の下に有った、ヘレンドの小さな花の置物が六点。

ヘレンドの小物

ヘレンドの小物

包装し、箱にしまう指の先から、ご主人様との数々の思い出が伝わる可愛い小物たちでした。

最近良く有るお手伝いの一場面です。
80歳だと仰るN様が、老人ホームへの引越しです。女性の方です。
私にはまだお一人で十分生活がと見受けられますが、詳しい事情はわかりません。
ホームの方がてきぱきと荷捌きをしてました。
作業の邪魔にならぬ様、こちらの作業を進めます。
結果は、ほぼ2トン車いっぱいの、不用品が有りました。2階の階段から必死の作業です。
結果は不用品の処分代を頂くことになりましたが、一生懸命勉強させて頂きました。
作業中、硬い表情のN様が最後に笑顔を見せて下さり、腰の痛さが消えました。
豊島区千川からご依頼いただきました、N様、有難う御座いました。

中軒鷺宮で、【花瓶の買取】、【韓国人間国宝安東五】の花瓶の買取

, ,

朝の、店への道のりの途中に、3本の百日紅が有ります。
それぞれ大きさと色の違う。
今朝の冷たい雨に、3本とも、散り急ぐようにピンクの花びらが地面にいっぱいです。
しばらく見えなくなった夏の太陽、冷たい雨に自分の今年の務めの終わりがわかるように。
晩夏のというか、初秋のというか、自然の気ままな移り変わりにはいつも感心します。

小雨の中、中野区鷺宮の静かな住宅街のT様に呼ばれました。
お庭の片隅にやはり、百日紅が一本。
来月自宅の売却の予定で、室内の不用品を処分してほしいとのことです。
1階2階での五つの部屋には、生活が止まったままの家財がぎっしりです。
涼しくなった自然に感謝しながら、費用の交渉です。
かなりの金額が見込まれ、折り合いまでもう少しというところで、今日のお話は終わりました。

こんな感じの室内です

こんな感じの室内です

 

室内の状況2

室内の状況2

次にお会いする日を決めながら、2階の押し入れから出てきたのがこの花瓶たちです。
韓国の人間国宝、安東五の物でした。

安 東五の花瓶

安 東五の花瓶

ご本人は必要ないとおっしゃいます。
その通りだと思います。
一時この手の物達にも人気のあった時代が有りましたが、今では見向いてくれる人が少なくなるばかりです。
気持ちよく買い取らせて頂きました。
帰りの道にも相変わらず窓にあたる冷たい雨。
碧い空と、熱い太陽に恋しさの募る今年の夏の終わりの一日でした。

文京区本駒込の、【遺品整理】、【ライカの買取】

, ,

昨日の練馬区向山、一見して、東京の高級住宅地でした。
今日お邪魔した処もまさしくその通り。
なぜか暑さを感じません。
今日の温度が低いのか、街の温度が低いのか、私の具合が可笑しいのか。
確かに昨日よりは、おなじ時刻の絶対温度は低かったらしいんですが、今日私がお尋ねした、白山通りと、六義園との間の文京区本駒込の、K様のお宅。

この街は私には思い出のある街の一つです。

街並みはすっかり変わりましたが。

そんな街のチョット歴史を感じるK様の素敵なお宅。
とても心地よく迎えて下さいました。
遺品の整理をされたいとのことでお邪魔いたしました。
夏物の和服のお母様と、背の高い男性、息子様だと思います。
ソファーに腰を下すや否や、目の前に出された、青切子のグラスに波打つ麦茶、やはり青いガラスに、真っ赤な李が一つ。
遠慮なく頂きました。
スモモのひんやりと、果肉の甘さに感激いたしました。
多分、今日の心地よさは、この赤いスモモのせいでした。
今日は御見積だけのつもりでしたが、お話の間中、本棚の中の、美術全集の横に置かれた、このカメラが気になって仕方有りませんでした。
昨年春、他界されたご主人様の遺品でした。
ライカのm3、かなり程度の良い物でした。

後姿も美しいライカm3

後姿も美しいライカm3

心地よくお譲り頂いた、お母様と息子様、有難う御座いました。
お住まいを売却なさるとのこと。
かなりの物の整理が残ります。
9月の末まで、お時間頂きました。
一生懸命頑張らせて頂きます。
遠くで蝉の声の聞こえる、静かな町、本駒込のK様、おいしいスモモ、素敵なライカのカメラ、有難う御座いました。

目黒区で【珊瑚の指輪】と【翡翠の指輪】を買取りました。

, , , ,

山手通りから目黒通りを右折、緩やかな上り坂を過ぎながら、環七方向へ向かう道筋には、素敵な外国家具、アンティ-ク家具を売る店が少なく有りません。
台風から流れた熱い雲の下、今日呼ばれたのは、そんな目黒通りに面した、住所は下目黒の、かなり古めかしい、6階建てのビルの3階でした。
コインパーキングに車を預け、素敵なコーヒーショップ、小さなラーメン屋さんの看板を横目に目的のビルへ。
築50年は過ぎているでしょう、やっと3階へたどり着いた私を迎えて下さったのは、まさしくこちらのビルに、青春、人生を捧げたであろうと思われる、髪の毛の真っ赤な、80過ぎの逞しいお母様。
通されたのは建物の2階、鍵の束から中々お目当てのカギが見つかりません。ピンクのTシャツの背中にうっすらと汗がにじんでます。幸い、鍵を預かったとたん、お目当てのカギに出会えました。ドアを開け中のテーブルに腰をおろし、話の本題へ。
30坪くらいのも元お店、以前飲食店の名残が残ってます。
残念ながらアンティ-ク家具は目に入りません。
このような出会いは番度です。
目の前の眼鏡の奥の瞳には生気があふれてます。
長い間、このビルを守り抜いた、気概と自信でしょう。
まだまだやる気十分、この手の方に、最近良く出会います。
道路側のガラスをやっと開け、目黒通りからの、心地よい風の音、車の音を聞きながら、奥様のお話を何と無く心地よく聞いている私の姿が有りました。
然し、残念ながら、本日は、この奥様のご要望にはこたえる事が出来ませんでした。
当方のチラシから私を呼んで下さいましたが、リフォーム、クリーニング等がお望みで、私の出番は有りませんでした。
さびしそうな私を見て、これでも持っていけばと、先程のカギの袋から出して下さったのがこの二つのアクセサリーでした。
「もう使わないのよ」
一応、珊瑚と翡翠の古い指輪でした。
座った時間と、目の前の缶コーヒーで、何と無くお値段の方奮発しました。
暑さだらけの目黒通りを後にして、店に戻って、鑑定致しました。
赤い髪の奥様の勝ちでした。
帰り際、2階のエレベーターの前の、奥様の可愛らしい笑顔が目に残ってます。
もう少し赤が欲しい珊瑚でした。

珊瑚の指輪の買取

珊瑚の指輪の買取

翡翠の方も、残念な結果でした。
御主人の遺品が有るとかで又呼んでくれるとの事でした。
下目黒のお元気なN様、本日は暑い中呼んで頂きましてありがとうございました。

猛暑の中、さいたま市の【不用品処分】でした。

, , ,

こんな立派なお宅から、建物内の、不用品の処分の依頼を頂きました。
お母様が、せまいところに越されるそうです。
娘様からの御依頼でした。
娘様はアメリカにお住まいだそうです。
そんな方がなぜ当店に依頼されたのかは、詳しく分かりません。
この立派なお住まいは埼玉県、さいたま市に有りました。
私の店からは、かなりの距離でした。
お見積りに伺い、その時は、茶道具、掛軸、金のアクセサリー等を頂きました。
引っ越しで、室内の品物は全て整理されるとの事。
遠さと、暑さで、片付けの件は御遠慮させていただくつもりでした。
額から落ちる球の様な汗を手でぬぐいながらの2時間余り、買取の荷物を車に積み終わり、支払いを済ませた時、お母様の口から「片付けも、貴方にやって欲しいのよ」。
テーブルに出された冷たい麦茶。
一瞬、私の右手が行き場を失いました。
その時、お母様の口からのお言葉に負けて、結局は室内の物、全ての整理を請け負い、本日、終了致しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さいたま市の不用品処分

とても暑い日でした。
埼玉はさらに熱く感じられました。
手伝ってもらった、うちのスタッフ、山ちゃん、エビちゃん、いっせん君、村田君、ご苦労様でした。汗だらけになっちゃって。
帰り際、17号沿いの銚子丸での寿司食べ放題で、我慢してもらいました。
80歳だと言われたお母様。
大変有難う御座いました。
も少し早くお会いできればと思われるような、とても知的で、可愛さの残る、素敵なお母様でした。
それにも増して、闊達な、52歳だとおっしゃる娘様、とても素敵な出会いでした。
この度は大変なご苦労をなされたと思います。
部屋に残された、沢山の今井美紀のCD、有りがたく頂きました。
最後に、有難うの言葉を聞いた時には、今日の暑さと、荷物の重さを全て忘れました。
さいたま市のS様、ありがとう御座いました。

北区滝野川で、古書、和本、古地図の買取

, , ,

太陽ってこんなに眩しかったのかしら?
灰色の長いトンネルをやっと抜けた今日の朝、久しぶりに出会った、今日の太陽。今まで何処に居たのか尋ねて見たい。
そんな太陽の下、本日は、北区の滝野川に呼ばれました。
この街は確か1丁目から7丁目まであり、今日は3丁目です。
17号から細いくねくね道を抜けやっとたどり着きました。
道で出会う方、御高齢の方が目に映ります。
私を呼んで下さった方も、とても元気な83歳の女性でした。
築50年は過ぎると思われる自宅を整理なさるとのことです。
最近、この手の御依頼に良く出会います。
「主人が残した、この本、買って」
江戸期の和本でした。
中に、手書きの古い地図が有りました。
山陰の境港、四国の金毘羅様の物が何枚か。
長い間、大事にされて来た、かなり古い物でした。

古地図の買取

古地図の買取

大事にされて来た御主人さまに敬意を払い、買値を申し上げました。
眼鏡の奥の目が喜んでくれました。
もう少しで、燃えるごみで捨てようかと思っていた所、当店のチラシが目に入り、呼んで下さったそうです。
お年には見えない、滝野川のH様、有難う御座いました。
帰ってからゆっくりと地図を広げます。
最近、この手の物を無造作に捨ててしまう方が少なく有りません。
捨てないでください。