イタリア家具「ボッテガアルティジャーナ」の買取|千葉県勝浦市にてブランド家具の引き取り

, , , , , ,

千葉県勝浦市での出張買取り

車の距離計を見て、一瞬、思考の回路が切れそうになりました。

示された数字は120㎞。やはりお断りすれば良かったのか?

夕べ遅くに、千葉の勝浦からの一件の電話を受けました。

最初は大きな家具やら、ベッド、ソファーとかの整理の相談でした。電話の向こうから聞こえる品物は、ご近所からのご依頼でもまさしく、お断りさせてもらうしかない、内容でした。

然し、

「高く買った油絵が何点かと、食器棚に、たくさんの洋食器が有るのよ。」のフレーズで私の思考回路は、いとも簡単に、ゴーのサインを出してしまいました。

久しぶりのアクアライン、東京湾の海風は走る目的で感じ方が全く変わります。

 久しぶりに走る大多喜街道のだらだらした流れの中で、脳の一部は、押し寄せる眠気と、後悔感と、かすかな期待感で入り乱れてます。

ナビの距離計があと1キロを示し、はるか前方に、勝浦の海が目に入って、やっと眠気から解放され、細い勝浦の町中を抜け、やっとのことで目的のS様のもとにたどり着きました。

お昼頃着く予定がすでに時刻は間もなく3時です。

結論から言えば、やはり今回は遠慮すべきでした。

油絵と洋食器のキーワードで、ここまで来てしまった自分を責めるしかありません。

いくらご自分の思い入れが強く、当時高価なものだったとしても、ほかの方が欲しがらないものは、私どもは買取りが難しいのです。家具も、絵も、食器も全て、物が溢れる今の世からすると再利用が困難な物ばかりでした。

イタリア家具「ボッテガアルティジャーナ」の買取

その中で、やっとの事で一つだけ、私の目に留まり、連れて帰ってこれたのがこのイタリア家具です。

可愛い猫足のデザインと、傷みの少なさで、連れて帰ることが出来ました。

イタリー、ボッテガアルティジャーナのロゴのある可愛いコンソールでした。

ボッテガアルティジャーナのロゴ

ボッテガアルティジャーナのロゴ

S様にお代を払うと、まさしく今回は赤字です。

物が好きで、物との出会いが好きな私たちには仕方のない宿命です。

財布を開けながら、「なんで私を呼んでくれたんですか?」と尋ねると、S様は、「東京の新宿にいる私の妹が教えてくれたのよ。以前、あなたにお世話になったんだって。」

東京の妹様、この度は有難うございました。次回はもう少しお近くの方に教えてください。

帰りのアクアラインはすっかり夜の顔でした。

買入れ本舗は、創業から34年、不用品から、古美術、ブランド品の買取、不用品の処分、遺品の整理等で、東京は勿論、関東近辺まで出張いたします。

お電話お待ち申し上げます。0120-5394-55です。

 

デンマークのローズウッドのデスク・チェアとの出会い|世田谷区代沢にヴィンテージ家具の買取

, , , , , , ,

世田谷区代沢の解体前の一軒家で不用品処分

2018年はすぐそこ、というような冬空に包まれて、
今日は環七通りを走り世田谷方面に。

そして、新代田駅の交差点を左に折れて、代沢へ。

世田谷代沢郵便局からほどなくにある、かなり歴史がありそうな古い一軒家が今回の依頼主であるW様のお住いでした。

お話によると、このお住いを近日中に解体されるそうなんですが、その前にご自身が保有されている思い出の品を整理したいとのことで、買取を依頼されました。


未使用・使用済みの古い食器の査定

依頼主のW様に対面した瞬間から、
何か告げたい言葉が有ったんですが中々見つかりません。

なんでも、30年以上にわたり翻訳のお仕事をされていたんだそうです。

当時では珍しい帰国子女の方で、英会話の講師から自分が本当にやりたかった仕事の翻訳をされてるんだとか。

食器はW様のこだわりが色濃く出ている素晴らしい物たちでだったんですが、私達、専門業者が引き取りするには難しい物ばかりが目立ちます。

「いい品なんだけどねえ、ちょっと買取するには難しいモノ達ですね」

残念ながら今回は食器の買取はお断りさせて頂きました、

すみません・・。


書斎にあったローズウッドのデスク・チェアを査定

ローズウッドのデスク・チェア

食器の量が思っていたよりも多く、この段階で1時間以上経過してたんですが、書斎に入りやっとのこと見つけ出したのがこのヴィンテージ家具たちです。

 

ローズウッドのデスク、そしてチェア。

 

いわゆる、「北欧デザイン黄金期」にあたる数十年前に生産された家具なんです。最大の特徴は木部にローズウッドを使用しているところ。

チェアに関してはPVC張りになってます。

シンプルな中にも、北欧らしいデザイン性が感じられるんですけど、中古のリサイクル市場でも女性の方に特に好まれてます


査定のポイント

ローズウッドのロゴ

ただ、難しいんです、この手の査定は・・。
この家具たちはW様の翻訳中に使われていたもので、正直使用感はかなり感じられました。

ただヴィンテージ家具なんで、旦那様的には「良い状態」という認識のようで・・。

このような状態のヴィンテージ家具の査定は困難を極めます。

ヴィンテージ家具に限らずなんですけど、この手のものは普段からのお手入れがモノを言うんです。また、家具にも流行(りゅうこう)がありますから、時代のニーズに添ったデザインであることも査定のポイント。

そんなこともあって、今回の価格の提示はかなり安いんですが、
W様の中ではかなりショッキングな数字だったとお察しします。

ただ、私の提示はそれ以上は困難とお伝えせさせて頂いたんですが、T様は、あっさりとOKをしてくれました。

好きな人にはお宝でも、そうでない人には何でも無い物。

そういう物の買取って難しいんです。


後ろでギシギシ音立てる家具と一緒に、環七通りを走りながら、思い出しました。何かT様に言い残した事を。

W様、そっくりなんです、ノーベル文学賞に選出されたカズオ・イシグロに。

今後はご自宅を売却されて、悠々自適に神奈川県の逗子で暮らすんだそうです。今時期の逗子は寒そうなイメージだったので、ちょっとぶるっとなっちゃいました。

カズオ・イシグロにそっくりのW様、今日は呼んで頂きましてありがとうございました。
逗子ではのんびりと、W様らしくお過ごしになってください。

帰り際の道で、サンタクロースの衣装を着た方が、店の駐車場に車を誘導してました。

今日はクリスマスでしたか。

 

「メリークリスマス、ミスターローレンス」

 

昔見た、戦場のクリスマスでビートたけしが言ってた言葉を社内で呟きながら、千川へ。

 

豊島区長崎のお客様。【大塚家具】、【ブランド食器】の買取

, , ,

豊島区長崎のお客様

グレーの雰囲気に包まれた、仲の良さそうなご夫婦が、昼下がりの店先で、スマホの画像をかざしながら、こんなキュリオケース、買って欲しいんですけどと、私の顔を覗いて下さいました。ご夫婦の雰囲気そのままの、可愛いケースの画像が何枚か。
ケースのガラスが私を誘ってます。
前面に可愛いステンドグラス。

お店のすぐご近所、長崎の静かな住宅街にお邪魔しました。

大塚家具のキュリオケースの買取

大塚家具で買ったのよと言う、そのケースは、小ぶりでかわいらしく、何で?これを手放すのですか?の私の問いに、空いた場所に水槽を置いて、メダカを飼いたいの!。

何というご余裕。

キュリオの名の通り、中のガラスの棚には、切子のグラス、ヘレンドロイヤルコペンハーゲンのカップソーサー、下の段にはヘネシーのXO、洋酒の数々。

最初、長崎のS様ご夫婦は、キュリオケースを処分し、中身は手許に置かれるつもりだったらしいんですが、私の執拗な申し出に、お二人で何度も目を合わせながら、最後は結局、しぶしぶと、中身ごと頂ける事になりました。
丁度お店のケースで、ヘレンドとコペンハーゲンが不足していたところでした。

問題はお値段です。

無理して手放したくはないS様。S様にしては、ご不満かも知れませんが、一生懸命頑張らせて頂いた私の申し出に、快くうなずいて下さいました。

お二人の気が変わらぬ内と、急いで店に戻り、梱包材と、段ボール箱の用意。

正直、今回の様なアイテムは、利益を出しにくい物です。
然し、まさしく桜の花が今かと色めく今日の様な日に、特に、ヘレンドの中でも、美しい花と植物と蝶達に彩られた、ヴィクトリアブーケシリーズのカップソーサ―たちは、私にはとてもうれしい買い物でした。

それとヘネシーのXOも。1リットル物でした。

ヘネシー XO

ヘネシー XO

豊島区長崎のS様、大塚の家具の可愛いキュリオケース、ヘレンド、コペンハーゲンのカップソーサー達、大切に可愛がらせて頂きます。

本日はわざわざ、お店まで足を運んで頂きまして誠にありがとうございました。

キュリオ(curio)とは骨董品のことで、キュリオケースとはそれを陳列するケースのこと。 多くは、内部背面が鏡面仕上げになっており、ガラスの扉が付いている。 一般には、高級な飾り棚をキュリオケース、又はキュリオキャビネットと呼ぶ。
家具辞典より引用

 

豊島区高田で、[和家具]の買取り。[カリモクの回転椅子]でした。

, ,

桐箪笥、和家具の買取り

今日お会いしたお母様もまさしく、個性の塊みたいな方でした。

少なくとも、2時間はご一緒させていただきました。

昨日のお電話で、桐の箪笥は駄目かしらというお伺いをお聞きして、訪ねて、現物を確認させていただきましたが、矢張り、駄目でした。

駄目という事は、私達の手を通っても、更なる新しい利用者を探し出すのが困難な品物だと言うことです。

そこの所はすぐに納得を頂き、次に、私からいつもの様に、何かご不要な物は御座いませんでしょうかで、連れて行かれたのが、短い階段を上がった所謂、納戸です。

此処は豊島区の高田、やがて華やかな桜の季節を迎える、神田川のほとりの、新目白通りと明治通りの陰に隠れそうな細い路地の奥の3階建のY様のお宅です。

一階から20段の階段を上って、更にその上、18段を上った所で今日のY様とお会いしてます。

こちらに嫁がれて半世紀が過ぎたそうです。

多分、毎日、この階段と戦って来られたと思います。

50年の年輪の刻まれたお元気なお顔は輝きに満ちております。

未だ未だヤル気十分とお見受けしました。

様々な趣味の遍歴の後、今は社交ダンスに、 没頭とのこと。

いろんな趣味があるけれど、これは、自分の体だけあれば良いとの事。

そんなY様に連れられた階段の奥の納戸には、

古いオーディオ、旅行カバン、家具等がギッシリ。

「これを片付けたくて、貴方を呼んで見たのよね〜今日は。」

当然ですよ❗️

カリモクの回転椅子の買取り

これでは、モノが可哀想。

それで、

取り敢えず助け出したのが、この日本の和家具の一流メーカー、カリモクの回転椅子でした。

私と出会った時には埃だらけでした。

今は、こんなに綺麗に変身しました。

立派な看板も付いてます。

カリモクの回転椅子

カリモクの回転椅子

未だ未だ何処かに嫁入り出来そうな立派な品物です

3階のお部屋に戻り、Y様の半世紀の人生の一こまを、お茶を頂きながら伺いました。

隣のお部屋の写真の中から、旦那様がこちらを見てます。

今日、伺ったY様のお話は、大変素晴らしいことばかりでした。

旦那様のご趣味も、素晴らしいものでした。

伺えば伺うほど、羨ましい限りです。

具体的に綴れないのが辛いところです。

好きな事をやられて、今は、写真の中から、こちらを眺めていらっしゃいますが、こんな素晴らしい奥様と出会えたりして、素晴らしい人生を送られたんではないかと思います。

今日は、カリモクの椅子の他にもいろいろ頂きました。

長い階段、下まで一緒にお荷物を降ろして下さいました、何時迄もお元気なY様、本日は、有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

杉並区下井草での[遺品整理]。[岩谷堂箪笥]を買取りしました。

, , ,

岩谷堂のサイドボードの買取り

「父が遺した物ですが、大きすぎて処分したいんです」
一階の駐車場の隅にひっそりと置かれていました。
ひっそりと言うよりは寂しそうにの方が似合うかも知れません。

岩谷堂のサイドボードでした。
殆ど使われた形跡はなく、とても美しい一品です。
今でも多くの方が欲しがるアイテムだと思います。
ただ幅が1メートル50は有り、今日の御依頼主、S様の言葉の通り、普通の部屋に置くにはかなり大きな物だと思います。

遺品の整理

最近、50歳前後の男性のお客様に良く呼ばれます。殆どが、父上の遺品の整理です。
今日のS様もやはり50歳前後だとお見受けしました。

お訪ねした所は杉並区の下井草。
妙正寺川沿いの立派なお屋敷です。間もなく咲く、桜の花が似合いそうな。
急な父上の御逝去で、遺品の整理の真っ最中でした。
かなり長い間、高血圧を患われた父上だそうです。
80前の御逝去だとの事です。
同じような場面は、数え切れないほど経験して参りました。

私たちはお客様の御依頼を受け、お客様の心が今以上痛まないようにと思いながら様々な品物を買取させて頂いております。
長い間、日の目を見る事無く、押入れの奥に押し込まれて埃にまみれた様々な物達。
遠い昔から長い時間を掛け、引き継がれてきた様々な美術品類。
それを手にして、また、それを欲しがる次の方に、引き継ぎ出来た時などは、自分が好きでやってる此の稼業ですが、業者冥利につきる瞬間です。

今回の様な岩谷堂の箪笥。

岩谷堂箪笥シール

岩谷堂箪笥のシール

こういう品物を長い間、車庫の片隅に置きっぱなしにしてはいけないと思います。
好きな方が少なくありません。ネックは、大きさと価格です。

S様と、父上の生前の御趣味等をうかがいながら、他に、残された浮世絵の版画等を何点か、美術関係の書籍を段ボールに二箱程頂きながら、S様納得の金額で買取させて頂きました。

私の知り合いに岩谷堂に目の無い、居酒屋の御主人が居ります。
彼の顔を思いながら、重さを忘れ大事に頂いて参りました。

おかげで今日の夜は、その居酒屋で軽く一杯というコースを終え、家に帰ると、横のテレビでは、日中の卓球決勝戦。
居酒屋のテレビの中では女子が泣いてました。

今、横の画面の中では男子の必死の姿。
血圧が上がりそうな気がします。今日は早目に眠らせて頂きます。

杉並区下井草のS様、本日は有難う御座いました。

 

新青梅から小平へ、和家具の買取

,

夏はすぐそこというような青空に誘われて、今日は新青梅街道を西へ。
石神井から西東京に入り、小金井街道を左に折れて、小平へ。
和食器の買取を依頼されました。
依頼主のT様に有った瞬間から、何か告げたい言葉が有ったんですが中々見つかりません。
20年以上こちらで和食のお店をやってこられたそうです。
食器はT様のポリシーの表現そのまま、素晴らしい物たちでしたが、私達、業者が買取するには難しい物ばかり。
食器の買取はお断りして、結局今日連れて帰ったのがこの和家具たちでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
難しいんです。
私の価格の提示はかなり安いんですが、私の中ではそうではなく、さらに、T様の中ではかなりショッキングな数字なんですが、私の提示はそれ以上は困難で、しかし、T様は、すんなりOKをしてくれました。
好きな人にはお宝でも、そうでない人には何でも無い物。
そういう物の買取は難しいんです。
然し今日のT様は私の提示にすんなりOK。
後ろでギシギシ音立てる家具と一緒に、新青梅街道を走りながら、思い出しました。
何かT様に言い残した事を。
T様、そっくりなんです、イチローに。
これから新しい世界に飛び込むとのこと。
素晴らしいですね。その情熱と根性。
イチローにそっくりのT様、今日は呼んで頂きましてありがとうございました。
頑張って下さい。
帰り際の新青梅で、けなげに赤を振りまく一輪のバラに出会いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA