推理雑誌「探偵倶楽部」など古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

前回、ご紹介させて頂いた三鷹市下連雀のH様邸での古本買取の続編。

掲載仕切れなかった、私のお気に入りの本をご紹介させて下さい。

【前回の記事】推理雑誌「宝石」など昭和レトロな古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

こちらの推理小説「探偵倶楽部」

昭和25年〜28年頃に共栄社という出版社から出版された推理小説です。

いずれも初版ながら、外観に経年ヤケやスレ、シワ・角折れも最小限に留まっている状態でした。

過去にも何度かこの手の昭和レトロな推理小説を引き取った事がありますが、今回はかなりコンディションが良かったので、皆さんにお披露目したいと思い再アップしました。

昨今のコロナの影響で気分が沈みがちでしたが、この古本との出会いで気分がタイムスリップして、なんとなく気分が紛れたのは言うまでもなく。

また、こんな出会いがあるようにと密かに願いつつ、お呼ばれした現場で実直に汗をかいて参りたいと思います。

推理雑誌「宝石」など昭和レトロな古本の買取|三鷹市下連雀にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

ここ最近は日中に20度を超える日が出てきた影響か
都内でも河津桜が開花し始めました。

しかしながら、今年は特に鼻がムズ痒いんです。

まさかこの年になって花粉症になったのではないかと戦々恐々としてます(笑)

三鷹市下連雀にて遺品整理のご依頼

目と鼻の痒みを気にしつつ、本日向ったのが三鷹市の下連雀。

間違いなくこの辺りは一昔前までは、武蔵野の面影たっぷりの、緑の田園地帯だったような気がします。

しかし今では閑静な住宅地。

分譲住宅が立ち並ぶ中、ひと際、年代を感じる一軒家。恐らく築50年はくだらないかと思われるお住いが呼んで頂いたH様宅のようです。

古いタイプのインターホンを押し、迎えて下さったH様。

恐らく、60歳を過ぎたくらいの主婦と思われます。

そんなH様から「父の遺品で大量の古い雑誌があるので見て欲しい」というご要望を受けました。

推理雑誌「宝石」など昭和の雑誌を査定

処分してほしいと仰ったのは、生前、お父様が趣味で読まれていた昭和時代の大量の雑誌でした。

割と煩雑に押し入れに保管されていて、この本の山からめぼしい物を探し出すのは容易では有りません。

殆どの雑誌が処分対象となる中で、いくつかの私の好きな昭和レトロ感漂う雑誌があったのが救いであり、額からの汗を忘れることが出来ました。

お父様、推理雑誌がお好みだったように見受けられました。

その中のひとつが、こちらの推理雑誌「宝石」
昭和22年発行されてます。

推理雑誌「宝石」

最近はこの手の雑誌もめっきりと見なくなりましたが、個人的に好きなアイテムのひとつ。

その他にも昭和レトロの雰囲気を感じる探偵小説雑誌が多数ありました。

処分に回さなければならない雑誌や古本もかなりの量ですが、私の好みも含めて、H様の納得のお代をお支払いして、これからじっくりと仕分けをさせて頂きます。

三鷹市下連雀のH様、本日は有難うございました。

不用品処分に伴う出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

天然木のくり抜き火鉢を買取|杉並区下井草にてマンション売却に伴う不用品の処分・買取

, , , , , ,

杉並区下井草、環八通りからすぐの閑静な住宅街。

築50年にはなるだろうと思われる、マンションの6階が今回呼んで下さったW様の一室にて不用品の買取依頼です。

こちらのお住い、ご両親がお亡くなりになったことを機に売却されるとの事。

売却まで日があまり無いそうで、W様の親族の方と思われる女性3人が忙しそうにお部屋を片付けされてました。

本日、私が呼ばれた理由はご両親が使用されていた不用品でしたが、結局はこの大きな火鉢も一緒に帰る事になりました。

本来であれば着物や包丁、および食器などの遺品だけだったはずでしたが‥。

この火鉢、私らの業界でも、世間の皆様でも、この手の1メートル以上の火鉢をほしがる人を探すのは一苦労です。

最初はお断りさせて頂きましたが、W様たってのお願いでどうしても連れて行って欲しいとのこと

灰が入ってて重いため、搬出にも一苦労する天然木のくり抜き火鉢でしたが、なんとか必死で車に詰め込み、帰路へ着きました。

今日は買取と言うよりは不用品処分と呼んだほうが正直なところ。

かなりシンドイ出会いでしたが、なんとか必死で対応させて頂きました。

下井草のW様、この度は呼んで頂きありがとうございました。

不用品処分に伴う出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

リヤドロの人形を買取|文京区小石川にて不用品処分・買取

, , , , , , ,

昨今のコロナ渦の影響で運動する機会が激減。

年齢から来るものなのか、それとも運動不足で筋力が衰えたのか、最近は体のあちこちから様々な叫び声が聞こえます‥。

ちょっと前から左膝の関節に軽い違和感が現れ、酷い痛みにはならないものの、気になるとなかなか頭から離れません。

そんな左足をかばいながら向ったのは、5年ほど前にお世話になった文京区小石川のT様宅。

そこは伝通院の横にある、レンガ調の立派なマンション。

なんとなく覚えてますが、幾多の現場をこなしていくと過ぎた事柄が遠慮なく消えてゆきます。

段ボールに詰め込まれた不用品を持ち帰って査定

記憶の引き出しを明けながらマンション5階のドアを開けると、品物が詰まったダンボール箱が10個ほど。

私と年齢が一緒位と思われる女性が私をにこやかに見つめてます。昨今のコロナ時勢の中、自分の年齢を考えて私の事を思い出したとの事。

すると「じゃあ、この前と同じ様にお願いしますね」と一言。

しかしながら、この前の記憶が有りません。

参りました(笑)

そんなT様のご要望もあって、今回は持ち帰っての査定となりました。

リヤドロの人形たちとの出会い

置き場に戻り、段ボールを開けてみると中から出てきたのは、アクセサリー、碁盤碁石、食器カップソーサーなどもろもろ品物

そんな品物を眺めている中で碁盤碁石でハッと記憶が蘇ってきました。

文京区小石川、碁盤碁石、5年前。

思い出しました、しかし、その時は奥様だけでなく旦那様もいらっしゃったはず。後日談ですが、旦那様は3年前に亡くなったと後から知りました。

旦那様のご遺品に、今回は奥様の思い出の品であったこのリヤドロの人形が10体ほど段ボールに入ってました。

全てに、愛と、夢と、時間とがたっぷりと感じられます。

また私個人がリヤドロの人形が好きという事も情緒的な査定もアップし、私なりに奮発した金額と気持ちを込めて、お代を持参しに後日お伺いさせて頂きました。

奥様、大変喜んでくれました。

私は、お金にもお宝にも変えられない、素晴らしい出会いに巡り合えたと思っております。

文京区小石川のT様、この度は大変有難う御座いました。

不用品処分に伴う出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

昭和レトロ感が漂うハーモニカの買取|板橋区小豆沢にて遺品の買取

, , , , , ,

先日まで黄色かった街路樹。

ほんの数日で明かな紅葉となり、沿道には赤い落ち葉が目立つようになってきました。

そんな秋から冬への移り変わりを感じつつ、今日は板橋区小豆沢へ遺品の買取です。このあたりはいつお邪魔しても気分のいい場所です。

今日呼んで頂いたのは、80歳は雄に超えていると思われるお元気な奥様。

ご丁寧にリビングにお茶菓子とお茶を準備頂いてました。

少し濃いめの緑茶が冷えていた身体を温めてくれます。

亡くなった旦那様の遺品の買取

テーブルに向かい合いお茶を飲みながら亡くなった旦那様の話になり、お仕事の話、趣味の話、はたまたどんな場所に旅行にいくのが好きだったなど、生前のお話を楽しそうに語ってくれました。

そんなお話が30分ほど続いた後、奥様が旦那様の仏壇の隣にある棚から、おもむろに出された昭和を感じさせる箱。

そこには昭和レトロなハーモニカが大事に保管されてました。

拝見させて頂くと「TOMBO復音ハーモニカ」を中心に数点のハーモニカが納められてます。

「うちの夫はハーモニカが好きで、よく日本民謡をを吹いてくれたんですよ」

みかんの咲く丘、上を向いて歩こう、
シャボン玉、赤とんぼ。

奥様が一番好きだったのは浜辺の歌だったそうです。

そんな思い出話を聞かせて頂きながら、ハーモニカを査定させて頂きましたが、付属品などもしっかりと揃っており、状態もグッドコンディション。

私なりに御値段の方は頑張らせて頂きました。

一連の買取作業が終わった後もしばしば雑談に。

実は奥様、コロナが無ければ逗子にある海の見える施設に行く予定だったんだそうです。

「来年は綺麗な海を見ながら、浜辺の歌を聞いてゆっくりしたいわね」

その言葉が印象的でした。

引っ越しの時はまた私を呼んで下さるそうです。

板橋区小豆沢のF様、今日は有難う御座いました。

遺品整理・生前整理に伴う不用品の出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

マンション売却に伴う荷物整理|杉並区井草にて不用品処分

, , , , , ,

肌寒さを感じる午前8時前。
気が付けば12月が目前に迫ってます。

今日は杉並区井草の環八通りからそう遠くない場所にあるマンションにお呼ばれしました。

マンション売却に伴うお部屋の片付け

今回は、ご両親が住まわれているマンションの部屋にある荷物を整理して欲しいとのご依頼です。

今は別の場所に暮らしている娘様から連絡頂きました。

売却して引っ越すので、室内の品物は全て整理されるとの事。

室内の片付け前

作業中は肌寒さを感じた今朝方とは裏腹に、暑さで額から落ちる球の様な汗を手でぬぐいながら5時間余り。

搬出した荷物

不要になった荷物を車に積み終わり、長年にわたって住まわれたお部屋が綺麗に片付きました。

片付け後のお部屋

支払いを済ませた時、お母様の口から「あなたが来てくれて良かった、ありがとね」と一言。

手伝ってもらった仲間は季節外れの汗だく状態(笑)
それもそのはず、2トン車5台ですから。

頑張って手伝ってくれたみんなを少しでも労おうと、我が地元にあるいつもの居酒屋でソーシャルディスタンスを保ちながら、静かに乾杯しました。

85歳の旦那様、80歳になられたばかりの奥様。

もう少し早くお会いできればと思われるような、とても知的で、可愛さの残る、素敵なご両親でした。

最後に有難うの言葉を聞いた時には、今日の暑さと、荷物の重さを全て忘れました。

この度は呼んで頂き有難う御座いました。

「東京 鳩居堂」お線香の買取|文京区駒込にて遺品整理に伴う仏具の買取

, , , , , ,

今週は寒暖差が激しく、なんとなく気だるい感じがしてます。

11月に20度を超える日が続くと、これから控える師走が、まだ先のように感じてしまいますよね。

そんな季節外れの暖かさに包まれた本日お伺いしたのが、文京区駒込。

このあたりはいつお邪魔しても気分のいい処です。

六義園の近くにそびえるマンションの4階が、本日呼んで頂いたE様のお部屋。

遺品整理に伴う贈答品の買取依頼

お迎えて頂いたのは、御二人合わすと160歳に届きそうなお元気なご夫婦でした。

ニコニコ笑顔がとても印象的なおふたり。

綺麗に整頓されたリビングにお招き頂くと、おそらく納戸、天袋、押入れ等から一生懸命出されたと見える、昭和の箱に入ったままのおびただしい数の贈答品の山。

本当に御苦労さまでした、とついつい労いの言葉をお伝えするほどの量です。

相当の御苦労をなさって畳の上に、まとめられたと思いますが、残念ながらその中で、私が値を付けられるのはその半分もありませんでした‥。

東京 鳩居堂のお線香の買取査定

その中で比較的私の興味を注いだのがこちらのお線香。

東京 鳩居堂のお線香です。

鳩居堂は、書画用品・香の老舗専門店。

1663年に薬種商として創業し、蛇頂石などの民間療法薬を販売していましたが、その後徐々に業態を転換し、香や文房具を扱うようになった背景があります。

私の書くつたないブログをご覧になっお電話を頂いたと聞き、御値段の方は頑張らせて頂きました。

その他に仏壇も引き取りもして欲しいとの事でしたが、コンディションがあまり良い状態ではなかったのと、階段で上り下りする事を鑑みて、今回はお断りさせて頂きました。

ごめんなさい。

私が好きな六義園からすぐ近くにお住いの、文京区本郷のE様。

お引き取りさせて頂いた品物達が、また素敵な人たちに出会えるよう頑張らせて頂きます。

今日は呼んで頂き有難う御座いました。

遺品整理・生前整理に伴う不用品の出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

戦前の古い写真を買取|新宿区鶴巻町にて遺品整理に伴う買取依頼

, , , , , ,

車のまばらな早大通り。

やはりコロナの影響なんでしょうか、なんとなく人手も少ない本日の新宿区鶴巻町。

連日 ワイドショーにて「過去最多の感染者数」のテロップで流れる度、憂鬱な気分になるのは私だけでしょうか‥。

普段渋滞している道だけに、到着までの時間を逆算して事務所を出発した分、かなり早く到着。

亡くなったお父様の遺品を買取査定

ご依頼頂いたT様との約束の時間から20分ほど早めでしたが、古い木造二階建てのお宅のインタフォンをプッシュ。

迎えて下さったのは少し線の細いお父様。

聞くと年齢は60代との事です。

今回はコロナの最中に90歳で亡くなったお父様の荷物整理のご依頼。

お茶の間にて予め準備頂いたお茶を飲みながら、生前のお父様のお話に。お父様から幼少の頃から耳にタコができるくらいに聞かされたという戦地に赴いた話や、旧日本軍の話まで色んな話をして下さりました。

戦前の古い写真を買取

そんなお父様の話も一区切りしたタイミングで、
生前書斎として使われていたお部屋へ。

しかし、部屋の隅々まで1時間以上物色しましたが、私が連れて帰りたい物たちとの”出会い”がありません。

そんな中、押し入れの小さな収納ボックスに入っていた古いアルバムが目を引きます。

古い写真の入ったアルバム

戦前の古い写真たちでした。

戦前の古い写真

私なりにいくら探してもこれしかないだろうという結論に達し、ありがたく頂戴して帰りました。

しかし、一見、珍しそうな物でも、どれだけそれを欲しがる人がいるかで、評価がガラッと変わってしまうのが私達の世界です。

T様にはなにか目ぼしい物に出会ったら連絡頂けるようお願いして、人気のまばらな早大通りを後にしました。

新宿区鶴巻町の細身のジェントルマンなT様、有難う御座いました。

遺品整理・生前整理に伴う不用品の出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

古書・古本の出張買取|杉並区西荻窪にて遺品の買取依頼

, , , , , , ,

本日は杉並区の西荻窪にお邪魔しました。

沿道の街路樹が黄色くなり、秋が色濃くなった神明通り突っ切りながら辿り着きましたM様のお宅。

そんなM様から『母の遺品をみてもらいたい』というお電話を頂戴したのが先週末のこと。

お伺いすると築年数は雄に50年以上は過ぎているであろう木造二階建てのお住いでした。

亡くなったお母さまの遺品整理

「忙しい所迷惑じゃなかった?」

お出迎え頂いのが50代をちょっと過ぎたくらいとお見受けする奥様。

呼んで頂いたのは、2年前に亡くなった母上の遺品整理のご依頼です。

茶の間で準備下さった品のある茶菓子とお茶をご用意下さり、雑談も一区切りしたタイミングで母上様のお部屋へ。

なんでも書道をやっていたとの事で、お部屋にはそれらしき作品たちがちらほら。

どれも気持ちが入った力強いものばかり。

その室内の片隅に積み上げられたもの達を今回処分してほしいとの事でした。

古書・古本の買取査定

処分してほしいと仰ったのは、
殆どが古本でした。

梱包された本の山から、お目当ての物を探し出すのは簡単ではありません。

しかしながら古いパンフレットや木版画の地図、古い絵葉書等、私の好きな物達と出会い、額からの汗を一瞬忘れることが出来ました。

その中で、今回は古本、および古書を買取させて頂きました。

どちらかというと、お値段よりも個人的に好きなアイテムです。

他に硯掛軸等の買取も併せて行いました。

今回は、処分に回さなければならない古本もかなりの量ですが、私の好きなアイテムもあった為、M様の納得のお代をお支払いして、これからじっくりと仕訳をさせて頂きます。

杉並区西荻窪のM様本日は有難うございました。

不用品処分や古本などの買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、不用品の処分、古本の買取等はとても得意な分野です。どんな案件でもご相談下さい。一生懸命対応させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

バカラのイヤーグラス「2017」を買取|東京都港区三田にて贈答品の出張買取

, , , , , , ,

見渡すと近くにはオーストラリア大使館、そしてイタリア大使館。

今日は港区三田へお呼ばれです。

世界各国の大使館が集う中のいわゆる高級マンションがご依頼頂いたB様のお住い。

食器棚の整理をしていてね、捨てるに忍びないものあるので見て欲しいの

そんな電話を頂いたのが今週頭のこと。

平日は仕事だそうで、本日、日曜日の時間指定でお伺いさせて頂きました。

「暑かったでしょ?お上がりになって下さい」

迎えて下さったB様は非常に上品な雰囲気をまとった背のスッとした方。この地域に住まわれるだけの品を私でも感じることができました。

リビングのテーブルにはよく冷えていそうな緑茶と、ちょっとした水菓子がひとつ。

本日の暑さにはは有りがたい一杯です。

お茶を挟んで、B様としばしの世間談義。

私の仕事は、何年くらいやってるだの、お互い、生まれが昭和の何年だの、子供、孫の話だの、相手次第ではつい話し込んでしまうのが悪い癖です(笑)

バカラのイヤーグラスなど贈答品の査定

30分はおしゃべりしたでしょうか?

切りのよいタイミングで奥様が席を立ち、別の部屋からいくつかの贈答品と思われる箱を持ってきて私の前に並べてくださいました。

「これね貰いものなんだけど、あまり使うことがなくって」

拝見させて頂くとブランド食器としてポピュラーな人気を誇る食器たちのようです。しかし、リユース市場では流通の多いものだとあまり価値が付きづらいんです。

そんな中、贈答品の中に赤い箱のバカラのイヤーグラスが一つ見つかりました。

未使用品でした。

この年号入りのグラスは2010年頃からスタートしたはずです。

プレミアム感も出て、リユース市場でも需要のある一品。

その他にもいくつかのアイテムを査定させて頂き、それなりの買取額を提示させて頂いたのは言うまでもありません。

B様のお住いを出たのは15:00頃。

1日でも最も暑い時間帯ですが、買取したアイテムが気分を高揚させ、あまり暑さを感じませんでした。

今日も良い汗をかき心の中で「こんな買取がずっと続けばよいのに‥」と思いつつ、そうならない現実に生きていく厳しさを感じ得ます。

港区三田のB様、有難う御座いました。

お部屋の不用品片付けならお任せ下さい。

買入れ本舗では、不用品の買取は勿論、今回の様な贈答品の買取や遺品の整理にも対応させて頂きます。

お見積りだけでも結構です。

お電話お待ち申し上げます。
0120-5394-55です。