新宿区牛込【贈答品】の買取。【毛布】、【肌掛け】【シーツ】に【タオル】。

,

新宿区牛込での買取

今日、私を迎えて下さったのは、顔中が年輪の様な、何とも年季の入った、和食屋の旦那様、W様でした。
場所は新宿の牛込。
お店をたたむので、店内の備品、食器等の、買取の御依頼でした。
とてもおしゃれなお店です。造作にもかなりの費用が掛けられたお店です。
お店をたたむ理由は、御自分の年齢のせいではなく、折からの、ちっとも上向かない景気に、苦汁の決断を下されたからだそうです。
店内を眺めさせて頂きました。

残念ながら、厨房機器備品、食器等は当店での買取はほぼ無理でした。
余りにも時間が経ち過ぎて。
最近の市中には製造1,2年から、2,3年の程度の良い厨房器具等が数多く流通しております。すぐに閉めてしまう店も多いのでは無いでしょうか。

良く磨かれた黒のカウンターの奥にはキープされた焼酎の瓶達。私の好きな芋だらけでした。

カウンターの上で語られた数々の物語。
カウンタ-を彩った数々の料理。

顔に刻まれた年輪に秘められた、ご主人様の悲喜こもごも。
25年ほど前の開店だそうです。途中楽しい景色にも出会ったそうです。

早稲田のキャンバスからは遠からず、周りには江戸川橋、神楽坂、間もなく訪れる桜の春には多くの人が足を運ぶ、歴史の古い牛込の街。

こちらで25年もお店をやって来られても、店をたたまなければならない、今の世の現実。

贈答品の買取

最後に店の奥から出されたのがこの贈答品の数々。

開店当初から何故かこういう物を沢山頂き、消費しきれなかったようです。
邪魔なので何とかしてほしいとの事。

まさか私も、ここで、毛布布団に出会うとは思いませんでしたが、一生懸命買わさせて頂きました。

支払の途中、わずかなお札を眺めながら、「私らには株がいくらだとか、金利が幾らだとかいうよりは、昔のように、お客がいっぱい来てくれるような景気が欲しいんだよねー」

私もまったく同感です。

私が好きだった、北大塚のタラちりの美味しい和食屋さんも最近店を閉めました。

行きたいお店が減って困っております。

どこからかかすかに聞こえる、景気の良い話とは裏腹に、最近ここにきて目にする、耳にする、余り景気の良くない話達。

株価の話

店のテレビでは、株価が15,000円を切ったとの報道をしてました。
株価?10,000円でも30,000円でもいいんです。
実態の景気が良ければ。

新宿牛込のW様、本日はお呼びいただき有難う御座いました。

 

港区で【贈答品】の買取、【オールド大倉】の【紅茶碗】。

, ,

今年の初買いです。

新年からとても美しい奥様にお会い出来ました。
細身の小柄な体を黒いワンピースで包み、玄関先に出された贈答品類を見てくださいとの事でした。
殆どが頂いたまま使われずに置かれていた食器、コーヒー碗、木箱入りの急須セットなど。
何処のお宅にも有るものは中々思うようなお値段が提示出来ません
一箱づつ中身を見ながらお値段の交渉です。
お見かけも素敵で私の申し出にもとても素敵に反応して頂きました

オールド大倉の紅茶碗でした。

30点程見させて頂いて最後に出されたのが、このオールド大倉の紅茶碗6客でした。

オールド大倉紅茶碗

オールド大倉紅茶碗

趣の違いを確認させて頂きました。
母上が、その父上から頂いて、今まで大事に保管して来たものの、今更、しょっちゅう使う物でもなく、この際、思い切って、処分してしまおうとの事でした。
6客とも、傷もなく、とても時代の有る大倉陶器の紅茶碗達でした。
壊れが有りましたが、私はその箱が気に入りました。

 

 

紅茶碗の木箱

紅茶碗の木箱

オールド大倉紅茶碗

オールド大倉紅茶碗木箱

木箱入りの物には最近、中々会えなくなってます。
先に見た30点に負けない金額で買わせて頂き、素敵な奥様のさらに素敵な笑顔に出会える事が出来ました。
場所は、まだ正月気分の残る、港区東新橋の40階は有る、所謂、タワーマンションの20階。
管理の方のお許しを得て、汗をかきながらの荷下ろしで今年の新年が始まりました。
港区の素敵なM様、有難う御座いました。

豊島区千川で、【贈答品】、【茶道具】の買取

, , ,

お見積りであれ買取であれ、見知らぬお宅へ呼ばれるのが好きで今の仕事をやっているといっても過言ではありません。
初めてのお宅の玄関口で靴を脱がさせて頂き、スリッパをお借りしてから、私の仕事のスタートです。
この時期、どちらにお邪魔しても、申し訳なくなります。
暑さのせいで。
今日もそうです。
今日も御近所の方でした。
「見てほしい物が有るんだけど。」
私の好きなフレーズです。
何が有るのか詳しくは聞きません。
スリッパのまま、畳の部屋に呼ばれました。エアコンは効いてました。
池袋に有るデパートの箱に入った、いわゆる贈答品、食器の類が畳の上に山と積まれてました。
タオルの箱を開けると、白いタオルに茶色いシミ。
相当時間がたってます。所々に昭和のタグ。
もったいない事です。
最近よく目にする光景です。
何処のお宅にも物があふれてます。
これでは物が売れる筈が有りません。
幾つか見てるうちに私の額から滴る汗。
畳の上、物の上に遠慮なく垂れてます。
目の前のタオルを一本頂きました。
見かねた奥様が台所に消え、戻りながら、「これ、どーぞ」
冷えたペットボトルの水と、ガラスのお皿に青いキュウリ。
思わずキュウリを口にしました。
「昨夜漬けたの。田舎のキュウリよ。」
塩が良く効いてます。程良い冷たさ、程良い塩気、一瞬で生き返りました。
「田舎、どちらですか?」
「群馬の仲之条。」
遠い昔、どこか近くの温泉の帰りに寄った事が有ります。
「ここのキュウリっておいしんですねっ!」
「所で、何か古めの物は有りませんか?」
で、目の前に出されたのが、この松井康成の茶碗と、中里重利のぐい飲みでした。

松井康成の茶碗と中里重利のぐい呑み

松井康成の茶碗と中里重利のぐい呑み

「前にはもっとあったんだけど、知り合いにみんなあげちゃって。」

仕方有りません。
全て縁ですから。

荷物を積み終えた頃には、きゅうりの塩気も、全て汗で流れてました。
この手の茶道具がこの所、お値段等で中々頑張りきれないアイテムになってしまいましたが、頑張って買取させて頂きました。
暑い中お声を掛けて下さいました、豊島区千川のM様、有難う御座いました。

小平市での、【食器】、【贈答品】、【レコード】の買取

, , ,

灼熱の新青梅街道、いや、真夏の新青梅、炎天、熱、何と形容すればよいのか、とにかく太陽の力の絶大さをフロントガラスからの光に感じながら、昼下がりの新青梅をひたすら西へ、目指すは小平。
「ホームページを見て、貴方に来てほしいの」
うれしいお誘いです。
道の両脇の、濃い緑の中に、時たま顔を出す百日紅の桃色の花色に、ひと時の安らぎを覚えながら、必死に走り、たどり着きました。

小平霊園の緑を抜け、西武線の踏切を超えた、緑の濃い住宅街の中の可愛らしい一戸建ての、S様のお宅へ。
良く冷えた麦茶を頂きながら、お話を伺いました。
先月で旦那様の一周忌が過ぎ、心の踏ん切りがつき、お荷物を整理なさりたいとの事でした。

御本人も心臓が弱く週に一度は、病院に通ってらっしゃるとの事ですが、とても肌のお綺麗な、昭和一桁にはとても見えない素敵な奥様でした。

取敢えず今回は、かなりの数の贈答品、食器類を頂くことになりました。
一つ一つ封を解く私の手元に、S様の暑いまなざし。
数にして100点以上の箱を開けさせて頂きました。
残念なのが殆どの物が、今では、どちらのお宅にも有る物ばかりでした。
人様が欲しがるものではないのです。
評価は、さびしい物です。
S様は心地よく納得して下さいました。
私のワンボックスが、箱であふれました。
私の体からも汗があふれてます。
最後に、食器の奥から出てきたのがこのレコード達です。

今では懐かしい一枚になりました。

今では懐かしい一枚になりました。

矢張り、高価な査定が出来る物ではありませんでしたが、何枚か、私が聞きたい物が有り、頂いて帰りました。

手入れの行き届いた可愛い庭が印象に残りました。
一本の小ぶりの百日紅の木に咲く、桃色の花がとても爽やかな、小平のS様との出会いでした。
着物と茶道具の整理がついたら又お邪魔をさせて頂くことになりました。

S様、本日は有難う御座いました。

新宿区払方町で銀瓶の買取。肌掛けタオルも、そして。

, , , ,

平河町を後にし、四谷見附から外堀通りを右折、、市ヶ谷を右に見て、田町の先を左に曲がれば払方町。
昔は大名屋敷の街らしく今でもとても静かです。
白いワンピースのいかにもふくよかなN様に迎えられました。
主に買取したのは、肌掛け、タオル、シーツ、毛布等ののいわゆる贈答品類。
車の後ろにあふれるくらいの量です。
お支払いをしながら目に留まったのが此の銀瓶でした。
裏にへこみが有り、ふたもへこんでました。
銀瓶の買取

贈答品と変わらぬお値段でしたが、気持ちよく譲って頂きました。
支払を済ませた私の目にまた、ちらっと映ったのが、此のブロンズ2体です。
玄関のドアを開けて手が届くような場所で、出会えるとは思ってませんでした。静かにたたずんでました。

確か富永直樹のボジョレーの娘だっと思います。
IMG_2219

さらに静かだったのが此の2匹の猫たちです。玄関のたたきに敷かれた絨毯の上でこちらを眺めてるのです。
IMG_2220
いつ頃、いくらで買われたのか聞いてみました。
一時はかなりの金額で取引されていた作品たちです。
是非譲って下さいと言うには、もう少し時間がかかりそうです。
とても良い物たちを見させて頂きました。
新宿、払方町のN様、有難う御座いました。

新宿区下落合で、こんなもの買いました。金の獅子頭。

, , ,

昨日、目黒からの帰り寄った新宿の下落合。
目白の駅から入った静かな住宅街の静かなマンションの3階のお部屋に呼ばれました。
迎えて下さったのは、年のころやはり60は超えたかどうかの、素敵な奥様。
胸元のエメラルドのネックレスが輝いてました。
出されて来たのが、写真の獅子頭。それも金色の。北陸の方の知人からの頂きものらしいんですが、置き場所が無くなり、何とかしたいとのこと。
こういう物は骨董としての評価はまず無理です。
ほしい方がいるかで、価値が決まりますが、その場で私は、適切な金額を提示できませんでした。
奥に戻られた奥様が手にしてきたのが、 やはり頂き物で申し訳ないと出されたのがこの冶兵衛の銘入りの菓子盆。
IMG_2446

村瀬冶兵衛作だと思います。
これもどうぞと頂いたのが秋田の桜の皮細工の茶入れ。
IMG_2435

私は木で造られた物に弱いんです。頑張って買取させて頂きました。
続けてこれはいかがと出されたのがエルメスのプレート。
IMG_2414

獅子に叱られないようお値段頑張って、素敵な奥様の笑顔を後にしました。
今日はあいにくの冷たい雨です。
ゆっくりと品物整理ができそうです。
昨日は、鷹番、下落合の素敵な奥様方、有難うございました。

【今日の買取】桜の中を新宿、西落合、バカラとジノリ

, , , ,

朝方は5分から6分咲きの桜が、午後には7分から8分に。
気温の上昇とともに、色を増す桜。
明日はどこまで開くやら。
道筋の桜の花に目をやりながら、今日は新宿区西落合へ贈答品の買取です。
このあたりはいつお邪魔しても気分のいい処です。
今日お迎えて頂いたのは、御二人合わすと160歳に届きそうなお元気なご夫婦でした。
多分、納戸、天袋、押入れ等から一生懸命出されたと見える、昭和の箱に入ったままのおびただしい数の贈答品の山。
本当に御苦労さまでした。
相当の御苦労をなさって畳の上に、まとめられたと思いますが、残念ながらその中で、私が値を付けられるのはその半分もありませんでした。
ポスティングのチラシをご覧になって、当店のホームページを確認してお電話を頂いたと聞き、御値段の方は頑張らせて頂きました。
その中で比較的きれいだったのが此のジノリとバカラでした。

a04b01
私が好きな哲学堂からは少し離れた、西落合のO様。
哲学堂の桜に、今日は会えませんでしたが、今日の品物達がまた素敵な人たちに出会えるよう頑張らせて頂きます。
西落合のO様、今日は有難う御座いました。