イタリア家具「ボッテガアルティジャーナ」の買取|千葉県勝浦市にてブランド家具の引き取り

, , , , , ,

千葉県勝浦市での出張買取り

車の距離計を見て、一瞬、思考の回路が切れそうになりました。

示された数字は120㎞。やはりお断りすれば良かったのか?

夕べ遅くに、千葉の勝浦からの一件の電話を受けました。

最初は大きな家具やら、ベッド、ソファーとかの整理の相談でした。電話の向こうから聞こえる品物は、ご近所からのご依頼でもまさしく、お断りさせてもらうしかない、内容でした。

然し、

「高く買った油絵が何点かと、食器棚に、たくさんの洋食器が有るのよ。」のフレーズで私の思考回路は、いとも簡単に、ゴーのサインを出してしまいました。

久しぶりのアクアライン、東京湾の海風は走る目的で感じ方が全く変わります。

 久しぶりに走る大多喜街道のだらだらした流れの中で、脳の一部は、押し寄せる眠気と、後悔感と、かすかな期待感で入り乱れてます。

ナビの距離計があと1キロを示し、はるか前方に、勝浦の海が目に入って、やっと眠気から解放され、細い勝浦の町中を抜け、やっとのことで目的のS様のもとにたどり着きました。

お昼頃着く予定がすでに時刻は間もなく3時です。

結論から言えば、やはり今回は遠慮すべきでした。

油絵と洋食器のキーワードで、ここまで来てしまった自分を責めるしかありません。

いくらご自分の思い入れが強く、当時高価なものだったとしても、ほかの方が欲しがらないものは、私どもは買取りが難しいのです。家具も、絵も、食器も全て、物が溢れる今の世からすると再利用が困難な物ばかりでした。

イタリア家具「ボッテガアルティジャーナ」の買取

その中で、やっとの事で一つだけ、私の目に留まり、連れて帰ってこれたのがこのイタリア家具です。

可愛い猫足のデザインと、傷みの少なさで、連れて帰ることが出来ました。

イタリー、ボッテガアルティジャーナのロゴのある可愛いコンソールでした。

ボッテガアルティジャーナのロゴ

ボッテガアルティジャーナのロゴ

S様にお代を払うと、まさしく今回は赤字です。

物が好きで、物との出会いが好きな私たちには仕方のない宿命です。

財布を開けながら、「なんで私を呼んでくれたんですか?」と尋ねると、S様は、「東京の新宿にいる私の妹が教えてくれたのよ。以前、あなたにお世話になったんだって。」

東京の妹様、この度は有難うございました。次回はもう少しお近くの方に教えてください。

帰りのアクアラインはすっかり夜の顔でした。

買入れ本舗は、創業から34年、不用品から、古美術、ブランド品の買取、不用品の処分、遺品の整理等で、東京は勿論、関東近辺まで出張いたします。

お電話お待ち申し上げます。0120-5394-55です。

 

解体前の古いお住いで軍需品や家財を引き取り|目黒区青葉台で遺品の整理・片付け

, , , , , , ,

本日、私を呼んで下さったのは戦時中に激しい戦火を潜り抜けたアイテム。

1か月前に、お部屋の一室の遺品整理のお手伝いで伺った目黒区の青葉台にお住いのD様から、昨日の夜に電話がありました。

 

「明日って、来てもらえませんか?」

 

丁度この時間帯は晩酌中で、少しずつアルコールが体に浸透しつつあった状態。

 

「えっ、あ、はい」

 

との気のない返事をしてしまいましたが、先日、遺品の整理・片付けのお手伝いをさせってい頂いたD様と思い出す始末。

わたしの作業が終わって、ちょっとしたら解体に入る、そんなお話を聞いておったんですが引っ越しに時間がかかり、明日がタイムリミットとのこと。

遺品の片付け中に、このソファとか家電類はどうするの?と聞いた記憶があります。

その時は新しい新居にもっていくとの事だったんですが・・。どうやら新居での部屋の間取りと上手くマッチしなかったようで、新しく買い替えになったそうなんです。

 

「私の意見じゃなくて、娘夫婦が言うもんだから」

 

そんな訳で、解体ギリギリのタイミングで押し切られ、泣く泣く私に連絡をくださったそうです。

お伺いしたのは目黒区の青葉台。

我々の事務所からの行き方は、前回でしっかりと頭に入ってます。

築年数が相当であろう木造作りのお住いに到着し、少し狭い駐車場にわたしの愛車を駐車してインターフォンで奥様を呼び出します。

 

「ごめんね。急にバタバタしゃって」

 

一度茶の間にお通し頂き、お茶とお菓子を準備頂いてました。そしてしばし、このように至った経緯をお話しくださり、私もじっくりとお話を伺いまいた。

その後、前回片付けさせて頂いた部屋へ向い、不要となった家具や家電類を丁寧に搬出作業を開始。

大型のソファ、電動のマッサージ器や小型の家電などを運び出しました。

ソファや家電など家財一式

電動のマッサージ器

今日は、物量も多く重いものもあったので、応援にもうひとり呼んでます。順調に搬出が進み、作業も終わりを迎えたところで

 

「これはやっぱりだめ?」と一言。

 

手に持ってらっしゃったのは、戦時中のトランク、そして軍服とコート。

軍用のトランク

戦時中の軍服とコート


このアイテムは前回丁重にお断りした記憶が有ります。

それはお父様が、第二次世界大戦中に陸軍の一員として、激しい戦火で装着していた軍需品私に何とかならないかという話だったと記憶してます。

想いの詰まったこの軍需品。お住いの2階の押し入れに眠ってました。

奥様がお父様の話をされてる時に、その生きざまに目頭があつくなったのを覚えてます。

だから簡単に引き取り出来ないと。私は言いました。

 

「いや、あなたに持ってってもらった方がいいと思ったのよ」

 

半ば、強引に、それでも私を信頼してくだってる想いは伝わりました。

但し、そんなに高く買いとれないよ、納得してもらって買取させて頂きました。ただスズメの泪くらいのお代しか置けませんでしたが。

とはいっても、このようなアイテムは大切に扱わせてもらってます。
お預かりする際、恐縮なんですが手を合わせて頂きました。

帰り際、お住いの近くにある「西郷山公園」を通り過ぎると、先月まで青々としていた木の葉っぱがちょっと色味がかってます。

 

もう秋なんですね。

 

これからは恐らく、ものすごいスピードで年末まで時間が過ぎていくんでしょうか。

取りあえず、本日も呼んで下さった青葉台のD様、
有難うございました。

大正ロマンを醸し出すのアンティーク照明との出会い|東京都港区にて買取

, , , , ,

突然なんですが
最近思うことがあります。

「すべての物事に対して、効率を求めすぎていないか」

もしかすると、わたしのような古い人間の、凝り固まった考えかもしれませんけど(笑)

ただ、今年に入ってから風雲急で状況が変わってきましたよね。

例えば、働き方なんかは顕著に出てます。「NO残業」「既定の時間に帰社」、また月末の金曜日には「プレミアムフライデー」なるものが制定されました。

国も、無理にでも娯楽のタイミングを設け、国民ひとりひとりのお財布の紐を、必死に緩めようとしてます。

私が感じるのは、ちょっとずつ、アメリカナイズな風潮からひと昔前の日本のような状態に立ち返ってる気がするんです。いわゆる原点に戻ってるような。

なんでそう思ったか?単純な話です。

アンティーク照明の引き取り依頼

実は今日、港区の白金台にお住いのM様のお宅で、大正ロマンの雰囲気をまとった、アンティークの照明を買取ったからなんです。

平成の時代と逆行するような時代にだった大正・昭和初期。

得に大正時代は15年と非常に短かった時代にもかからわず、今もそのころの浪漫に触れたいがゆえに、このようなアンティークものを所有する方も少なくありません。

その頃って、ひとりひとりの美意識が洗練されたんでしょうね。

「チラシを見ました。照明を一度見てほしんです」
そんな電話が今週の火曜日に入りました。

どことなく上品な、電話越しに着物でも来てるんではないかと思わせる言葉尻。そんな声を聞いて、店内の接客で忙しくしていた私のテンションを鎮静してくれました。

電話の内容は、依頼者の方の母上が最近お亡くなりになり、遺品の整理をされていたとのこと。その際に、捨てるかどうするかの判断が付かなくなり、今回連絡をくれたそうなんです。

白金台の落ち着いた一軒家

白金台

場所は、白金台。

お客様宅の近くには、あの北里柴三郎の「北里大学」があります。

どことなく東京の喧騒を一瞬忘れさせてくれる場所。ちょっとの間、あたりを見渡し大きく深呼吸し、お目当てのM様のお宅へ。

「今日は、昨日よりも少し涼しいでしょう」

ありがたいお気遣いの言葉を頂き、お出迎え頂いたのは髪をきれいに結った奥様。柔和な微笑みがチャーミングな、それでいてちょっと知的な雰囲気を感じました。

お電話でも軽く伺ってましたが、奥様の母上がお亡くなりになりなったそうなんで

す。今現在も使用している家具・家電には思い入れがあり、捨てるに忍びなくどうせならプロに引き取ってほしいということです。

お部屋にある大正ロマン風の照明

照明アップ写真

さっそく、お部屋にご案内頂き、奥様が指をさされた方向を見ると、一瞬昔の時代に舞い戻ったような錯覚を感じさせる、照明がひっそりとありました。

それは、大正ロマンを思わせる、
落ち着いた光を放ってました。

その光は少しオレンジがかてっており、独特の雰囲気をその部屋に供給してます。

形状は、どことなく海を浮遊するクラゲのような。
その丸みを帯びたデザインは、一種のやさしさを感じました。

そんな照明の光を感じつつ、壁に気になる絵が。

「そこの絵画はもしかして‥。」
「竹久夢二です」

久々に見た夢二の絵画。正直照明よりもそちらに目がいっちゃてました(笑)ただ、これは今回のご依頼の対象ではなかったんですが、この照明の雰囲気で夢二の絵画を見ていたとき、あの時代にタイムスリップした感覚でした。

その後、別室にも同様のアンティーク照明があり、合わせて3点。
母上が暮らしていたとき、ずっと天井から見守っていた「主」を引き取らせて頂きました。

「お母さまの記憶の片りんを、大事に預かります」

抽象的な言葉で最後の挨拶をしたとき、奥様が出迎えていただ時の笑顔より、ちょっとだけ大きくなったような、そんな気が致しました。

帰りの車中、西日がちょうど落ちるタイミング。

その色はこのアンティーク照明を思わせるい色合い。もしかしたら先ほどのお母さまが、「照明をよろしくね」と言ってくれてたような感じがしました。

久々に、心が芯から落ち着くそんな仕事でした。

M様、この度は買入れ本舗をご用命頂きありがとうございました。

アンティーク品の引き取りはお任せください

アンティーク照明などはコレクターの中でも今も根強い人気を保っております。

買入れ本舗では、東京都内近郊での、アンティーク品の買取に力を入れております。

店の近く、豊島区での、【リサイクル品】、【家電】の買取

,

ゴルフは決してうまく有りません。
然し、決して嫌いではありません。
ゴルフ場に行き、プレーを始めるまでのプロセス、雰囲気、流れ、グリーンに出会った瞬間の感激が好きです。
同伴プレーヤーとの、共に過ごす身近な時間、これなんかは正しく、長い人生の中の、きわめて短い時間に過ぎませんが、そこでのすべての過程は、言葉では表現できない、金銭にも変えられない、自己の人生の貴重な1ページに間違いないと思います。

全英オープンの時期、寝不足になるようになってかなりの時間が経ちます。

昨夜もそうでした。
9アンダーになった松山の最後まで見届けられず寝てしまいました。
明けて見れば、7アンダーの松山がいます。
間もなく今日の放送が始まります。

寝不足と、火を噴くような暑さで、今日は思う様に仕事のモードに入れませんでした。
殆どやる気無く、店の品物の整理中に一本の電話です。
店のすぐ近くの方です。
テレビ、その他、家電品の買取の依頼でした。
必死に仕事のモードにオン。
頂いた品物達です。

 

無印の扇風機

無印の扇風機

モーリスのギター

モーリスのギター

イタリアのテーブル

イタリアのテーブル

私は勿論、日本の古いもなが好きですが、今日の様な御依頼にも一生懸命対応致してお居ります。
どんな事でも一度、買入れ本舗に御相談下さい。
本日は御近所のN様、暑い中、有難う御座いました。

港区の買取、デジタル家電『ダイソンのホットアンドクール』等の買取でした。

, , ,

それでなくとも人通りのまばらな当店の前通り。
今日はほんとに人の姿が見えません。
向かいの居酒屋さんは5連休中。
昼飯で近くのラーメン屋へ。
何時も客でいっぱいなのに今日はコ型のカウンターに私を入れて客が3人。
なんと無くホットしながら、生ビールを一杯頂きながら、餃子と冷やし中華の昼を済ませて夏の様な日射しの中を静かな店へ。
昨日買取したデジタル家電の整理です。
港区の海岸1丁目のH様に呼ばれました。
間違いなく70歳は過ぎてます。
そんな女性から売って頂いたのが写真のデジタル家電達です。
シャープのお掃除ロボット
任天堂Wii
任天堂DSlite
布団たたきのレイコップ
ビクターのエブリオ
エブリオ用DVDライター
シャープデジタルオーディオプレーヤー
エプソンデジタルプリンター
東芝アイロン
パナソニックデジタル体重計
オムロンデジタル血圧計
オリンパスデジカメ
東芝コンパクトDVDプレーヤー
まだ有ったと思います。使った事が無いのも何点か。
うれしい事に全てに箱と取り説がついてました。
この年齢の女性がこれらの機種を使いこなしている事に驚かされました。
中古にしてはお値段の方も頑張らせて頂きました。

ダイソンのホットアンドクール

ダイソンのホットアンドクール

あと、ダイソンのホットアンドクールが一台有りました。

 

あと、このマッサージ機の値段にはびっくりしました。

 

マッサージ機 コスモスウエーブ

マッサージ機 コスモスウエーブ

 

家で長い事母の介護で疲れている妹がいます。
この2点は見せるや否や盗られてしまいました。
デジタルおばさんと言ったら叱られるかも知れません。
港区海岸のH様、大変有難う御座いました。

 

 

 

 

 

豊島区長崎の、冷蔵庫、洗濯機、家電製品の買取と、

, , , ,

やっと半袖のTシャツで動ける季節になりました。
袖から伸びた腕に当たる風、久々の心地よさです。
心地よい風を受けながら今日の昼は、冷蔵庫、洗濯機、家電製品の買取でした。
近所の豊島区長崎、若い男性からの御依頼です。
たまたま、同じような案件が2件続き、久方の筋トレです。
両方とも狭い階段の2階からのお仕事でした。
片方の方は比較的新しく、買取させて頂きました。シャープのアクオス、26インチの13年型がメインですかね。
シャープには頑張ってほしいですね。
私もアクオスとは長い付き合いなので。
もう片方の方は、余りにも古い物ばかり、費用のかかる案件でした。
うちのスタッフのY君の動きはプロ級です。私は一生懸命、彼の指図に、従います。叱られないように。
私たちの仕事は様々なシチュエーションとの出会いです。
出来れば余り汗をかかずに思いの物に出会えるのが理想ですが、それは素敵な女性にめぐりあうようなもので、かなりの苦労が必要です。
家電の仕事が済んだあと、店に戻って、先だって、千早町のA様から買い取った、古銭の検分がしたくなりました。
気に入ってる物が一つあります。明治30年の新5円金貨です。
IMG_2489IMG_2490
以外に傷の少ない美品です。
見かけよりはかなり評価の高いもののひとつです。が。本当はこれは古手の方が希少なんです。
こういう物を眺めるだけで、冷蔵庫の重みを忘れます。
小さくて可愛い物、素晴らしいと思います。全て。

【今日の買取】店の近所です。豊島区千川のリサイクル品の買取りでした。

, ,

今日は予定では文京区の小石川の方に茶道具の買取りに行くはずでしたが、お客様の都合でキャンセルになり、がっくりしていたところに、お店の近くの千川に住む方から、リサイクル品の買取りの依頼があり、方向転換いたしました。
いつも自分の出合いたい物達に出会えればそれ以上の幸せはありませんが、いかなる内容であれ、与えられた仕事には、いつも一生懸命対応いたしております。私は。
ただ2階の階段からの荷下ろしは、多少、応えました。
若い男性の引っ越しで出た品物たちです。
とてもきれいに使われていました。
無印良品のブナ材の折椅子が今日の私のお気に入りでした。

当店は家具、家電製品の買取りにも積極的に取り組んでおります。
小石川の桜の咲き具合も気になりましたが、今日はこの椅子に座らせていただいて、パソコンを眺めてます。
千川のA様有難うございました。