コンタックス製のカメラとの思わぬ出会い|新宿区中井でカメラ・レンズの買取

, , , , , , ,

「はあ~、お若くお見受けします」

本日、昨年に新設された「山の日」にお伺いさせて頂いた、新宿区中井にお住いのJ様。

昭和23年のお生まれとのこと。
その肌ツヤは70歳とは思えないくらい、健康そのもの。

わたくしの直感で、恐らくご主人様お一人でお暮らしのご様子です。

 

新宿区中井で生前整理のご依頼

西武新宿線・中井駅

ここ数年で、身内の方、またご友人の方が天国に旅立つ姿を見て、そろそろご自身の身の回りの整理を始めたいと事で、この度お伺いさせて頂くことに。

いわゆる「生前整理」とでも言うんでしょうか。

今回は、ご主人さまの趣味として昔読まれていた古い本の整理をして欲しいというご相談です。

 

古い歴史書や小説など古本の整理からスタート

まずは2階の書斎にご案内頂くと、大分年期の感じる本棚に古い本がぎっしりと詰まっておりました。

好きで見ていたという小説から、カバーがかなり擦り切れている歴史叢書や宗教・哲学書までかなりのボリューム。

正直、私の期待していた古い絵葉書、古い映画パンフ、古い車のパンフレット、紙ものや刷り物はなさそうですが、汗をかきかき、正しく整理のお手伝いをさせて頂きました。

すると、「あんた、カメラも分かるのか?」

との掛け声が。

 

思わぬコンタックス製カメラとの出会い

コンタックス製カメラ

「ちょっと見てみるか」

そんな訳で、リビングにご案内頂くと、威厳の感じられる木製のテーブルの上にクラシカルなカメラが3台。拝見させて頂くと、見慣れたロゴが記載しております。

「CONTAX(コンタックス)」

「Gシリーズ」と言われているタイプを筆頭に「G1」「T2」「T3」と並んでました。
私の好きなアイテムの一つ。

コンタックスGシリーズは、たしか京セラが1994年に最初のモデルを発売したと記憶してます。

2005年まで販売されて交換レンズを主として周辺機器によりシステムを構成するので、ファンの間でも相変わらず根強い人気を誇ってます。

 

ピオゴン・ゾナーなどの付け替えレンズも

ピオゴン・ゾナーなどの付け替えレンズ

「ついでにこのレンズもあるんよ」

そして、カメラボディのその横にはしっかりとメンテナンスをされているであろうレンズが並んでおりました。

ご主人様は交換レンズとして

  • BIOGON(ビオゴン)
  • PLANAR(プラナー)
  • SONNAR(ゾナー)

を愛用されていたそうです。

ビオゴンは広角レンズになり、プラナー・ゾナーは集点レンズ。このレンズを使いこなして、ご主人の好きな自然の風景を何枚も撮影されたんだとか。

正直私も、これだけ綺麗な状態なものを引き取ってよいものかと思ってしまうくらいです。

 

古本の処分とカメラ・レンズをまとめて引き取り

「これ、いいんですか?」

「ええんよ。あんたカメラも詳しそうだし。あと早めに整理したいしさ」

古本の整理が余程気に入ったご様子で、今回はこのカメラとレンズも引き取らせて頂くことに。

私の買取金額も、必然的に奮発する形となりました。

一連の作業が終わった後、リビングでご丁寧にお茶を出して頂き、ご主人さまの写真の話を拝聴させて頂きました。

帰り支度を整え、玄関までお出迎え頂いたとき、真っ赤に染まった夕焼けが辺り一面を赤に染めてました。そんな紺碧の空を、ご主人が見つめていたのが印象的でした。

J様、この度は有難うございました。

買入れ本舗では、古い物、古美術品の買取をさせて頂きながら、皆様の身の回りの整理のお手伝いもして居ります。

豊島区長崎のお客様。マイセンのワイングラスとバカラのビアマグの買取

, , ,

 

地震の翌朝

テレビのスイッチを入れると、案の定、どこを見ても、頭にはヘルメット、手にはマイクのレポーター達の口から流れる地震現場からの情報合戦。
昨夜の、地震直後の各局の対応の素っ気なさが嘘の様。

テレビに映る場面からは、5年前、私の小さな店の中でも棚にある品物が音を立てて崩れ落ちた情景が思い出されます。

テレビに夢中の私の背中で「おはようございまーす。」の声。
昨日、お世話になった、長崎のN様がこ脇に小さな紙袋を抱えレジの前に立ってらっしゃいます。
「お願い!、これも引き取ってくださる?」
伊勢丹の紙袋から現れたのは、ペアのワイングラスと、ちょっと大きめのガラスのビアマグ。
「昨夜の地震、見たら、急に要らなくなっちゃって。」
良く分かります。
前回の震災時にも、手持ちの大事なガラスや花瓶達が割れてしまい、それから、割れるものから、一歩も二歩も引いた方が少なくありませんでした。

マイセンのワイングラスとバカラのビアマグ

袋から出された物を見ると、それは、マイセンのワイングラスとバカラのビアマグでした。確か何年か前、何かの記念でキリンから出された物でした。

マイセンのワイングラス

マイセンのワイングラス                                                     

バカラのビアマグ

バカラのビアマグ

私には嬉しいお客様達です。
「安くていいのよ。」
昨日と言い、今日も又、太っ腹なN様。
朝一番のお客様です。
丁重に買い取らさせて頂き、お代の代わりに、素敵な笑顔を残されて帰られました。

震災の現場を見るたびに、命の不思議さを感じます。
助かる人とそうでない人。
運の強い人とそうでない人。

仕事でも人生でもそうですけれど。

頑張って下さい、男子プロ

ある局で、今日開催予定の女子ゴルフの中止を伝えてました。
当然です。熊本での開催でした。
それに比べ、昨日からやっと始まった、男子プロ。
それで無くとも人気は落ち目、ギャラリーの入りも心配。
中止されず二日目も開催されてます。確か三重県で。
何とも散々な男子プロゴルフの今年のスタート。
選手の方々、頑張って下さい。
それがきっと、熊本への応援になると思います。

東京杉並区で【贈答品の買取】、【バカラのローハン】でした。

, ,

【東京杉並区、下高井戸の買取です】

ひと通り、全ての部屋の品定めが終わりました。
部屋では無く、お部屋に残された品物達の品定めです。
「絵画とか、焼物が有るので見て下さい。」
矢張り、60を超えたばかりの様子の男性の方からのご依頼でした。
東京、杉並区の環八と甲州街道に真近の下高井戸の、いつものように細い道の入り組んだ住宅街に有る、矢張り、築50年はなんなんとする、木造2階建てのN様のお宅。
矢張り、売却処分だそうです。

品定めの結果はかなりさびしい限りでした。
仏壇横の収納から、かなり大きめの、13代今衛門の桐箱が幾つか、更に、柿右衛門の桐箱が二つ見つかりました。
一瞬、嬉しがったのもつかの間、全て、もぬけの殻で中身が有りません。各部屋を隈なく眺めても中身は見つかりませんでした。
ついでに出て来たのが、この、所謂、贈答品の類達。
長年不用で放置され、今でも、欲しがる人を探すのが難しい、茶器急須、湯呑、ガラスの器達です。
私も悔しさも手伝って、重いのも忘れ、つい車に積み込んでしまいました。

男性から、お茶を頂くのはそう数が多くは有りません。
先程買取をお断りした、30年ほど前のチーク材の食卓の上に、古い香蘭社の湯呑に入れられた温かそうな緑茶が一杯。
本日の寒さには有りがたい一杯です。

お茶を挟んで、N様としばしの世間談義。
私の仕事は、何年くらいやってるだの、お互い、生まれが昭和の何年だの、子供、孫の話だの、相手次第では、私はつい、話し込んでしまいいます。
白髪の数と額の薄さを鑑定する私。
「私がここに居た、平成の初め頃、一億円を銀行に預けると、毎月、五十万円位、利息が入って来たんだよねー」
事実かどうか分かりませんが、羨ましいようなお話です。
「所が今、一億円を銀行に預けると、一年で、千円なんだってね」
こちらのお話も、私には事実かどうか確認する術を知りません。
「昨日かなんかの、日銀の決定らしいけど、クロはクロだね。」
良く意味は分かりませんが、日銀黒田総裁のマイナス金利発表に原因が有るみたいです。
日銀総裁の一言に、一喜一憂されながら、お住まいの売却整理にお忙しい、N様、お羨ましい限りです。

【バカラのロックグラスの買取】

頂いた贈答品の中に赤い箱のバカラのロックグラスが一つ見つかりました。
バカラのローハン、未使用品でした。

 

バカラのロックグラスローハン
私には、マイナス金利よりも数倍プラスの贈り物でした。
杉並区下高井戸のN様、有難う御座いました。

豊島区千早のお客様です。【大正電笠】の買取でした。

, , ,

今日は本当に申し訳ありませんでした。
渋谷の神宮前で、贈答品の買取の依頼と、文京区の小石川で、着物の買取の依頼が有りましたが、今日の朝からの暑さのせいと体調のせいで、お断りさせて頂きました。
日陰の乏しい店の前で、昨日買取した荷物の整理です。
と、思ったところ、「古い本が有るんだけど、見に来てよ」
そうですねー、お年の頃は、75から80前。
老眼のちょっときつい金縁の眼鏡のお母様。

お店にじかにお見えになるお客様のお願いは、中々断れません。

場所は、小学校の近所、道のせまいところです。
自転車で向かいました。
暑さがしんどい。

殆どハードカバー、息子さんの蔵書だそうです。
本の表紙を開けながら、自分より早く逝ってしまった息子さんへの、無念さが伝わります。

建物も売却、解体とのことです。
残念ながら、私が引き取りたい本は有りませんでした。

私の目に留まったのが、この電笠です。
2階への突き当たりと、玄関の天井で何と無く私を見てるんです。
頂きたいというと、どうぞとおっしゃるので頂いてきました。
店で、点けると、とても懐かしいほのぼのの光でした。

ほのぼのの大正電笠

ほのぼのの大正電笠

何と無く、日ごろの疲れと、今日の暑さを忘れさせてくれる明かりでした。
千早のお母様、今日は有難う御座いました。

モーゼル、ヴェネチアングラスの買取、六本木、鳥居坂で。

, , ,

昨日の台東区での作業での、節々の筋肉痛の残るまま、なぜか異様に荒れた春の空を眺めながら、港区は六本木、鳥居坂をちょっと上がった高級マンションへ。
車を止めるのに苦労しました。
六本木ヒルズの下から鳥居坂を曲がり、車を止められず、六本木の交差点を左折しては又、鳥居坂を上がりというのを3,4回繰り返しやっと、お目当てのマンションの下に車を止められました。
目指すは6階です。
こちらもかなり古い建物です。エレベーターのドアのしまる音が年齢を感じさせます。
そこで出会ったのが、このガラスたちでした。
50台でしょうか、出して下さった女性の方は、いともイージーな感じで、こんなの買える?という感じ。
とても良い雰囲気で迎えて下さいました。
私も雰囲気に合ったお値段を提示してイージーに売って頂きました。
一番大きな黄色の花瓶、そこではHOYAにしか見えなかったんですが、戻って確認すると、モーゼルでした。ちょっと古めの。よく見ると細かいカットが素晴らしい一物でした。かすかな傷が残念です。
IMG_2505IMG_2506
赤のベネチアンもとても気に入りました二つとも。いつ眺めても此の深い赤は素晴らしいですね。手造りの跡がはっきりわかります。
IMG_2503IMG_2507
動きのスローなエレベーターに乗せ、春の雨にあたりながら、車に運ぶのにかなりの苦労でしたが、店に戻り、出来栄えを眺めると、今日はかなりの溜飲物でした。
呼んで下さいました、E様、有難う御座いました。大切に可愛がります。

【今日の買取】豊島区は北大塚、満開の桜に【氷コップ】の買取り

, , , ,

桜は見るとなんだか安心します。桜という字は、木と水と女で出来てるような気がします。それぞれ、いつ見ても、出会っても、触れても、安心出来そうで。
そんな桜が満開の、豊島区は北大塚、空蝉橋の下の信号から少し入った処の、笑顔の素敵な、やはり年配の奥様から今日は、大正の、ロマンあふれる氷コップを頂戴いたしました。
本当は違う物の買取で訪れましたが、とても大きなサイドボードの片隅で、この三つを見つけました。
奥様はまだ手放したくはなさそうでしたが、金額よりも私のしつこさに負けてくれました。

IMG_2113

水玉模様の氷コップ

水玉模様の氷コップ

これは二つありまして、手で丁寧に作られたのがよくわかります。

IMG_2108

これは色がとても綺麗で大変気に入りました。

桜の花の素晴らしさとはまた違った感動をくれた氷コップ。
北大塚のM様、本日は大変有難う御座いました。
早速店のケースに飾らせて頂きました。

 

【今日の買取】桜の中を新宿、西落合、バカラとジノリ

, , , ,

朝方は5分から6分咲きの桜が、午後には7分から8分に。
気温の上昇とともに、色を増す桜。
明日はどこまで開くやら。
道筋の桜の花に目をやりながら、今日は新宿区西落合へ贈答品の買取です。
このあたりはいつお邪魔しても気分のいい処です。
今日お迎えて頂いたのは、御二人合わすと160歳に届きそうなお元気なご夫婦でした。
多分、納戸、天袋、押入れ等から一生懸命出されたと見える、昭和の箱に入ったままのおびただしい数の贈答品の山。
本当に御苦労さまでした。
相当の御苦労をなさって畳の上に、まとめられたと思いますが、残念ながらその中で、私が値を付けられるのはその半分もありませんでした。
ポスティングのチラシをご覧になって、当店のホームページを確認してお電話を頂いたと聞き、御値段の方は頑張らせて頂きました。
その中で比較的きれいだったのが此のジノリとバカラでした。

a04b01
私が好きな哲学堂からは少し離れた、西落合のO様。
哲学堂の桜に、今日は会えませんでしたが、今日の品物達がまた素敵な人たちに出会えるよう頑張らせて頂きます。
西落合のO様、今日は有難う御座いました。

【今日の買取り】品川の五反田から連れて帰ったリヤドロ人形、かわいい女の子

, , , , ,

ちらほらと桜開花の便りの聞こえる春の品川、今日は、五反田から、着物の買取りの依頼がありました。
呼んで下さったのは、私の好みの、80前後の小柄なお母様。
箪笥を開けて、手にした着物は、古すぎるのと、寸が足りないのと、あまりにも欲しい着物ではありませんませんでした。
好きな柄が一枚だけありましたが、残念ながら、着物はあきらめさせていただき、部屋の中を一巡り。
間もなく解体の運命ということで、ほとんど荷物は整理されていました。
残された鏡台の上に一人さみしく佇む、リヤドロ人形。
一人で帰るのはさびしい私、何とかリヤドロ人形を連れて帰りました。
初めて走る中央環状線、五反田の入り口。リヤドロ人形と二人で春の高速、帰ってまいりました。