目黒区で【珊瑚の指輪】と【翡翠の指輪】を買取りました。

, , , ,

山手通りから目黒通りを右折、緩やかな上り坂を過ぎながら、環七方向へ向かう道筋には、素敵な外国家具、アンティ-ク家具を売る店が少なく有りません。
台風から流れた熱い雲の下、今日呼ばれたのは、そんな目黒通りに面した、住所は下目黒の、かなり古めかしい、6階建てのビルの3階でした。
コインパーキングに車を預け、素敵なコーヒーショップ、小さなラーメン屋さんの看板を横目に目的のビルへ。
築50年は過ぎているでしょう、やっと3階へたどり着いた私を迎えて下さったのは、まさしくこちらのビルに、青春、人生を捧げたであろうと思われる、髪の毛の真っ赤な、80過ぎの逞しいお母様。
通されたのは建物の2階、鍵の束から中々お目当てのカギが見つかりません。ピンクのTシャツの背中にうっすらと汗がにじんでます。幸い、鍵を預かったとたん、お目当てのカギに出会えました。ドアを開け中のテーブルに腰をおろし、話の本題へ。
30坪くらいのも元お店、以前飲食店の名残が残ってます。
残念ながらアンティ-ク家具は目に入りません。
このような出会いは番度です。
目の前の眼鏡の奥の瞳には生気があふれてます。
長い間、このビルを守り抜いた、気概と自信でしょう。
まだまだやる気十分、この手の方に、最近良く出会います。
道路側のガラスをやっと開け、目黒通りからの、心地よい風の音、車の音を聞きながら、奥様のお話を何と無く心地よく聞いている私の姿が有りました。
然し、残念ながら、本日は、この奥様のご要望にはこたえる事が出来ませんでした。
当方のチラシから私を呼んで下さいましたが、リフォーム、クリーニング等がお望みで、私の出番は有りませんでした。
さびしそうな私を見て、これでも持っていけばと、先程のカギの袋から出して下さったのがこの二つのアクセサリーでした。
「もう使わないのよ」
一応、珊瑚と翡翠の古い指輪でした。
座った時間と、目の前の缶コーヒーで、何と無くお値段の方奮発しました。
暑さだらけの目黒通りを後にして、店に戻って、鑑定致しました。
赤い髪の奥様の勝ちでした。
帰り際、2階のエレベーターの前の、奥様の可愛らしい笑顔が目に残ってます。
もう少し赤が欲しい珊瑚でした。

珊瑚の指輪の買取

珊瑚の指輪の買取

翡翠の方も、残念な結果でした。
御主人の遺品が有るとかで又呼んでくれるとの事でした。
下目黒のお元気なN様、本日は暑い中呼んで頂きましてありがとうございました。

散歩しました。豊島区、高松、千川、要町、長崎、千早。

, ,

月末の会計処理に疲れ、何時も味わう、ゴールデンウィークの当店の閑散さを身をもって知る私には今日はちょうどよい息抜きの日です。
埼玉の戸田市と、八王子のお客様から、着物の買取の依頼が有りました。
当方本日非常に多忙の理由で御断りいたしました。良く有る事です。
今日はまさに風薫る五月の始まりです。
たまたま何故か朝6時ころ目を覚ましてしまった私は、何か月ぶりかの朝の散歩に出掛け、その疲れが残ってたのかもしれません。
今日は車のエンジンを掛ける気にもなりません。
久しぶりに歩く早朝の店の周り。
高松から、千川、要町、長崎、千早の朝を歩いてみました。いいですねー。緑が多くて。
風と、緑と、花の薫りが、汗の間にしみこみます。
あちらこちらで早朝のグループ体操。たくさんの私と同世代が頑張ってました。
私はただひたすら孤独を満喫して久方ぶりの朝シャワーです。
いつものようにパンと牛乳と果物、いつものように小さなお店のオープン。
今日一日の始まりです。
今日は先だって神宮前のお客様から頂いた品物に入っていたアクセサリーの整理をしました。
先方が幾らでもいいよと言った通りの品物しかありませんでした。

その中で見つけた此の珊瑚の帯留。
IMG_2496
裏の地金がよくありませんでした。
さらに珊瑚の色がいまいちでした。
かんたんに譲ってくれた意味がわかります。
いつかはもっと紅い珊瑚に。
ひと気の無い東京で、明日からまた頑張ります。