投稿

台東区、台東で頂いた、木製の菓子型。

台東4丁目の交差点、紫色のディスカウントショップを左に見て、昭和通りの喧騒からチョット左へ逃げただけで、こんな雰囲気が残ってるんですねー、この町には。
ビルの谷間に時間の止まったままの家が一軒。
表も中もなんとなく全て昭和でした。
19日の日曜日、そちらのお宅から頂いたのが、この、木製の菓子型。
今日やっと目を通すことが出来ました。
昭和の間、沢山のお菓子たちが、この木型から旅立ったのが分かります。
これだけしか残ってないのが残念です。
木型の脇に黒い墨で記された、いわゆるタグを看ると、なんとなくその時と場所にタイムスリップしそうです。
ほとんどが、昭和20年代の物でした。開店祝い、新築祝い、お祭り用、小学校の卒業祝いなど。
みな、丁寧に記されてました。
この二つは昭和7年に作られた木型でした。
IMG_2191IMG_2195IMG_2193

これで造られたお菓子が一体、どれほどの人の口に運ばれたのか。
一つ一つ見てるだけで時を忘れました。
家は近々取り壊されるそうです。
小さな歴史が一つ幕を下ろします。
そんな場面にちょこっと立ち会える、それが私達の仕事です。
金とか銀は勿論お宝です。木にもしっかりお宝の役者が残ってました。
台東のA様、楽しいお宝、有難う御座いました。

台東区台東での不用品処分、ピアノの解体。

, ,

いろいろな依頼に応えます。
今日はアップライトピアノの解体でした。
上の写真は殆ど解体されたピアノの残骸の一部です。
売却用住宅に残された、不用品一式の処分作業を頼まれました。
上下で5DKくらいの戸建ての2階に置かれたアップライトピアノがどうしても搬出できません。
やむなく解体です。
うちのスタッフの、AとY、二人で1時間半ほどで壊れました。
思ったより早く終わりました。
今年、50歳の二人の作業にしては、かなり上出来でした。
依頼主のA様も、横で見ながら、何とかほっとした御様子です。
A様は横浜にお住まいです。
なぜかうちのホームページを見て、台東の実家の今回の作業を依頼して下さいました。
私もかなり低い金額で、お受けしてしまったようです。
かなりの量の処分品達です。
IMG_2161IMG_2162
今日だけでは終わりません。
来週の日曜日まで時間を頂き、きれいに仕上げるつもりです。
A様が、私の趣向に会った物を、幾つかとっておいて下さいました。
私はこれで満足です。吟味が終わった後、写真に出来ればと思います。
A様今回の御依頼有難う御座いました。来週には終了致します。
来週にはさっぱりした写真、お見せできると思います。