天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶|新宿区住吉町にて遺品整理に伴う不用品買取

, , , , , , ,

今日は新宿区の住吉町。

桜並木が満開になりかけているのを横目に、御呼ばれしたM様のお宅へ車を走らせます。

「亡くなった夫の遺品を見てくれないかしらねぇ」

そんなお電話を頂戴したのが一昨日の事。

新型コロナの影響もあり、個人的に自粛ムードだった私でしたが、以前、別の案件で住吉町で伺ったお客様からの紹介ということも手伝い、お伺いするとこに。

亡くなった旦那様の遺品の買取

「こんな時に呼んで迷惑じゃなかった?」

お出迎え頂いたのが背のすらっとした奥様。

姿勢が素晴らしく良く、聞くと社交ダンスを嗜まれていたんだとか。

お茶の間に通され事前に準備頂いていた羊羹と緑茶を頂戴しながら、去年末に亡くなられた旦那様のお話になりました。

お仕事の関係上、幅広い交友関係があったそうです。

それ故に贈答品などの数も多く、中には処分を考えさせられるような品物が多かったとの事で、私を呼んで下さいました。

天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶

そんな訳で、お茶を頂いた後に亡くなった旦那様のお部屋へ。

程度時間をかけて整理されていたそうでお部屋の中は整理されました。

いくかの古い贈答品を手に取り眺めていたんですが、特筆すべきは天皇から下賜された銀製の恩賜花瓶です。

純銀の花瓶

品物自体も大変良い物なのですが、正面上部に菊の紋章が入ることによってより一層、凛とした佇まい。

菊の紋章

専用桐箱も非常に丁寧な作りです。

何でこんなものがあるのかと聞くと、亡くなった旦那様のご先祖様が海軍中将だったんだとか。

当然のことながら欲しがる人いの多い品物の一つです。

久々に気持ちが高揚するような出会いに、コロナウィルスの重苦しい感じがフッと軽くなったような気がしないでもありません。

いうまでもなく私が奥様に提示した金額は、
ある程度ご満足頂けるものだったと思います。


一通り連れて帰るモノたちを車に積み込んで、奥様にご挨拶すると「今年は桜は見られないわねぇ」と一言。

この重苦しい自粛ムードは、我々のかけがえのない”ひとつの春”を遠ざけてしまったように思うのは私だけでしょうか。

それにしても今日は疲れました‥。

数件の買取があり、やや身体に疲労を覚えたので
帰ってからすぐに銭湯へ。

誰もいない銭湯。

天井を見つめて大きなため息をつくわたし。

「先の見えぬ戦いは、いつまで続くのか」

と心の中で唱えつつ。

今は自分ができることを、ひとつひとつこなしていこうと思ってます。

遺品整理・生前整理に伴う買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

ロイヤルコペンハーゲンのイヤーカップを買取り|台東区下谷にて食器の引き取り

, , , , , ,

今日のこの寒さ、
久々に体の芯から冷えました‥。

昔だったらそこまで寒くない気温のはずなのに、ここ最近は高低差が激しい故に余計に寒く感じるのでしょうか。

出来る限りの厚着をして、本日お伺いさせて頂いたのが、
台東区下谷。

そのお住いの佇まいにはかなりの歴史を感じましたが、それもそのはず築50年なんだそうです。

トランクルームの引き払いに伴う片付け

そんな話をしながからお出迎え頂いたのが、50代の娘さま、
そして80代のお母さま。

うちのチラシを見て連絡くださったんだとか。

「うちの脇にあるトランクルームの整理をしていてね‥」

詳しくお話を伺うと、お母様が施設に入居されるため、借りているトランクルームを返却することを決断されたんだそうです。

値段がつく物が有れば、
全てお願いしますとのこと。

そんな訳で今回はトランクルームの整理のお仕事です。

ロイヤルコペンハーゲンのイヤーカップ

そのトランクルームを空けたとき、非常に雑然としていると言わざるを得ない状態でした。

しかし品物が仕分けされていない所をみると、何かしらのサプライズの予感がなんとなくありました。

その予感は的中します。

トランクルームの棚に押し込まれるように置かれていたのが、この34個のロイヤルコペンハーゲンのイヤーカップたち。

ロイヤルコペンハーゲンのイヤーカップ

1979から2012までのもので、且つ、
アーティストの作品です。

アーティスト作

コンディションも上々で、わたしなりに頑張って出したお値段で何とか折り合いがつきました。


作業が終わった後、80代のお母様がこんなことおっしゃってました。

「わたしね、あっちに行くのが楽しみなのよ」

それでも私には心からの言葉では無いような気がしました、
余計なお世話ですが‥。

慣れ親しんだ、思い出の詰まったお住いも、施設入居に伴い3月には解体が始まるんだそうです。

ひとつのストーリーの区切りを目の当たりにすると、私自身もそう近くない将来に身が引き締まる思いでした。

台東区下谷のお母様、娘様、この度は呼んで頂きありがとうございました。

不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や今回のようなトランクルーム内の片付けの実績も豊富にございます。

思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

「李朝」の壺を買取り|台東区鳥越にて茶道具の引き取り

, , , , , , ,

春の陽気を思わせる本日、台東区にお住いのK様から茶道具の買取り依頼がありました。

「おたくは茶道具なんか買ってくれるの?」

そんな連絡を頂いたのが先週の事。

今回はトランクルームの整理も兼ねて不要な物を出来れば買取って欲しいとのご依頼です。

呼んで下さったのは、私の好みの、
80前後の小柄なお母様。

失礼は承知の上でお歳を伺うと、昭和10年のお生まれだそうです。

しかし、年齢を感じさせないエネルギッシュさを感じずにはいられません。

トランクルーム内の稽古用の茶道具たち

「このトランクルームにね、5年以上預けてるの」

トランクルームの扉を空けると所狭しと茶道具が収納されてましたが、手にした茶道具の殆どがお稽古用のものばかり。

お稽古用になっちゃうと殆ど評価できないんです。

残念ながら、茶道具はあきらめさせていただき、
トランクルーム内に目配せ。

李朝の壺との出会い

そんな中、押し込まれるように一個だけ見つけたのが
李朝の壺

李朝の壺

コンディションも良く、金直しがあったものの、私好みの品です。

刻印

せっかく来たのに、一人で帰るのはさびしい私‥。

それなりに頑張って評価させて頂き、K様からお許しを頂きました。


「なんだか冬じゃなみたいね、今日は」

帰り際、天気の話からちょっとした世間話になり、今後の事をいろいろお話下さりました。

「あなた、話やすい人ね」

最後にお褒めの言葉まで頂いたK様、この度は呼んでくれてありがとうございました。

その元気な佇まい、私もそうでありたいと思いつつ‥。

不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や今回のようなトランクルーム内の片付けの実績も豊富にございます。

思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

「大清乾隆年製」の色壺の買取り|世田谷区上北沢にて骨董品の引き取り

, , , , , , ,

「骨董品、茶道具が有るんですけど」

そのお声を受話器越しに聴いたとき、私よりも遥か先輩にあたる方だと察しました。

その予感は本日、的中することになります。

場所は世田谷区上北沢。

目を遠くにやるとオフィス街。
ちょっとの間に大分変わりました、この街も。

しかしながらまだ風情の残るこの町に、築年数がかなり辰であろう木造二階建てのお住いがご依頼下さったM様のお住いの様です。

目に留まったのが、玄関に茶道教室の看板。

しかし、今もやっているか分からない感じでした。

そんな中、迎えてくれたのは昭和7年生まれのお母様。
なんと今年で85歳になるんだそうです。

ご丁寧にお茶と茶菓子を用意頂いていたので、
お言葉に甘えることに。

評価できなかった稽古用の茶道具たち

お話によるとお長年、地域の人達に茶道教室を催しいて教えていたんだそうです。

腕前は師範級なんだとか。

今回は、その茶道教室で使用されていた稽古用の茶道具を買取って欲しいとのこと。

しかし、稽古用の茶道具となると評価がかなり厳しいものになり、
残念ながら買取は叶わず‥。

ご主人の遺品「大清乾隆年製」の色壺

一瞬、残念そうな表情のM様だったんですが、

「これはねー、私の夫がとても大切にしていた物なのよ。」

と言いながら仏壇の横で、半分ほど開かれた押入れの上の段から、両手で重そうに出されて来たのがこちらの中国の色絵の壺でした。

「大清乾隆年製」の色壺

最近、中々この手の物に出会えなくて苦労しております。

じっくりと拝見させて頂くと、大清乾隆年製の書き込み。
大きさ重さは十分。

「大清乾隆年製」の書き込み

しかし問題は真贋‥。

本物か偽物かを見極めがしずらいものでしたが、長年の経験と私の”カンピューター”が発動し、それなりの評価をさせて頂きました。

お値段の提示には大分悩みましたが、快く譲って頂くことに。

「あなた、面白い人ね。また何かったら呼ぶわ」

そんなに面白い話をしたわけではないんですが、
何故か私の事を気に入って頂いたようです。

本日は素敵な物をご手配して下さったM様、ありがとうございました。

また、お気軽にお声がけくださいね。

遺品整理や不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や不用品の片付けの実績も豊富にございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

加藤春二の「田面」など茶道具の買取|世田谷区池尻にて解体工事に伴う不用品片付け

, , , , , , ,

本日、お会いした世田谷区池尻のB様、
1950年代の生まれでした。

なんとなく「私と同い年くらいかな」とお会いした瞬間思いました。

高齢の母上を介護なさっているお時間とのこと。

私と同じような境遇の方です。

人生の重さと、時間の流れと、意地と自信と、
そして、それなりの疲労感‥。

暫し、お互いの介護談義に花が咲いたのは言うまでもありません。

長年住まわれたお住いを解体

そんなB様からのご依頼は、年明けにこちらの自宅を解体するに伴い、お部屋の整理をされたいとのこと。

今回は、私のつくったチラシを手に取り、何となく整理をしたくなられたそうです。

「それでね、茶道具が沢山あってそれを買ってもらえないかなって」

そして床の間に案内されるや否や、押し入れを開くと、
所狭しと茶道具がひしめき合ってました。

頒布会で購入された茶道具

なんでも55年前の頒布会で購入したものだそうです。

しかし、幾ら眺めても『これは!』と感じる物には出会えなさそうな雰囲気でした。

残念ながら‥。

加藤春二の「田面」との出会い

少し諦めムードが漂いつつあった時に、おもいがけない作品が埋もれてました。

加藤春二の作品「田面」です。

加藤春二の「田面」

取敢えず、今日、私に助けられた茶道具たちに早く日の目を見せてあげねばなりません。

それなりに頑張って金額を提示したところ、

「いいわよ、それで」

と一言。

そして、別れ際にまたまた介護談議に花が咲きました。

世田谷区池尻のB様、この度は呼んで頂きありがとうございました。

遺品整理や不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や不用品の片付けの実績も豊富にございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

葛明祥造の海鼠釉の古火鉢を買取|台東区松が谷にて遺品整理のご依頼

, , , , , , ,

台東区にお住いの女性の方から

「骨董品買って下さい」

とのお電話があったのが昨日のこと。

今日はタイトなスケジュールだったんですが、なんとか時間をつくり、
本日、お伺いさせて頂きました。

伺った場所は松ケ谷。

”かっぱ橋道具街”からそれほど遠くない古い木造のお住いです。

お出迎え下さったのが笑顔の柔和な奥様。
なんとなく私と同級の感じがしました。

暮れに向けての大掃除中に出てきた骨董品たち

茶の間にご案内いただくと、いくつかの品が無造作に置いております。

「暮が近いから、家の中を整理してたら物置から出てきの」

目を移すと古い掛け軸から陶器まで。

生前、旦那様がコレクションで収集されていたんだそうです。

しかし、この手の品物はここ最近は”骨董品”としての価値が、時代背景と共に下がっているのが正直なところ‥。

葛明祥造の海鼠釉の古火鉢

そこで、他に何かないんですか?

と聞くと、写真の古火鉢を持ってきてくださいました。

葛明祥造の海鼠釉の古火鉢

海鼠釉で作られたもので、
優美な発色。

そして、葛明祥造の銘があります。

葛明祥造

「昔はこんなのがいっぱいあったんだけど、バブル後に、うちの人が全部処分しちゃったの」

その後、大分昔の話になり、話の流れの中で
こちらの火鉢も譲って頂けることに。

失礼ながらお歳を聞いてみると、なんと私と同級生でした。

「あの頃は‥」
「あの時代は‥」

そんな単語が数多く飛び交い、
いつの間にか夕方に(笑)

これ以上の長居は無用と思い、話の折を見てお暇させて頂きました。

台東区松が谷のT様、この度は呼んで頂き有難う御座いました。

遺品整理や不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や不用品の片付けの実績も豊富にございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

戦前の古い手紙・絵葉書の買取|台東区千束のT様邸にて遺品整理

, , , , , , ,

「あんたんとこのチラシを見たんよ」

ちょっと前にまいたチラシを片手にお待ち下さった台東区千束のT様。

毎日いろんなチラシが入ってくる中で、何故か私どものチラシだけ残していたんだそうです。

ここは大鳥神社のすぐ近く。

築40年、いやもしかすると50年は経っていると思われる、歴史が感じられる木造一戸建てのお住いにT様ご夫婦がお住いになってます。

「先代の親父が建てた家でね」

茶の間に案内されて、準備して頂いた茶菓子と緑茶を頂きながら世間話をさせて頂きました。

建て替えに伴う不用品の片付け

こちらのお住い、昨今の台風などの異常気象により
損傷をきたしてしまったんだとか。

「そんなこともキッカケになって、もういっぺん建て直すことにしたんです」

そんな経緯を聞きながら、こちらの立派なお住いを建てられたお父様のお話に花が咲きました。

今回は解体前の不用品片付けがメインでしたが、併せて話題に上がっていたお父様の遺品整理のご要望も承りました。

そんな訳で、早速作業をスタート。

思ったよりも不用品のボリュームがあるんですが、処分するものばかりが目につきます。

淡々と作業を進めてましたが、
なかなか”出会い”がやってきません。

戦前の古い手紙・絵葉書

やや諦めの気持ちが湧きつつあった作業の終盤、亡くなったお父様のお部屋に差し掛かりました。

すると部屋の押し入れの奥に缶箱に入った、
古い手紙や絵葉書が収まってます。

見ると、とても古い戦前の絵葉書などのようです。

戦前の古い手紙・絵葉書

この手のものは私の好きなものたち。

「それも持って行けるの?」

旦那様が近くで不思議そうな目でこちらを覗き込むようにして見てます。

もし宜しければ、お預かりさせて頂ければ、とお伝えすると、

「いいですよ。」

と一言。

一生懸命に拝見させて頂きお値段をお告げしました。

その後も、作業を進めましたが暗くなったきたので、次の訪問日を決めて、
帰ってまいりました。

この続き、心を込めて作業するつもりです。

遺品整理や不用品片付けなら買入れ本舗へ

買入れ本舗では、遺品整理や不用品の片付けの実績も豊富にございます。

今回のように思いがけない買取品などがあった場合、お値段を付けさせて頂き買取もさせて頂きます。

お電話お待ちいたします。

0120-5394-55まで。

世田谷区八幡山にて不用品の片付けと買取

, , , , , , ,

古い押入れに長い間置かれたままの、
着物、花瓶、贈答品。

その他には、昔演奏されていたというマンドリンと、数百枚のレコードたち‥。

こちらは本日、不用品の片付けで引き取った品々です。

ご依頼主さまから連絡を頂戴したのが、
今週の月曜日のこと。

ご両親が亡くなりになり、家を売却することが決定したのが夏ごろだったそうです。

そこに残る不用品の片付けの御依頼で、今日は世田谷区の八幡山にやって参りました。

京王線の「八幡山駅」から少し先にある、
閑静な住宅街の中の一軒です。

恐らく春になれば見事な花を咲かすであろう、桜の大木が見事でした。

お住いの解体に伴う不用品の片付け作業

既に築50年以上とのことで、解体するには惜しいようなや建具が目に入ってきましたが、それらは今回のご依頼の趣旨とはズレてしまうので、横目で見ながらひたすら不用品の片付け作業。

非常に残念だったのが、古い骨董品類はすでに整理をなさってしまったんだとか。

売った金額を聞くと「わたしもやりたかった‥」と心の中で叫びつつ(笑)

今回の片付けは到底ひとりで出来る作業ではなかったので、長年付き合っている助っ人数人と作業を行い、最終的には2トン車2台分の不用品を処分させて頂くことに。

中にはちょっと目につくような品があったんですが、
それらはほぼ無償で頂きました。

世田谷区八幡山のお客様、今日は有難う御座いました。

不用品の片付け・買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理、不用品の買取や処分は得意な分野です。
どんな案件でもご相談下さい。

一生懸命対応させて頂きます。
お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

秋の気配漂う港区高輪で遺品整理中に出会ったレミーマルタン「ルイ13世Very old」の買取

, , , , , , ,

港区高輪にて遺品整理のご依頼

秋の二本榎通りに面した、かなり年季の入った木造の佇まい。

戦後の目まぐるしい復興から令和元年にいたるまで、激動の日本を静かに見守っていたんだと思わせるようなお住いにお伺いしてます、今日は。

亡くなった主人の遺品の整理も兼ねて片付けをお願いしたいの

そんなお電話を頂いたのが1週間前のこと。

うちのチラシをきっかけに、つたないこの日記をご覧頂いてお願いしようと思ったんだそうです。

50年以上こちらにお住いなっていた奥様、T様。

促されるままに茶の間に座ると、大きなテーブルにお茶と大根の煮物。

そんなおもてなしをうけながら、ちょっとした世間話に花が咲きます。色んな思い出話から、なくなった旦那様のこと、そして今回お住いを手放すに至った経緯まで。

「もうカラダにガタがきちゃってね、これから海のキレイな場所に住むのよ」

T様、神奈川県の海の見える有料老人ホームに転居されるんだそうです。

その話しぶりを見て、なんだかちょっと寂しそうな。

一瞬そんな感じがしました。

レミーマルタン「ルイ13世Very old」との出会い

気が付けば30分以上も話し込んでしまい、キリの良いタイミングで片付けをスタート。

秋の色濃い今日は過ごしやすい気温だったんですが、わたしのシャツは汗で肌にへばりついてます。

それもそのはず、
こちらのお住い、とても広いんです。

額から落ちる汗を拭きながら、心を込めて整理させて頂きました。

すると、亡くなった旦那様が使われていた和室の部屋お押し入れに、何やら期待を抱かせるような箱が押し込まれるように収納されてます。

レミーマルタンの箱

中身はレミーマルタン「ルイ13世Very old」

しかも製造よりかなりの年月が経過しているもの。

レミーマルタン「ルイ13世Very old」

生前、旦那様がとある方から頂いたものだそうです。

何でこのようなお酒が有るのか不思議でした。そのレミーマルタンを眺める私をT様が感じ取ったのでしょう。

「いいわよ、あっちに持ってけないから」

遺品整理での疲れた体の疲労が吹っ飛びました(笑)。

わたしなりに奮発して買取らせて頂いたのは言うまでもありません。

遺品整理中の思わぬ出会いに感謝感謝の日となりました。

T様、神奈川での生活、健康に留意しながら楽しまれて下さい。

今回は呼んで頂き有難う御座いました。

遺品整理やお酒などの買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理、不用品の処分、古いお酒の買取は得意な分野です。
どんな案件でもご相談下さい。

一生懸命対応させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

ロレックス・デイトジャストの買取|東京都豊島区高田にてブランド時計の引き取り

, , , , , , ,

豊島区高田にて不用品の買取依頼

JR高田馬場駅の北東にある、
こちらは豊島区高田。

元田中御殿のすぐ脇にある、古いマンションに来てます。

この辺は坂が多くて、中でも”のぞき坂”は都内でも有数の急坂で有名ですよね。

都電荒川線も走っていて東京の風情を色濃く感じることが出来るところなんで、わたしの好きな場所のひとつ。

今日はわたしよりも先輩にあたる女性の方からのご依頼で、時計の買取査定にお伺いしました。

手放したくはないけどいずれは手放さなければ‥

そんなお問い合わせを頂いたのが先週のこと。

しかし、実際にお会いすると実年齢よりも若くお見受けしました。

後期高齢者保険証には昭和8年の生まれの文字。

86歳だそうです。

ロレックス・デイトジャストの買取査定

その奥様が42年前に手にしたロレックス、こちらをみて欲しいとのことでした。

ロレックス・デイトジャスト

ギャランティには1977年の文字。

「もう良いのよ。大分お世話になったから」

相槌を打ちながらこのロレックスの想いで話しに花が咲きました。

とても大事にされていたそうです。

話の折に当時のお値段を聞きました。
当然ながらそれなり金額で購入されてます。

今回は、当時の箱、そしてギャランティも揃ってました。

中々お値段を伝えるのが難しいケース。
何より、奥様の想いもありますし‥。

そして、ロレックスを握りしめ目をつぶってお値段を申し上げました。

「大事にしてちょうだいね、よろしく」

呼吸をするのを忘れて、思わずホッと溜息するわたしを見る奥様の柔和なほほえみ。

体の緊張がフッとほぐれました。

こちらの愛と人生のこもったロレックス、大事にさせていただきます。

東京都豊島区高田にお住いの優しい笑顔の奥様、
この度はありがとうございました。

不用品処分や古い時計などの買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、不用品の処分、古い時計やブランドの時計の買取は得意な分野です。どんな案件でもご相談下さい。

一生懸命対応させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。