ニコンSなど古いカメラの買取|文京区目白台にて亡くなったお父様の遺品整理

, , , , , , ,

「本が沢山あるんだけど、なんとかしてもらえる?」

受話器越しに聞こえるやや早口の口調に、もう一度聞き直し、
ようやく話の内容が分かりました。

去年、天国へ旅立たれた父上の遺品を整理をお願いしたいとの事。パートがお休みの本日6月17日でのご指定です。

そんな訳で真夏を感じさせる強い日差しを浴びながら向った先は文京区目白台。田中御殿(田中角栄邸)の向かい側にある、古い木造住宅が呼んで頂いたM様邸でした。

「ゴメンね、こんな時期に呼んじゃって迷惑じゃなかった?」

いえいえ、そんな事ありませんよ、と謙遜しつつ、コロナ禍で皆デリケートになっている方が多い中、とても気楽に一階から2階まで案内されました。

「父の部屋なんですけど、もう一人じゃ片付けらんなくてね」

ある程度、仕分けされた形跡が見受けられましたが、大きいサイズの本棚や押し入れにはすし詰め状態の本などがギッシリ。

確かに、このボリュームはプロの私でも躊躇するほどです。

お住いの感じから私好みの古本の出会いがあるかもなんて、ちょっと期待してましたが、現実は甘くありません。

亡くなったお父上は税理士をされていたそうで、税理、会計関連の本が殆どでした。

一瞬、深いため息をつく私。

正直、殆どが評価できない旨を告げなければいけない事に、心が傷みます‥。

ニコンSなど古いカメラとの出会い

なんとなく重苦しい雰囲気に包まれつつ、本などが詰まった押し入れを整理する中で、お父上が生前趣味だったと仰ってたいくつかの古いカメラがまとまって保管されてました。

その中にはニコンSのカメラも混じってます。

ニコンS

1954年に登場したニコンのレンジファインダーカメラ。ドイツのライカに対抗するための改良が施されたことが特徴です。

現代のデジタル一眼レフカメラはもちろんのこと、かつてのフィルムカメラもマニアの間で人気がとても高く、高値での買取査定が望めます。

思わぬ出会いに「これはどうしますか?」と聞いてみると、「いいわよ、それも持って行って頂戴」と一言。

今回はカメラとの素敵な出会いがありましたが、その他の不要になった本のボリュームが多く、ちょっと大変でした(笑)

時間の関係で整理・処分が全て終わらなかったので、後日伺う日程を決めて、文京区を後にしました。

久々の文京区目白台、又お邪魔したいと思います。

M様、呼んでくれて有難う御座いました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

流木(原木)の置物の買取|東京都杉並区成田東にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

杉並区成田東にて亡くなったお父様の遺品整理のご依頼

春から初夏への移り変わりを感じさせるのは車内の温度じゃないでしょうか。

ここ数日、小一時間ばかり車を置いておくと、風呂にでも入っているような暑さに襲われます。

社内の温度計を見ても午後過ぎで30℃をフラットで計測。

太陽の光をフロントガラス越しに浴び額に汗を滲ませながら、道路で人の往来が激しい五日市街道を法定速度を守りつつ、車を走らせます。

目指すは杉並区成田東。

「ちょっと前にホームページを見てね。それで貴方に来てほしいのよ」

なんでも、わたしが書いたブログをご覧になって下さったどうです。

うれしいお誘いなのは言うまでもありません。

道の両脇にしげる街路樹の濃い緑の中に、時たま顔を出す百日紅の桃色の花色に、ひと時の安らぎを覚えながらたどり着きました、E様宅。

杉並区らしい緑が映える住宅街の中の年季が入った木造一戸建でした。

「木村さん?どうぞ入ってちょうだいな」

インターフォン越しにハリのある声。玄関ドアを空けるとスラっとした背の優しいそうな表情の奥様が汗ばむ私を出迎えて下さいました。

茶の間にご案内頂くと、木製のテーブルに良く冷えた麦茶、そして和菓子。それを頂きながら、お話を伺いました。

先月で父上の一周忌が過ぎ、心の踏ん切りがつき、お荷物を整理なさりたいとの事。

御本人も虚弱体質との事で、週に一度は、病院に通ってらっしゃるとの事ですが、とても肌のお綺麗な素敵な奥様でした。

流木(原木)の置物の買取

取敢えず今回は、亡くなってからそのままの状態にしてあるというお部屋の遺品整理です。

仕分けからのスタートでしたが、かなりの数の贈答品、食器類が見受けられた中で、趣味のものと思われるアイテムが私の目を引きます。

そのひとつが、この流木でした。

恐らくどこかの渓流などで、雨が多く降って川が増水した後に打ち上げられたのか、台風の後に砂浜がある海岸で流れ着いたのかもしれません

脆くて腐食していたり色合いや形が悪いなどであれば、引き取る事が難しいケースもありますが、今回の原木はなかなかのコンディション。

しかしながらこの手の流木も買い手が限定される時代になり、評価に関してはそれなりにしかなりません。

他の贈答品などと抱き合わせで査定させて頂き、決して高い金額ではありませんでしたが、E様は心地よく納得して下さいました。

気が付けば私のワンボックスが、箱であふれました。
そして30度越えによる暑さで私の体からも汗があふれてます。

手入れの行き届いた可愛い庭が印象に残りました。

一本の歴史を感じさせる紅葉が初夏に爽やかな、杉並区成田東のE様との出会いでした。

本日は有難う御座いました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

銀製のウイスキーデキャンタ(ディンプル)の買取|東京都杉並区下井草にて不用品処分

, , , , , ,

小雨がチラつくGW初日、今日は久しぶりの杉並区下井草でした。

環八通りから、下井草四丁目の交差点を右折して妙正寺川方面へ。

都内は緊急事態宣言の影響か、祝日にも関わらず歩行者がまばらです。本来であれば細い道を通れば自転車や方向者でスムーズに走行できないはずが、今日はスムーズに走行できてます。

そんなやや細い通りから一本入った路地の奥に、可愛いらしい日本家屋がひっそりと一軒。

私を迎えて下さったのは、小柄ながら何となく華やかさのある女性でした。

不要になった古い贈答品の買取依頼

お話を聞くと、社交ダンスの先生をされているそうです。

更に 私を呼んで下さった経緯を聞いて、
またまた感激の私。

私が不定期に投稿しているブログを数件ほどご覧頂き、「この人にお願いする」と他の業者のことも考えず連絡下さったとの事。

今回は、社公ダンスの関係者の方や生徒さんから頂いた贈答品の買取依頼です。

事前に準備されていたそうで、よく磨かれたピカピカの廊下にお酒などが所狭しと置いてありました。

ディンプル ウィスキーのデキャンタ

その中で 結局私が連れて帰ったのは、このディンプル ウィスキーのデキャンタと古いお酒を2つほど。

銀製のウイスキーデキャンタ(ディンプル)

その他は残念ながら連れて帰る事は出来ませんでしたが、それなりに頑張って奥様にお返し出来たと思います。

杉並区下井草のT様、本日は有難う御座いました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

花梨材のネストテーブルなど中国家具を買取|東京都世田谷区深沢にて解体整理に伴う不用品処分

, , , , , , ,

ゴールデンウィークまであと4日。

東京都では3度目の緊急事態宣言が発令され、やや気分的にも沈み気味です。

しかしながら ここ数日は見事な晴天に恵まれ、職業柄どうしても外に出たい気持ちにかられます。

すると願いが通じたのか、

住んでる家を解体するから、不用品の処分をお願いしたいのよ

そんな電話をチラシを見た方から頂戴しました。

待ってましたとばかり支度を整え、本日お伺いしたのは、世田谷区深沢。

築年数40年はゆうに超えているだろう木造二階建てのお住まいがH様邸の様です。

お住いの売却に伴う不用品処分

「ごめんなさいね、いそがせちゃって」

お出迎え頂いたのが、笑顔が柔和な奥様。

恐らく年齢は50代~60代位じゃないでしょうか

話を伺うと年上の旦那様を去年病気で亡くされたとの事。一人で住むには広すぎるお住いのため、娘夫婦さんの所に同居を提案されたそうです。

その為、このお住いを売却するに伴い、解体前に必要のなくなった不用品を回収・処分して欲しいとの事でお問い合わせ頂きました。

納屋状態のお部屋から見つけた中国家具

しかしながらご案内頂いたお部屋が納屋のように使用されていたそうで、物凄いボリュームの不用品たちがギッシリ。

ホコリまみれつつ、いつ終わるか全く読めない不用品の片付け作業をスタート。

今回はコロナの影響で出張買取りも控えめで、時間もなくはなく、若いスタッフも丁度手も空いていたりして、一生懸命、家具家財、洋服類、雑貨等の不用品を片付けさせて頂きました。

1ヵ月分くらいの汗を搔きながら(笑)

その中から探しだしたのがこちらの中国家具。こちらの花梨材のネストテーブルでした。

花梨材のネストテーブル

そんな疲労の色を隠せない我々とは裏腹に、ご依頼頂いたH様にはたいそう喜んで頂きました。

我々を気遣ってくれて、様々な差し入れを頂きましたが、逆に気を遣わせてしまったかもしれません。

世田谷区深沢での作業が終わった後は地元に戻って銭湯で体のメンテナンスをて、その後、ささやかではありますが自宅にて軽く一杯。

H様、この度はご依頼有難うございました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

古い昭和レトロなソファを買取|東京都板橋区常磐台にて家具の買取

, , , , , , ,

20度を超える日が増えてきて、少しづつ半袖のTシャツで動ける季節になりました。

袖から伸びた腕に当たる春風が久々の心地よさです。

そんな春日和の風に誘われて向った本日の昼下がりは、板橋区常盤台にて家具の買取でした。

ご依頼主は2年前に当店をご利用頂いた50代の奥様。

こちらのお住い 築年数が40年以上過ぎており、2階に繋がる階段が非常に狭く、前回もアイテムを搬出する際、大変な思いをしたのが思い出されます。

しかしながら、2度あることは3度あるのが世の常。

2階のリビングから買い替え予定の昭和レトロなソファを季節外れの汗をかきながら、お住いに傷が付かないよう慎重に搬出。ある意味で久方の筋トレです。

そんな苦労をして外に出したのがこちらの昭和レトロ感が漂うソファです。

なんとなく、そのソファとの出会いは素敵な女性にめぐりあうような感じでした。

長年使用されていたそうですが、以外に傷の少ない美品だったのと、希少性があるアイテムなので見かけよりはかなり評価の高いもののひとつ。

当然ながらそれなりの査定額を出さないわけにはいきません。

金額を提示させて頂くと「あら、こんなにいいの?」という奥様の反応。その後、ちょっと頑張り過ぎちゃったかなと反省(笑)

いずれにしても、春に相応しい出会いを提供してくれた板橋区常盤台の奥様、また呼んで頂きましてありがとうございました。

ペリカンやモンブランなど古い万年筆の買取|板橋区小茂根の都営住宅にて遺品整理のご依頼

, , , , , , ,

なかなか見つからないコインパーキングを探しながら、板橋区内では昔の風情が残る小茂根街並みを眺めつつ、なんとなく癒された昼下がり。

そんな街並みに佇む、都営住宅に本日はお呼ばれました。

玄関のドアが開けると、依頼下さった神奈川県厚木市から遠路はるばる来て下さった、娘様ご夫婦が出迎えてくれました。

亡くなったお父様の遺品整理

「亡くなった父の遺品を処分したい」

そんなお問い合わせをうちのホームページをご覧になってお電話下さったのが先週末のこと。

お仕事の都合で「日曜日しか時間が取れない」との事で本日お伺いさせて頂きました。

そんなご夫婦に招かれた部屋は既に片付けが終盤に差し掛かっているようで、段ボールなどが無造作に置いてあります。

更に別室から娘さまがもってきた段ボール4箱。

こちらが亡くなったお父様のご遺品との事でした。

ペリカンやモンブランなど古い万年筆との出会い

段ボールの中には生前、お父様がコレクションとして集められていた双眼鏡や古い眼鏡、古いコイン等。更にはレトロな人形や古い地図などが詰まっていました。

いずれも私の好きなアイテム達でしたが、今の時代ではお値段の提示に非常に苦労するものばかり‥。

旦那様が急きょコンビニで買ってきた差し入れのアイスコーヒーをひとくち。しかしながら、喉の渇きがとれません。

やや諦めモードの雰囲気があった中、最後の4箱目を見させて頂くと、その中にはいくつかの古い万年筆が。

それはペリカン、モンブランなどでした。

ペリカン・モンブラン

モンブランに関しては「マイスターシュテュック no84」も含まれてます。

マイスターシュテュック no84

なんとなくホッとした気持ちなった私。

万年筆の他はこれといって一緒に連れていきたいアイテムが無い状態でしたが、わざわざ厚木市から休日を使ってここまで来て下さったご夫婦に失礼なので、頑張って値段を付けれる物は付けさせて頂きました。

ほかにも輝く物達、沢山拝見いたしましたが、今回はこれだけにして頂きました。

申し訳ありませんでした。

厚木市のご夫婦さま、今回は 万年筆との素敵な出会いを演出頂きありがとうございました。

遺品整理や生前整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

「13代柿右衛門」の鹿紅葉紋絵皿を買取|港区高輪にて不用品処分に伴う古美術品の買取

, , , , , , ,

今日の都内は最高気温22℃。
春の訪れを思わせる天候に否応なしに私の体が動きます。

どうも暖かくなると 外に出たくなるのは、もはや職業病と言わざるを得ません。

そんな青空の下、私が着いたのは13時ころ。

訪れたのは港区高輪1丁目。

築40年~50年以上住まわれたマンションが建て替え予定とのことで、今回は遺品整理を兼ねた不用品処分でお伺いさせて頂きました。

今回は、東日本大震災の年に亡くなられた旦那様が所有されていたご遺品を中心とした不用品処分。

まずは生前収集されていたという本の整理からのスタートです。

しかしながらこの手の本は到底欲しいとは言えそうもない品物達ばかり(苦笑)

私の額に薄っすらと汗が滲み始めた頃、押し入れの中から見慣れた桐の箱が2つ。

柿右衛門の箱書があります。

数の多いシリーズではあるものの、私の好きなアイテムの一つ。

十三代柿右衛門の鹿紅葉紋絵皿でした。

十三代柿右衛門の鹿紅葉紋絵皿

状態はというと汚れ、ヒビ、キズ、デザインの擦れ、欠けもほとんどなく良好な状態。

さり気なく奥様に「これもいいんですか?」と何度か確認させて頂いたんですが、これまでの片付け・整理を気に入ってくれたご様子だった為、気持ちよくお譲り頂けることに。

その他にはこれといった出会いは無かったものの、それなりに頑張って買取させて頂きました。

帰りの車は、引き取った本や不用品の重量で車のフットワークが重いの感じながら高輪を後にしました。

港区高輪のM様、今回はお呼び下さり有難うございました。

遺品整理や生前整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

銅製水注「北越堂銅器」など茶道具の買取|墨田区石原にて遺品整理のご依頼

, , , , , ,

墨田公園に咲き乱れる満開のサクラを横目に、本日は 墨田区石原のT様からお呼ばれです。

亡くなったご主人の遺品整理のお手伝いで、
銅製水注の買取させて頂きました。

古めの箱に納められた、北越堂の銅器でした。

「急なんですけど、今日中に来れますか?」

どうしても本日中に片付けたい品物が有り、もしかするとガラクタかも知れないけれど、という何となく愛嬌のある女性の声に誘われて(笑)

お話を伺うと 築50年は経過していると思われるお住いの売却の関係で急ぎの事情が発生したとのこと。

私が着いたのは14:00の頃だったと記憶してます。外は透き通る程の青空なのに、T様に案内された狭い階段のお二階の部屋の薄暗さが印象的でした。

すると その部屋の一塊のお荷物の山。

ガラクタなんて言うのはとんでもないお話で、古い桐箱に納められたアイテムがいくつか。

傷みは激しいものの、和本の山。
やはり痛んでいるものの、古いバッグたち。

その中の一つが北越堂の銅器でした。

T様は「荷物が無くなればよし」との事でしたが、思わぬ”報酬”を手にして、夕焼けに暮れる中で気持ち良く私を送って頂きました。

北越堂のアイテムは銅製水注の中でも根強い人気を保ってます。

思わぬ出会いに意気揚々。今日は気分が良かったのでタイムズに車を停めて夕方の墨田公園へ。

下町の赤く染まる夕暮れに隅田川、そして満開のサクラが呼応しなんとも言えない感情に浸った30分ほどの散歩。

夕方から夜に移り変わる瞬間の空の色のコントラストは、世のコロナウィルスのパンデミックなど何も関係ないかのような印象を私に与えてくれます。

自然にエネルギーをチャージしてもらい、帰路につきました。

墨田区石原のT様、今日は素敵な出会いを与えて下さり感謝感謝です。

遺品整理や生前整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の、遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

推理雑誌「探偵倶楽部」など古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

前回、ご紹介させて頂いた三鷹市下連雀のH様邸での古本買取の続編。

掲載仕切れなかった、私のお気に入りの本をご紹介させて下さい。

【前回の記事】推理雑誌「宝石」など昭和レトロな古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

こちらの推理小説「探偵倶楽部」

昭和25年〜28年頃に共栄社という出版社から出版された推理小説です。

いずれも初版ながら、外観に経年ヤケやスレ、シワ・角折れも最小限に留まっている状態でした。

過去にも何度かこの手の昭和レトロな推理小説を引き取った事がありますが、今回はかなりコンディションが良かったので、皆さんにお披露目したいと思い再アップしました。

昨今のコロナの影響で気分が沈みがちでしたが、この古本との出会いで気分がタイムスリップして、なんとなく気分が紛れたのは言うまでもなく。

また、こんな出会いがあるようにと密かに願いつつ、お呼ばれした現場で実直に汗をかいて参りたいと思います。

推理雑誌「宝石」など昭和レトロな古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

ここ最近は日中に20度を超える日が出てきた影響か
都内でも河津桜が開花し始めました。

しかしながら、今年は特に鼻がムズ痒いんです。

まさかこの年になって花粉症になったのではないかと戦々恐々としてます(笑)

三鷹市下連雀にて遺品整理のご依頼

目と鼻の痒みを気にしつつ、本日向ったのが三鷹市の下連雀。

間違いなくこの辺りは一昔前までは、武蔵野の面影たっぷりの、緑の田園地帯だったような気がします。

しかし今では閑静な住宅地。

分譲住宅が立ち並ぶ中、ひと際、年代を感じる一軒家。恐らく築50年はくだらないかと思われるお住いが呼んで頂いたH様宅のようです。

古いタイプのインターホンを押し、迎えて下さったH様。

恐らく、60歳を過ぎたくらいの主婦と思われます。

そんなH様から「父の遺品で大量の古い雑誌があるので見て欲しい」というご要望を受けました。

推理雑誌「宝石」など昭和の雑誌を査定

処分してほしいと仰ったのは、生前、お父様が趣味で読まれていた昭和時代の大量の雑誌でした。

割と煩雑に押し入れに保管されていて、この本の山からめぼしい物を探し出すのは容易では有りません。

殆どの雑誌が処分対象となる中で、いくつかの私の好きな昭和レトロ感漂う雑誌があったのが救いであり、額からの汗を忘れることが出来ました。

お父様、推理雑誌がお好みだったように見受けられました。

その中のひとつが、こちらの推理雑誌「宝石」
昭和22年発行されてます。

推理雑誌「宝石」

最近はこの手の雑誌もめっきりと見なくなりましたが、個人的に好きなアイテムのひとつ。

その他にも昭和レトロの雰囲気を感じる探偵小説雑誌が多数ありました。

処分に回さなければならない雑誌や古本もかなりの量ですが、私の好みも含めて、H様の納得のお代をお支払いして、これからじっくりと仕分けをさせて頂きます。

三鷹市下連雀のH様、本日は有難うございました。

不用品処分に伴う出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。