投稿

ジャガー・ルクルト「アトモス」の買取|文京区小石川にて遺品整理に伴うアンティーク時計の買取

, , , , , , ,

梅雨明けから連日の猛暑日‥。

ひと仕事終わった後のビールが最高に旨い時期ですよね。

そんな中、ここ最近は以前よりも外に出る回数が飛躍的に増えました。

連日ニュースでは感染者が200、300、400と増えることで皆が一喜一憂し、コロナ狂騒曲と形容しても過言ではありません。

しかし、零細企業と言えど私自身は会社を守らなければいけない立場。

経済活動をいつまでも止めるわけにはいきませんから。

また、このような状況下の中で私を呼んでくれる方の期待に応えるべく1日1日を大切にしながら過ごしてます。

文京区小石川で遺品整理に伴う買取

そんな本日は朝から唸るような暑さに見舞われました。

立ってるだけで滝の様な汗が額から滴ると言えば、暑さが皆様に伝わりますでしょうか。

今日は昨年亡くなった旦那様の遺品整理に伴う買取で文京区の小石川に伺いました。

8月の末で一周忌を迎えられたとの事で、

「ひとつの区切りだし、このタイミングで夫の遺品を整理したい」

との事でお問い合わせ頂き、残された物達を私なりに奮発して買取りさせて頂きました。

モンブランの万年筆、古銭などなど‥。

その中で私が一番気に入ったのが、このアンティーク時計でした。

ジャガールクルト「アトモス」

高い技術力で形作られた洗練されたデザイン。

ジャガールクルトには「アトモス」という名の精密時計のコレクションがあるんです。

何といっても半永久的に動くとされるこの時計の最大の魅力。

今日までこんなにコンディション良く残っていたのは旦那様の愛情が行き渡っていた証でしょう。

文字盤の美しさ、ムーブメントの動き、秒針の動き。何だか時空を超えて、大昔にタイムスリップでもしそうな感覚に陥りそうです。

このように一点で、人に喜びを与えてくれるアイテムは、私は好きです。

一通りの作業が完了した後、よく冷えた麦茶と、
そして水羊羹を差し入れ頂きました。

「なんとなく心のつっかえ棒が取れた気がするわ。ありがとね」

その目線の先には旦那様のお仏壇。

その中で笑顔でこちらを見つめる旦那様の写真が1枚。

人はいずれ旅立つことは間違いありませんが、このようにいつまでも誰かの記憶に残る様な生き方をしていきたいと改めて思った次第です。

文京区小石川のM様、この度は呼んで頂き有難う御座いました。

どうやらひと夏の思い出になりそうです。

遺品整理・生前整理に伴う不用品の出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

大正ロマンを醸し出すのアンティーク照明との出会い|東京都港区にて買取

, , , , ,

突然なんですが
最近思うことがあります。

「すべての物事に対して、効率を求めすぎていないか」

もしかすると、わたしのような古い人間の、凝り固まった考えかもしれませんけど(笑)

ただ、今年に入ってから風雲急で状況が変わってきましたよね。

例えば、働き方なんかは顕著に出てます。「NO残業」「既定の時間に帰社」、また月末の金曜日には「プレミアムフライデー」なるものが制定されました。

国も、無理にでも娯楽のタイミングを設け、国民ひとりひとりのお財布の紐を、必死に緩めようとしてます。

私が感じるのは、ちょっとずつ、アメリカナイズな風潮からひと昔前の日本のような状態に立ち返ってる気がするんです。いわゆる原点に戻ってるような。

なんでそう思ったか?単純な話です。

アンティーク照明の引き取り依頼

実は今日、港区の白金台にお住いのM様のお宅で、大正ロマンの雰囲気をまとった、アンティークの照明を買取ったからなんです。

平成の時代と逆行するような時代にだった大正・昭和初期。

得に大正時代は15年と非常に短かった時代にもかからわず、今もそのころの浪漫に触れたいがゆえに、このようなアンティークものを所有する方も少なくありません。

その頃って、ひとりひとりの美意識が洗練されたんでしょうね。

「チラシを見ました。照明を一度見てほしんです」
そんな電話が今週の火曜日に入りました。

どことなく上品な、電話越しに着物でも来てるんではないかと思わせる言葉尻。そんな声を聞いて、店内の接客で忙しくしていた私のテンションを鎮静してくれました。

電話の内容は、依頼者の方の母上が最近お亡くなりになり、遺品の整理をされていたとのこと。その際に、捨てるかどうするかの判断が付かなくなり、今回連絡をくれたそうなんです。

白金台の落ち着いた一軒家

白金台

場所は、白金台。

お客様宅の近くには、あの北里柴三郎の「北里大学」があります。

どことなく東京の喧騒を一瞬忘れさせてくれる場所。ちょっとの間、あたりを見渡し大きく深呼吸し、お目当てのM様のお宅へ。

「今日は、昨日よりも少し涼しいでしょう」

ありがたいお気遣いの言葉を頂き、お出迎え頂いたのは髪をきれいに結った奥様。柔和な微笑みがチャーミングな、それでいてちょっと知的な雰囲気を感じました。

お電話でも軽く伺ってましたが、奥様の母上がお亡くなりになりなったそうなんで

す。今現在も使用している家具・家電には思い入れがあり、捨てるに忍びなくどうせならプロに引き取ってほしいということです。

お部屋にある大正ロマン風の照明

照明アップ写真

さっそく、お部屋にご案内頂き、奥様が指をさされた方向を見ると、一瞬昔の時代に舞い戻ったような錯覚を感じさせる、照明がひっそりとありました。

それは、大正ロマンを思わせる、
落ち着いた光を放ってました。

その光は少しオレンジがかてっており、独特の雰囲気をその部屋に供給してます。

形状は、どことなく海を浮遊するクラゲのような。
その丸みを帯びたデザインは、一種のやさしさを感じました。

そんな照明の光を感じつつ、壁に気になる絵が。

「そこの絵画はもしかして‥。」
「竹久夢二です」

久々に見た夢二の絵画。正直照明よりもそちらに目がいっちゃてました(笑)ただ、これは今回のご依頼の対象ではなかったんですが、この照明の雰囲気で夢二の絵画を見ていたとき、あの時代にタイムスリップした感覚でした。

その後、別室にも同様のアンティーク照明があり、合わせて3点。
母上が暮らしていたとき、ずっと天井から見守っていた「主」を引き取らせて頂きました。

「お母さまの記憶の片りんを、大事に預かります」

抽象的な言葉で最後の挨拶をしたとき、奥様が出迎えていただ時の笑顔より、ちょっとだけ大きくなったような、そんな気が致しました。

帰りの車中、西日がちょうど落ちるタイミング。

その色はこのアンティーク照明を思わせるい色合い。もしかしたら先ほどのお母さまが、「照明をよろしくね」と言ってくれてたような感じがしました。

久々に、心が芯から落ち着くそんな仕事でした。

M様、この度は買入れ本舗をご用命頂きありがとうございました。

アンティーク品の引き取りはお任せください

アンティーク照明などはコレクターの中でも今も根強い人気を保っております。

買入れ本舗では、東京都内近郊での、アンティーク品の買取に力を入れております。