池上秀畝の日本画「水戸光圀」など絵画を買取|杉並区方南町にて古本買取のご依頼

, , , , , , ,

杉並区方南町のG様から久々のお電話。

一昨年の今頃、とある知人からの紹介で不用品の処分でお世話になりましたが、今回お邪魔してみると遺品の整理でした。

いずれかは解体されるであろう運命(さだめ)の2階の一室には一塊の古本の山。殆どが文庫本や百科事典で占められており、買取が非常に困難なものばかり。

そんな中、本棚の引き出しから数枚の版画らしき物を発見。状態の良くない日本が約10点ほど収められてました。

見ると、古い勤王文化振興会のエンボス、そして写真の池上秀畝の水戸光圀の日本画がありました。

私が来なければ、ほかの不要の古本と一緒に、いつか整理される運命だったと思うとゾッとします。

私に見つけられたこちらの版画や日本画たち、状態が良ければ高価買取というアイテムでしたが、コンディション的に痛みが見受けられたため、それなりの金額でお譲り頂きました。

とはいえ、私には気分の良い出会いでした。

買入れ本舗では、有名作家の版画から、錦絵、木版画、リトグラフ等の買取りを行っております。

間違ってもお捨てにならないで下さい。版画等の整理処分売却の時はぜひ、買入れ本舗まで。

古い時代の外国紙幣などをまとめて買取|渋谷区恵比寿にて古銭などの不用品買取

, , , , , , ,

渋谷区恵比寿にて、亡くなったご両親の遺品整理、および買取のお手伝いをいたしました。

閑静な住宅地のお宅での査定に、私自身少し場違いな感じがするほどの場所。

「生前、旅行が趣味だった両親だったので思い出の品がこんなに沢山。なかなか捨てるに忍びなくて木村さんに来てもらったんです」

ご案内頂いたお部屋は本棚というか書斎というか、とにかく本だらけのお部屋。

お父様、生前は某小学校の校長先生だったとの事です。

おびただしい本の数。更には海外で購入されたと思われる民芸品がいたるところに置いてありました。

しかしながら査定するには厳しいアイテムが殆ど。

それでも呼んでいただいたご恩に報いるため、いくつかの工芸品、そして写真の外国紙幣を買いました。

「こんなもので買ってもらえるんだ」

現行紙幣でないので評価はむずかしいものの、額面にして数万円で交換させて頂きました。

まだこれ以外にも、有るかも知れないという事です。

私もそう思います。

また是非呼んでほしいものです。

渋谷区恵比寿のA様、有難う御座いました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

バカラやラリックなどのランプスタンドをまとめて買取|豊島区西巣鴨にて遺品整理に伴う不用品処分

, , , , , , ,

豊島区西巣鴨の地蔵通り沿いにそびえ、
立つタワーマンション。

本日の”仕事場”です。

「母の遺品を整理していて、不要になった物を処分したいの」

そんなお電話を当店のチラシを見たお客様から問い合わせがあったのが先週末の事。

バカラ、そしてラリックなどのランプスタンドを中心に、ブランドの付いた食器や亡くなったお母さまが着用していた着物類など数十点に値段を付けさせて頂きました。

70歳は越えたと思われる、
チョッと小柄なご夫婦。

買取分を相殺した不用品処分、片付けの費用を申し上げると、

「えっ、そんなに安くできるの?」

と驚き顔のご様子。

それなりにリユース市場でもニーズのあるアイテムもあり、ちょっと高く買いすぎたかもと少し後悔(笑)

しかしながら、豊島区の千川にある馴染みの居酒屋のママがこの手のランプスタンドに目がないんです。

どんな顔をするか今から楽しみです。

豊島区西巣鴨のU様、この度はお声がけ頂き、
有難う御座いました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

バカラの花瓶(フラワーベース)など食器をまとめて買取|調布市深大寺町にて遺品の買取

, , , , , ,

気象庁の発表により、関東地方は梅雨明け宣言がなされました。

どうりで暑いわけです。

どんどん上がる気温とは反比例して、私の体力が削られてスタミナ不足に陥ってます(笑)

降り注ぐ太陽光線を浴びつつ、
今日は調布市の深大寺町で遺品の出張買取です。

このあたりはいつお邪魔しても気分のいい場所。今日お迎え頂いたのが、娘さん母娘3人連れの方でした。

一軒家の売却に伴う父上の遺品を査定

お話をお伺いすると築60年になる一軒家を売却されるそうで、片付けをしている真っ最中とのこと。

リビングにご案内頂くと、天袋、押入れ等から一生懸命出されたと見える、昭和の箱に入ったままのおびただしい数の贈答品の山がひとつ。

本当に御苦労さまでした。

殆どのアイテムが亡くなったお父様の遺品とのことです。

しかし、相当の御苦労をなさって畳の上にまとめられたと思いますが、残念ながらその中で、私が値を付けられるのはその半分もありません。

それでも、当社の素人に毛の生えたようなブログをご覧になってお電話を頂いたと聞き、御値段の方を頑張らせて頂きました。

その中で比較的きれいだったのが此のバカラのフラワーベース。

とても重厚で美しい花瓶で、比較的コンディションもよく今回の遺品買取で一番の評価を付けたのは言うまでもありません。

かなりの数のご遺品でこの炎天下の中なのでエアコンを付けて頂いても、額からの汗が止まりませんでした(笑)

そんな私の姿を見かねて、冷たいお茶とお菓子を差し入れて頂き、なんとかギアを入れなおして頑張ることが出来ました。

深大寺町のK様。

今日、買取させて頂いた品物達が、また素敵な人たちに出会えるよう頑張らせて頂きます。

今日は有難う御座いました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

金杯など贈答品を買取|豊島区千川にて遺品の買取

, , , , , , ,

「亡くなった亭主の遺品を見てほしいのですが」

当店のチラシを手に取ったお客様からの連絡でした。

話をお伺いすると、亡くなった旦那さまが生前に頂いた贈答品を整理されたいそうで、その中には金杯などのアイテムがあるとの事。

この類のお問い合わせの時は、アクセルを踏む足にも自然と力が入るもの。

お呼ばれした場所は豊島区千川、この界隈では有名な高級マンションが立ち並ぶ場所です。

私には到底似つかない場所だけに、
気を引き締めていざ入口へ。

「お待ちしてました。どうぞ、お入りになって」

お出迎え下さったのは、恐らく60代と思われる眼鏡が非常に似合う奥様。

リビングへご案内されるや否や、そこには贈答品が納められている箱が山積みになってました。

「まずはお茶でも」とご配慮頂き、お茶と甘味を出して頂きました。

それを頂きながら亡くなった旦那様のお話に。なんでも都内有名病院の呼吸器科のお医者さんをされていたそうで、いろんな方とのお付き合いが多く、この手の贈答品を沢山頂いたんだとか。

さて、そろそろ、と腰を上げる私を静止して、今度は珈琲までお出し頂きました。

カップ&ソーサーはオークラのブルーローズ。品がある食器が、言わずもがな、これからの査定に期待値がどうしても上がってしまいます。

30分ほどでしょうか。お話の頃合いをみて、一つ一つ丁寧にアイテムの査定に入りました。

この手合いは最近相当の数が無いと、中々ご希望の金額を払えないケースが多いのですが、今回は全く違う様相を呈していました。

山を丁寧に確認しながら、中盤に差し掛かったころ出てきたのが写真の金杯。

思っていたよりも保存状態もよく、汚れやキズも目立ちません。

他の贈答品よりはるかに高額な値段を付けさせて頂きました。

欲を言わせてもらえば付属品揃っていると、更に評価が上がったのですが…。欲張り過ぎでしょうか(笑)

奥様からは「いいの?こんなに」と心配されるくらいに奮発の買取でした。

お支払いを済ませて、荷物を車に積み帰路についたとき、若干、払い過ぎたことを後悔(笑)

それでも良い出会いが沢山あって、満足できる1日となったのは言うまでもありません。

千川のM様、有難う御座いました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

手塚治虫の鉄腕アトムの古本などを買取|練馬区早宮にて遺品整理に伴う片付け

, , , , , , ,

練馬区、石神井川の近くで
丁度、1週間前の金曜日。

「主人の遺品を整理したい」と言うご依頼で、御見積りにお伺いした練馬区早宮のA様。

今日の昼近く「木村さん、お願いします」との入電。

寂しくなった桜並木を横目に、夏日を思わせる日差しに体力を消耗しつつ、再びお邪魔をさせていただきました。

前回、山のような古本をかき分けながら、なんとか探し当てた古本が本日のお目当て。

手塚治虫の鉄腕アトムなどの古本です。

鉄腕アトム

しかしながらその他の本は殆ど価値がなく、売れないものばかり…。

「主人は大学の英語の教授だったの」と奥様から聞いておりましたが、それを裏付けるかのように英語関連の本が殆どでした。

それでも、こんなご時世に声をかけて頂いただけでもありがたいこと。

スズメの涙ほどのお支払いしかできませんでしたが、前回申し上げておいたこちらの価格で、気持ちよくお譲り下さいました。

しかし、今日は暑かった…。

マスクを付けながらこの暑さでは、正直キツイ(笑)

そんな訳で、今日は、行きつけの銭湯に行って汗を流し、そのあと通常通りの営業時間に戻った行きつけの居酒屋でうまいビールを飲む予定です。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

表情豊かなブロンズの置物を買取|新宿区西新宿にて遺品の買取。

, , , , , , ,

久々に西新宿に呼ばれました。

コロナの影響もあり、新宿でさえ遠く感じるようになった今日この頃。

いつ来てもこの街特有の、背の高いビルディングの雰囲気には圧倒されます。

マスクを付けながら携帯を片手に足早に歩くビジネスマン。「タイムイズマネーこそが大都会の中心で生きる術」と言わんばかりのオーラを放ってます。

そんな野心あふれる若者を横目に私が向かったのが、山手通り沿いのマンション。

この14階がホームページをご覧になってお声がけくださったF様宅です。

お医者様だった父上の遺品整理

厳かな雰囲気の玄関のピンポンを鳴らします。

迎えて下さったのは、
ごく普通の物静かな奥様。

恐らく60代半ばと思われる方とお見受けしました。
背筋がピンとしているのが印象的。

「こないだの大きな地震があったでしょ?それで手付かずだった父の遺品を整理したいと思ったの」

事の成り行きを伺うと、父上はお医者様をされていたそうで、書斎とされていたお部屋には大量の古本、そして生前大事にされていたコレクション品がそのままの状態になっているとの事。

その書斎にご案内頂くと、実にお医者さんらしい整ったお部屋で、物の置き方すべてに意味がありそうな、そんな厳粛なイメージさえありました。

まずは、本棚にギッシリと入っている古本をみさせて頂きましたが、残念ながら評価を付けるのが難しいものばかり。

その他のコレクションと思われる民芸品や骨董品、押し入れに入っていた贈答品等はめぼしいものがいくつか。

ブロンズの置物を査定

そんな中、私の目を引いたのが写真のブロンズ彫刻たち。

古くもなく、
骨董でもない。

でもなんとなく惹きつけられるブロンズ作品。

箱もなく埃にまみれてましたが、欠損や錆もあまりみられずコンディションは上々。他のものと併せて買わせていただきました。

一通りの仕事が終わると、「お茶でも如何ですか?」とのお誘い。嬉しかったんですが、このような時期です。やんわりとお断りさせていただき、西新宿を後にしました。

Fさま、この度はお声がけ頂き、
ありがとうございました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

アンソニア・ユンハンスなどアンティーク調の掛時計を買取|渋谷区富ヶ谷にて遺品整理に伴う古時計の買取

, , , , , , ,

渋谷区、に有りました。古い掛け時計。

今日は新年早々、
渋谷区の富ヶ谷に来てます。

古い付き合いの不動産屋さんの、懇意にしている営業マンのT君から、

「木村さん、いい物があるか分からないけど、良かったら行ってみる?」

と勧められたのが、今日のお客様。

感染予防・ソーシャルディスタンスを徹底した出張買取

代々木公園からほどなく、ほどよく手入れされた和庭が印象的な平屋の古いお宅でした。

ご依頼頂きました奥様はおよそ80歳くらいの、小柄な方。

足があまり良くないとの事で、座敷の座イスに座ったままでお話がスタート。

本来であれば新型コロナの変異株「オミクロン」の流行を受けて、玄関先でスピーディーに買取査定をさせて頂こうと思ってましたが、「ちょっと話もしたいから…」という奥様たってご要望で、茶の間になりました。

当然、ソーシャルディスタンスをキープしながら。

お話をお伺いすると、いずれお住まいを先ほどのT君に頼んで、整理する予定だそうです。

ただし、亡くなった旦那様の思い入れのあるご遺品だけは簡単に処分できないとの事で、私を呼んで下さったとの事。

亡くなったご主人が愛してやまなかった柱時計の買取査定

その亡くなったご主人様は、昔から読書するのが楽しみだったそうで、

「あの人の、生前の書斎の中はこだわりのコレクション品が溢れかえっていたのよ」

と奥様。

しかしながら、5年前に亡くなった際に、ある程度のアイテムは売ってしまったとの事でしたが、この古時計に関しては形見としてあえて残されていたそうです。

早速、見させて頂くと、アンソニア、そしてユンハンスの柱時計でした。

海外を代表する時計メーカー。

明治から大正にかけて、これらの海外メーカーが今のセイコーなど日本の時計メーカーが模倣すべきお手本となりました。

私好みのアイテムであることは言うまでもありません。

コンディション的には、非常に大切に扱われていたようで、当時オリジナルの状態が保たれており、それなりの評価に。

お代を差し上げると、「いいの?こんなにもらって」と、ほほに両手をあて、大げさなくらい、喜んでくれました。

奥様の喜びもさることながら、私の喜びもひとしおです。

「ちょっとまって、玄関まで行くから」

という計らいを制止し、茶の間で本日の御礼を伝え、木枯らしの吹きすさぶ渋谷区富ヶ谷を後にしました。

ご縁を運んでくださった不動産屋のT君、

そして旦那様の想いでのコレクション品を気持ちよく譲ってくださった奥様、本日は有難う御座いました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

古いライターなどまとめて買取|文京区音羽にて遺品整理に伴う不用品の買取

, , , , , ,

ふと気が付けば年の瀬に‥。

年々、時間が過ぎ去る早さに驚きつつ‥、
今年も色んな事がありました。

良いことも、そして悪いことも。

でも なんだかんだこうして年末を迎える事が出来たのは、私を支えて下さってお客様に他なりません。

コロナの影響にしちゃいけませんが、ここ1~2年は年齢の壁を痛感しつつあります(笑)

しかしながら、まだ私を必要としてくれる方がいらっしゃる限り、なんとかこの仕事にしがみ付いて頑張っていこうと思う今日この頃です。

文京区音羽にてご遺品の買取査定

さて、長話はいけませんので、
本題に。

令和3年最後になるであろう本日のお仕事は、文京区音羽に伺いました。

「ゴメンね年末の忙しいところ。それでも、年内にスッキリさせたくて‥」

そんなお電話を頂戴したのが、
今週のあたま。

実は 3年前にお世話になった方で、改めて亡くなった旦那様の遺品が出てきたという事でお問合せ頂いてます。

お茶の間にお通し頂き、ソーシャルディスタンスを保ちながらマスクを付けつつ、お出し頂いたお茶と甘菓子を頂きながら、しばしの談笑。

ふとしたタイミングでお互いの持病の話になり、流れの中で保険証を見ると来年80歳を迎えるとのこと。

それにしてもお元気そうな方で、
病気の影すら見えません。

ダンヒル、カルティエ、デュポン、ロンソンなど古いライターなどの査定

「それでね、こんなモノが出てきたんだけど、もし買取ってくれるならと思って」

と本題に入ったところで、奥様がお持ちいただいたのが古いライターなど数十点。更に、切手やコインなど、生前 旦那様が趣味で収集していたコレクション品との事でした。

ダンヒル、カルティエ、デュポン、ロンソン他

旦那様、煙草を相当愛された方の様です。

大切に、大事に遺された物達。

遺された方と、大事に守ってこられた方の気持ちが、この古いライターたちから溢れてます。使われたものですが、大きな傷もなく中々の美品でした。

物が溢れている今日この頃、ひとつひとつ時間をかけて丁寧に査定しつつ、今日お声をかけて下さったM様に、一つ一つお値段の説明です。

「いいわよ、それで。持って帰って頂戴な」

と有難いお言葉を頂戴し、M様納得のお値段で買い取らせて頂きました。

文京区音羽のM様、この度もお声がけ頂きましてありがとうございました。

本日は殆どがご主人の遺品でした。大事に残してくださいまして、M様、素敵な物達有難うございました。

大切に遺品の整理をいたします

買入れ本舗では、あらゆる遺品、大切に買い取らせて頂きます。

量の多少にかかわらず、お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-5394-55です。

陶器・金属・竹製等の花器を買取|豊島区長崎にて花器・花瓶など買取・処分

, , , , , , ,

どうして私の店を知ったんですか?

私の息子がインターネットで見つけたみたいなの。貴方のお店のこと

幾多の段ボールの中をまさぐりながら、私の問いに答えてくれた奥様の御答えでした。

亡くなった父上が営まれていた店舗内の不用品買取・処分のご依頼

こちらの現場は、
豊島区長崎。

西武池袋線近くにある、5階建てビルの1階の一つのお部屋の中でのお話です。

最初は生活スペースと思われる5階のお部屋に呼ばれ、最後に連れて来られたのが1階のお部屋でした。

こちらのお部屋は「亡くなった父がが骨董品屋をやっていたんです」と奥様。

今日のH様は、何と無く亡くなった父上の品物の整理を少しづつ進めているみたいです。

私達は手ごたえを大事にします。
まずはお電話での手ごたえ。

長年この仕事をしていると、おおよそは電話でのやり取りで察しがつきます。

後は、仕事がうまくいくかどうかは、住所、お住まい、玄関、出迎えてくれた方、行くまでの道のり‥、その他には私なりの験(ゲン)を担いだり、色々想像したり、考えたり、感じたりしながら、現場に着くまでイメージを膨らませます。

こういう場合、私の目がいくら欲しがっても、うかつには欲しがらないようにしてます。

陶器・金属・竹製等の花器を買取・処分

状況の確認が終わりました。

しかしながら、今回に至っては買取というより処分という趣が強いアイテムが殆ど。

取敢えず今回は、棚の上に静かにたたずんでいた陶器、金属、竹製等様々な花器や花瓶を頂いて帰りました。

近いうちに、改めてお顔を拝見できるお約束をし、
豊島区長崎を後にしました。

イメージしていたアイテムとの出会いはありませんでしたが、何と無く息子様に感謝です。

豊島区長崎の奥様、
有難う御座いました。

不用品処分や遺品整理ならお任せ下さい

買入れ本舗では、様々な事情の不用品処分・遺品の整理のお手伝いをさせて頂いております。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。