投稿

鉄道模型トミックスのNゲージを買取|東京都豊島区千川にて不用品買取

, , , , , ,

今日は豊島区千川で、こんなもの買いました。

トミックスのNゲージ。

品川からの帰りに寄った豊島区千川。

千川駅から池袋方面にある住宅街の静かなマンションの4階のお部屋に呼ばれました。

迎えて下さったのは、年のころやはり50は超えたかどうかの、
メガネがお似合いの旦那様。

お部屋の感じからして、非常に多用なコレクションを趣味にされているなと感じました。

鉄道模型トミックスの「Nゲージ」

今回、出されて来たのが写真の鉄道模型トミックスの「Nゲージ」です。

鉄道模型「Nゲージ」

それも保存状態が良好。

以前から趣味で収集されていたとのことだったんですが、お仕事の転職に伴い身の周り整理をしている中で、コレクションも整理しているとのこと。

こういう物は今現在も少なからずコレクターが存在し、
市場でも価値があるものです。

ほしい方も多く、わたしなりに頑張って買取させて頂きました。

その他にもトミカなどのコレクション品がありましたが、保存状態がよくなく残念ながらお断りさせて頂き、マンションを後にしました。


ちなみに今日はあいにくの曇り空。

そういえば、もう梅雨に入るんですね。

新型コロナの影響でちょっと落ち着いていただけに、少しフットワークが重いですが、なんとか身体にムチ打って頑張ります(笑)。

豊島区千川のジェントルマンな旦那様、
呼んで頂きありがとうございました。

不要になったコレクション品の買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、今回のように不要になったコレクション品の買取が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

現場で長年培った、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

古いソニーのウォークマンなどめとめて買取|文京区本郷三丁目にて遺品整理に伴う不用品買取

, , , , , ,

世間を席巻する新型コロナ、および月末の会計処理に疲れが出ていた今日この頃。

そんな私にとって今日はちょうどよい息抜きの日と言っていいでしょうか。

個人的な好きな場所である、文京区本郷から遺品の買取依頼がありました。

「去年はありがとうね、もし時間があったらまた来てくれない?」

そんな連絡を頂戴したのが、
先週の中ごろ。

実は去年の年末に一度お伺いさせて頂いたんですが、我々が伺う前にめぼしいものは売ってしまった後で、殆ど買取れるものが無かった状態でした。

今回は、亡くなった旦那様の部屋を片付けている最中に出てきたアイテムだそうです。

古いソニー製のウォークマン

「あの時はなんだか悪かったねぇ、ご足労かけて」

少ししゃがれた奥様の声が、去年の買取のことを思い出させます。

奥様、私の事を気にかけてくれたそうで、何か出てきたら連絡しようと思ってたんだそうです。

早速、茶の間に案内されるとお茶と一緒に何やら古めかしいウォークマンが雑然と置いておりました。

生前、旦那さんが散歩する際に使用されていたコレクション品なんだとか。

40年以上前のソニー製の古いウォークマンから、ごく最近の種類まで7点です。

各種ウォークマン

ほかに何か残ってませんかと聞くと、
これしか出てこなくてとのこと。

コンディションに関しては使用感がかなり出ており、正直、電話代くらいのお代しか置けませんでした。

それでも奥様は二つ返事で快諾して頂き、買取が終わったあとはちょっとした世間話に。

「また何かったら呼ぶからね」と有難いお言葉も頂戴しました。

帰り際過ぎてきた道筋、この辺は人で賑わう場所なんですが、新型コロナの影響で人気が殆どありません。

小雨が降る中、道中の桜並木がキレイでした。

春ののどかな街並みを拝めているはずが、こんな世の中なのでサクラのようにパッと心が明るくなりません。

取りあえず、本日も呼んで下さった本郷のM様、有難うございました。

遺品整理・生前整理に伴う買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶|新宿区住吉町にて遺品整理に伴う不用品買取

, , , , , , ,

今日は新宿区の住吉町。

桜並木が満開になりかけているのを横目に、御呼ばれしたM様のお宅へ車を走らせます。

「亡くなった夫の遺品を見てくれないかしらねぇ」

そんなお電話を頂戴したのが一昨日の事。

新型コロナの影響もあり、個人的に自粛ムードだった私でしたが、以前、別の案件で住吉町で伺ったお客様からの紹介ということも手伝い、お伺いするとこに。

亡くなった旦那様の遺品の買取

「こんな時に呼んで迷惑じゃなかった?」

お出迎え頂いたのが背のすらっとした奥様。

姿勢が素晴らしく良く、聞くと社交ダンスを嗜まれていたんだとか。

お茶の間に通され事前に準備頂いていた羊羹と緑茶を頂戴しながら、去年末に亡くなられた旦那様のお話になりました。

お仕事の関係上、幅広い交友関係があったそうです。

それ故に贈答品などの数も多く、中には処分を考えさせられるような品物が多かったとの事で、私を呼んで下さいました。

天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶

そんな訳で、お茶を頂いた後に亡くなった旦那様のお部屋へ。

程度時間をかけて整理されていたそうでお部屋の中は整理されました。

いくかの古い贈答品を手に取り眺めていたんですが、特筆すべきは天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶です。

純銀の花瓶

品物自体も大変良い物なのですが、正面上部に菊の紋章が入ることによってより一層、凛とした佇まい。

菊の紋章

専用桐箱も非常に丁寧な作りです。

何でこんなものがあるのかと聞くと、亡くなった旦那様のご先祖様が海軍中将だったんだとか。

当然のことながら欲しがる人いの多い品物の一つです。

久々に気持ちが高揚するような出会いに、コロナウィルスの重苦しい感じがフッと軽くなったような気がしないでもありません。

いうまでもなく私が奥様に提示した金額は、
ある程度ご満足頂けるものだったと思います。


一通り連れて帰るモノたちを車に積み込んで、奥様にご挨拶すると「今年は桜は見られないわねぇ」と一言。

この重苦しい自粛ムードは、我々のかけがえのない”ひとつの春”を遠ざけてしまったように思うのは私だけでしょうか。

それにしても今日は疲れました‥。

数件の買取があり、やや身体に疲労を覚えたので
帰ってからすぐに銭湯へ。

誰もいない銭湯。

天井を見つめて大きなため息をつくわたし。

「先の見えぬ戦いは、いつまで続くのか」

と心の中で唱えつつ。

今は自分ができることを、ひとつひとつこなしていこうと思ってます。

遺品整理・生前整理に伴う買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

釣竿・ヘラ竿・ヘラ浮など釣り具を買取|大田区蒲田にて遺品整理に伴う不用品買取

, , , ,

私はマスクが苦手なんです。
暑いし、なにより作業がしづらいから。

テレビ、新聞、インターネットに溢れかえる
新型コロナウィルスのニュース。

ひな祭りの感じは殆どありません。

ここまでの状態になってしまうと、私共の様な小さな店舗でも影響が出ない訳にはいきません。

いくつかの予定がキャンセルになったりしてます。

「はぁ‥」

こんな溜息を何回漏らしたことやら。

亡くなったご主人の遺品の買取依頼

そんな中、本日お呼ばれしたのが大田区。

久々に訪れました、
蒲田に。

まだまだ昔の風情が残る蒲田の、駅前からそれほど遠くないタワーマンションが、ご依頼者さまであるT様のお住まいです。

超高速のエレベーターであっという間に20階。

晴れ渡っていたこともあり、その渡り廊下からは東京湾、
そして富士山までが一望できました。

「世間がこんなときだっていうのに、ご迷惑じゃなかった?」

お出迎え頂いたのが、50代くらいと思われる奥様。

私も玄関に入るや否や、持参した除菌シートで手を拭いてから、奥様に案内されてリビングへ。

実は私がお邪魔する前に、奥様とご親族の方で亡くなったご主人の遺品整理を殆ど済まされていたんだそうです。

釣り竿・ヘラ竿・ヘラ浮の査定

殆ど整理されてる状態でしたが、ご主人が趣味として保有されていた釣り具などはそのままにされており、処分するか悩んでいたんだとか。

その中で私の目に入ったのが釣竿やヘラ竿が数点置いてあります。

一昔前の、竿がほとんどでした。

ヘラ竿

それでも一本一本に透き通る漆越しに竹本来の美しさや温もりが感じられる竿ばかり。

保管状態も悪くなく、恐らくあまり使われていなかったんでしょう。

ヘラ浮き

そんな亡くなったご主人の思い出の詰まった釣り竿、ヘラ竿たちを大切に買わせて頂きました。

「いろんな場所に行くお仕事なんですよね?コロナ気を付けてくださいね」

そんな気遣いのお言葉を頂戴しましたが、この後は人込の多い池袋。

「はぁ‥」

今日もまた、
溜息が止まりません。

蒲田のT様、この度は呼んで頂き有難うございました。

遺品整理や生前整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

古い昭和家具の買取り|豊島区長崎1丁目にて解体工事に伴う不用品の引き取り

, , , , , , ,

春を思わせるような青空に誘われて、
豊島区の長崎へ。

道路拡張で区画整理になったのよ

そんな連絡を頂いたのが先週のこと。

築60年以上のお住いを解体するにあたり、大事にしていた古い家具などを買取りしてほしいとのご依頼で、本日お伺いさせて頂きました。

昭和時代の家具や建具の買取

出迎えて頂いたのが50代と思われるT様ご夫婦。

実際にお住いを拝見させて頂くと
壊すには惜しい建物です。

今回は昭和時代の家具や建具、その他には古いガラスなどあり素晴らしい物たちでしたが、私達業者が買取するにはちと難しい品ばかり‥。

その中でも、こちらの昭和レトロな家具を、
結局連れて帰ってきたのでした。

古い円卓のテーブル

古い昭和のソファ

ちなみに今回の私の価格の提示はかなり安いということもあり、ご夫婦もやや顔の表情が曇った瞬間がありましたが私の提示はそれ以上は困難です。

しかし、T様はすんなりOKをしてくれました。

好きな人にはお宝でも、そうでない人には何でも無い物。

そういう物の買取は難しいんです。

そんなT様、これから新天地へ場所を変えて、新たな人生をスタートされるんだとか。

素晴らしいですね、
その情熱と根性。

年をとるとなかなか現状を劇的に変化させることは難しいと、私自身が身をもって感じている部分がありますから。

T様ご夫婦、今日は呼んで頂きましてありがとうございました。

頑張って下さい。

解体工事に伴う不用品の買取なら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、

  • 区画整理
  • 道路拡張

などにより解体が決定したお住いの不用品買取の実績も多数ございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

加藤春二の「田面」など茶道具の買取|世田谷区池尻にて解体工事に伴う不用品片付け

, , , , , , ,

本日、お会いした世田谷区池尻のB様、
1950年代の生まれでした。

なんとなく「私と同い年くらいかな」とお会いした瞬間思いました。

高齢の母上を介護なさっているお時間とのこと。

私と同じような境遇の方です。

人生の重さと、時間の流れと、意地と自信と、
そして、それなりの疲労感‥。

暫し、お互いの介護談義に花が咲いたのは言うまでもありません。

長年住まわれたお住いを解体

そんなB様からのご依頼は、年明けにこちらの自宅を解体するに伴い、お部屋の整理をされたいとのこと。

今回は、私のつくったチラシを手に取り、何となく整理をしたくなられたそうです。

「それでね、茶道具が沢山あってそれを買ってもらえないかなって」

そして床の間に案内されるや否や、押し入れを開くと、
所狭しと茶道具がひしめき合ってました。

頒布会で購入された茶道具

なんでも55年前の頒布会で購入したものだそうです。

しかし、幾ら眺めても『これは!』と感じる物には出会えなさそうな雰囲気でした。

残念ながら‥。

加藤春二の「田面」との出会い

少し諦めムードが漂いつつあった時に、おもいがけない作品が埋もれてました。

加藤春二の作品「田面」です。

加藤春二の「田面」

取敢えず、今日、私に助けられた茶道具たちに早く日の目を見せてあげねばなりません。

それなりに頑張って金額を提示したところ、

「いいわよ、それで」

と一言。

そして、別れ際にまたまた介護談議に花が咲きました。

世田谷区池尻のB様、この度は呼んで頂きありがとうございました。

遺品整理や不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や不用品の片付けの実績も豊富にございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

練馬区南大泉での不用品処分と古本の買取

, , , , ,

練馬区南大泉での不用品処分と古本の買取

今日は練馬区の南大泉にお邪魔致しました。

元東映撮影所の近くを横切りながら、たどり着きましたW様のお宅。

間違いなくこの辺りは一昔前までは、武蔵野の面影たっぷりの、緑の田園地帯だったような気がします。

そんなW様から『不用品を買ってほしい』というご要望を受けました。

もうすぐ取り壊すという、昔は農機具の倉庫だったような、広い物置の片隅に積み上げられた、処分してほしいという物達と出会うことになりました。

古本の買取

処分してほしいと仰ったのは、殆どが古本でした。

しっかりと梱包された本の山からめぼしい物を探し出すのは容易では有りません。

古い映画のパンフレット類、古い木版画の地図、古い絵葉書等、私の好きな物達と出会い、額からの汗を忘れることが出来ました。

古い絵葉書の買取

今日はその中の一部、古い絵葉書の紹介です。

古い絵葉書

中原淳一の慰問用絵葉書

中原淳一の慰問用絵葉書との出会い

中原淳一デザインの慰問用絵葉書などが出てきました。

まだ数多く残ってるものです。
お値段よりも個人的に好きなアイテムです。

処分に回さなければならない古本もかなりの量ですが、私の好みも含めて、W様の納得のお代をお支払いして、これからじっくりと仕訳をさせて頂きます。

練馬区南大泉のW様本日は有難うございました。

不用品処分や古本・絵葉書などの買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、不用品の処分、古本の買取等はとても得意な分野です。どんな案件でもご相談下さい。一生懸命対応させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

レオナールビュッフェのリトグラフなど絵画の買取|東京都台東区の蔵前でトランクルームの整理

, , , , , ,

台東区蔵前でのトランクルームの整理

昨年の暮れに、千代田区の九段下で、大量の和食器をお売り頂いたM様からの依頼です。

蔵前のトランクルームの荷物を整理なさりたいとの事。

前回と同じく、和食器や花瓶や着物、絵画などが大切に保管されていました。

考えた挙句の決断だそうです。
私もその決断には賛成です。

世の中にあらゆる品物が溢れている今日この頃、物によっては長く保管するのもどうかなという物が少なくありません。

荷物の中から、きちんと包装された絵画が何点か出てきました。

当時、昭和の終わりころ、かなりのお値段で購入されたと思います。

レオナールビュッフェのリトグラフなど絵画の買取

ビュッフェのサイン

ビュッフェのサイン

ビュッフェのリトグラフ、北村巌の油絵、吉沢照子の日本画などが現れました。

ビュッフェのヨットの作品。

右下には鉛筆書きのビュッフェのサインが見えます。今でも好きな人が多い作者です。

気持ちの整理の済んだM様、頑張って私が提示したお値段で心地よく譲って頂きました。

有難うございます。

セキュリティーの効いた、トランクルームの建物からの荷物の搬出は結構時間がかかります。

チョット、春に近づいた今日の天気。

額から落ちる汗が、台車の上の、ビュッフェに落ちないように必死です。

九段下のM様、今日は素敵なもの達を有難うございました。

トランクルームなどのレンタル倉庫などの整理・片付けはお任せ下さい

買入れ本舗では、トランクルームの整理、片付け、不用品の整理買取などを積極的に行っております。
ご相談ください。

電話番号は、0120-5394-55です。

昭和終わり頃の文房具をまとめて買取|千葉県市川市の文房具屋にて不用品片付け

, , ,

千葉県市原市での買取り依頼

「古い物、買ってくれますか?」

そんな電話を頂いたのは、千葉県市原市にお住いのM様からでした。

久々の京葉道路を走ることおよそ65㎞。

思ったより早く着いてしまって、待つこと約10分。

病院から帰られたというM様が開けてくれたのは、元は文房具屋だったという小さなお店でした。

壁に1枚、昭和50年に開店した時のお祝いの色紙が飾られたままで、4年ほど前にシャッターを下ろして、いよいよすべてを片付けたいとのことでした。

古い文房具屋

古い文房具屋

残念ながら、止められてかなりに時間が過ぎ、めぼしい物は殆ど無く、相談の主な内容は片付け費用の見積もりでした。

すべての物を処分なさるというお話を聞きながら、まだ使えるものを一生懸命仕訳をし、片付けのおおよその見積金額をお伝えし、あとはご返事を待つことに。

古い文房具の買取

結局、昭和の終わりころの、古い鉛筆や、ボールペン、昔懐かしい、けん玉、駒、下敷き、定規とか、竹ひごなどを買わせて頂きました。

表通りはとても静かな街並みのM様のお店。

40年の間営業された間には、おそらく店の中が小さな学生たちであふれてた頃もあったと思います。

時代の流れ、哀愁を感じる、今日のM様のお店との出会いでした。

静かな市原

静かな市原の街並み

今日の夜は、雨か雪になるかもという話。

早めに、静かな、市原の街を後にすることにしました。

昭和時代の品物の買取ならお任せください

買入れ本舗では、昭和の頃の品物、古い物、珍しい物を、高値で買わせて頂きます。

どんな物でも、お声をおかけください。

電話番号は0120539455です。

塗物・茶道具の買取|神奈川県平塚市にて引き取り

, , , , ,

神奈川県平塚市での買取り

小田原厚木道路の平塚インターの料金所を出ると、目の前に現れた真っ白い雄大な富士。

ここから眺める富士がこれほど素晴らしいとは初めて知りました。

さすがに昔から、富士の絵に縁の深いところです。

写真を撮れなかったのが残念です。

そんな富士の姿を眺めながら、高低差の激しい最近開発されたような舗装路の頂上あたりに、今日のお客様、U様のお宅が有りました。

石の階段

石の階段

インターフォンを鳴らして門を開けると、目の前に現れた石の階段。

数えると21段ありました。

塗物・茶道具の買取

上がりきって、出迎えて頂いたU様に案内されて、更にお二階のお部屋まで上がって出会ったのが、写真のいわゆる塗物、お茶椀達でした。

見ると、昭和39年、東京オリンピックの頃購入されたというお稽古用の抹茶茶わんと、塗物のお椀が数点。

これが今日のメインでした。

今まで大事にされて来たお品物。しかし正直、全て、おいて帰ろうと思いました。

こういうことは私たちの仕事では良くあることです。

結局無料ともいかず、U様の納得頂ける金額で折り合いをつけ、全てを頂くことになりました。

U様もご存知です。半分は、断捨離のお手伝いでした。

2階から1階に荷を降ろし、さらに21段の石段を結局6回往復して荷物を車に積み込み、額から流れる汗をぬぐおうと首をあげると、遠くに湘南の海を望む広大な景色。

遠くに見える湘南の海

遠くに見える湘南の海

今日は雄大な富士と、はるかに見える湘南の海に免じて気持ちよく帰ります。

今日お邪魔したところは平塚市日向岡。

爽やかな風がほほに当たります。風を見ながら、ここにお住いの方々のお気持ちが良く分ります。

日向岡のU様、今日は大事なお品物有難うございました。

不用品の売却処分・断捨離のお手伝いはお任せ下さい

買入れ本舗では、東京は勿論、神奈川、湘南、平塚など、東京近郊への買取を強化しております。

不用品の売却処分、断捨離のお手伝いなどの場合にはお気軽にお声をおかけください。

電話番号は0120539455です。