投稿

豊島区長崎で【大倉陶園】の買取。【オールド大倉】のプレート

, , , ,

大倉陶園の瑠璃色プレート

多分、昭和の始めの頃の物だと思います。
当時の段ボール箱に納められていました。
箱に書かれた墨での説明、箱に貼られた、当時の大倉陶園のシール。

オールド大倉

オールド大倉の手書きの説明

シールの下の方、瑠璃の字は読めても、その後の二文字が分かりません。
どなたか読み方を教えて下さればと思います。
多分、分かる方が見れば、シールの内容から、いつ頃作られた物なのかも判断できると思います。

大倉陶園

大倉陶園のシール

食器の買取

「いらない食器が有るんですけど」

実際にお邪魔してみると、本当に不用になったと思われる、普段使いの急須、茶飲みやガラス皿の塊の横の畳の上に、古めいた段ボールの箱が控えめに置かれていました。
「これも要らないんですか?」
「えー、もし宜しければ」
開けると、裏に、OKURAの文字。
それもかなり古いタイプの。
金のシールも綺麗なままで。
所謂、オールド大倉のプレートが出てきました。
使われた形跡は有りません。昔の包装紙もそのままです。

オールド大倉

オールド大倉のマークとシール

お店の前で、私にお声を掛けて下さった、豊島区長崎のN様。
何と無く畳の上の食器たちを早く片付けたいご様子。
「このお皿には、何か連れの物は有りませんでしたか?」
「なぜかそれしか出て来ないのよ」

多分長い年月で、使われながら減って行き、運のよい此のプレートだけが生き残ったみたいです。

お値段にはあまり拘りの無さそうなN様。
私が、「私も要らない物が有るんですが、それも入れて、こんなもんで如何でしょうか?」
「えーっ、本当?」

初めからお代を頂けるとは思って居なかったN様の御様子。
思わぬお小遣いを手にされて本当に喜んで下さいました。

帰り際に、これも持って行ってと手渡されたレジ袋の中に缶ビールが5、6本。私の好きな、エビスでした。ごちそうさまです。

美しい瑠璃色に細い金筋の可愛い6枚のオールド大倉のプレート。
昭和の初めからひっそりと生きながらえて来たこんな品物が私は好きです。
可愛い果物をちょこっと載せてみたい、そんな、今日の昼過ぎ、豊島区の長崎で出会ったオールド大倉の瑠璃色のプレートでした。

丁度今、テレビの画面には、九州での強い地震の報道。
多分明日の朝には多くの被害が明らかになると思います。

見たかったニュースが一つも見れそうに有りません。今夜は。
ご無事をお祈りしながら、おやすみなさい。

豊島区長崎のお客様。【大塚家具】、【ブランド食器】の買取

, , ,

豊島区長崎のお客様

グレーの雰囲気に包まれた、仲の良さそうなご夫婦が、昼下がりの店先で、スマホの画像をかざしながら、こんなキュリオケース、買って欲しいんですけどと、私の顔を覗いて下さいました。ご夫婦の雰囲気そのままの、可愛いケースの画像が何枚か。
ケースのガラスが私を誘ってます。
前面に可愛いステンドグラス。

お店のすぐご近所、長崎の静かな住宅街にお邪魔しました。

大塚家具のキュリオケースの買取

大塚家具で買ったのよと言う、そのケースは、小ぶりでかわいらしく、何で?これを手放すのですか?の私の問いに、空いた場所に水槽を置いて、メダカを飼いたいの!。

何というご余裕。

キュリオの名の通り、中のガラスの棚には、切子のグラス、ヘレンドロイヤルコペンハーゲンのカップソーサー、下の段にはヘネシーのXO、洋酒の数々。

最初、長崎のS様ご夫婦は、キュリオケースを処分し、中身は手許に置かれるつもりだったらしいんですが、私の執拗な申し出に、お二人で何度も目を合わせながら、最後は結局、しぶしぶと、中身ごと頂ける事になりました。
丁度お店のケースで、ヘレンドとコペンハーゲンが不足していたところでした。

問題はお値段です。

無理して手放したくはないS様。S様にしては、ご不満かも知れませんが、一生懸命頑張らせて頂いた私の申し出に、快くうなずいて下さいました。

お二人の気が変わらぬ内と、急いで店に戻り、梱包材と、段ボール箱の用意。

正直、今回の様なアイテムは、利益を出しにくい物です。
然し、まさしく桜の花が今かと色めく今日の様な日に、特に、ヘレンドの中でも、美しい花と植物と蝶達に彩られた、ヴィクトリアブーケシリーズのカップソーサ―たちは、私にはとてもうれしい買い物でした。

それとヘネシーのXOも。1リットル物でした。

ヘネシー XO

ヘネシー XO

豊島区長崎のS様、大塚の家具の可愛いキュリオケース、ヘレンド、コペンハーゲンのカップソーサー達、大切に可愛がらせて頂きます。

本日はわざわざ、お店まで足を運んで頂きまして誠にありがとうございました。

キュリオ(curio)とは骨董品のことで、キュリオケースとはそれを陳列するケースのこと。 多くは、内部背面が鏡面仕上げになっており、ガラスの扉が付いている。 一般には、高級な飾り棚をキュリオケース、又はキュリオキャビネットと呼ぶ。
家具辞典より引用

 

豊島区長崎で釣竿の買取、その中のタナゴの水箱。

, , ,

豊島区長崎4丁目、西武池袋線の線路沿い、まだ古い一戸建てが残ってます。
お店にたまに顔を出す、70過ぎのお母さんから声を掛けられました。
いつも自転車を達者に乗りこなします。
「釣竿は買ってもらえるの?」
自転車の後をゆっくりついて行くと、線路際の入口に大きな松の木ががそびえる、古い家に連れていかれました。
庭には壊れかけた甕とか、火鉢が転がってます。
こういう雰囲気は私、大好きです。
取り合えず、今日は釣竿を片づけてほしいとのこと。
ほとんどがグラスファイバーでしたが中には、和竿がちらほら。私は釣りはよく分かりません。
遠い昔に子供を連れて、ニジマス釣りに行った位です。
しかし釣りの竿、小物等は、人の血が通った、とても大切な物のひとつの様な気がします。
物に出会い、作られた姿を見る度、それを完成させた多くの人たちの、気概、誇りを感じます。釣りに頓着が無い分、私は業者の一人として、この手の品々に、正確な評価を出来ないのを悲しく思います。
今日頂いた品々を見て、より深く、釣りに関するアイテムに心血を注ぐつもりです。
そんな気持ちにさせてもらったのがこの小さな木箱です。

IMG_2481
タナゴの水箱でした。
出来上がりの様子と、調べてみた大体の価格で、結構感激しました。
こんなに小さな物で、この出来上がり、作業の細かさ、この値段。
IMG_2483IMG_2486
私の隣の床屋の親父は毎週、休みのたびに糸を垂れます。小さな生き物を相手に必死こく、人と道具の奥深さを勉強させて頂きました。今日はこの箱で。
自転車のお母さん、有難う御座いました。