投稿

「14代柿右衛門」の酒器を買取|新宿区原町にて遺品の片付けに伴う陶磁器の買取

, , , , , , ,

思春期の女性の様な移ろい易い心情を思わせる天候に翻弄されて、
洗濯物を外干しするかの判断が出来かねません。

昨今 頻発するゲリラ豪雨に備え、雨雲レーダーのアプリケーションをダウンロードしたのが先日のこと。

実際に使ってみて、そのクオリティの高さに驚きました(笑)

わたしも買取だけでなく、遺品整理や生前整理、または断捨離に伴う片付けなどを行っているので、雨が降ってしまうと搬出する際にとても困るんです。

とにもかくにもスマホは私にとって業務に欠かせないツールとなっているのは言うまでもありません。

新宿区原町にて遺品の片付けに伴う買取依頼

余談が長くなってしまったので、そろそろ本題に(笑)

今日は、新宿区にお住いのB様のお宅から、陶磁器、焼物を買取させて頂きました。

「どうしてもこの日に片付けたい品物が有る」

何となくハスキーな女性の声に誘われて伺ったのが原町にある古い木造の一軒家。お住いの売却の関係で急ぎの事情が発生したとのことでした。

私が着いたのは13時ころ。

B様に案内頂きすこし狭い階段のお二階の薄暗い部屋に一塊のお荷物の山。

ガラクタなんて言うのはとんでもないお話で、
古い桐箱に納められた花瓶がいくつかありました。

「14代柿右衛門」の酒器

その中でわたしの目に留まったのは「14代柿右衛門」の酒器でした。

大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴的です。

14代柿右衛門の作品は多くの陶磁器の中でも根強い人気を保っております。

箱付きでコンディションも悪くありません。

B様は、かなりお急ぎだったようで荷物が無くなればよしとの事でしたが、私なりに頑張ってお出しした”思わぬお小遣い”を手にして、驚きの様子でした。

「ごめんね、バタバタして何もお構いできなくて」

奥様、急ぎコンビニに小走りで向わられ、お茶とコーヒー併せて5本を私に差し入れ下さいました。

新宿区原町のB様、この度はホームページからのご依頼ありがとうございました。

遺品整理・生前整理に伴う不用品の出張買取ならお任せ下さい

買入れ本舗では、遺品整理や生前整理などお部屋の片付けに伴う出張買取の実績が豊富です。

買取が可能なものは積極的に、
一生懸命に買わせて頂きます。

長年培った、遺品の整理、買取りの経験をどうぞご利用ください。

どんなことでもご相談ください、お電話お待ちいたしております。

電話番号は、0120-5394-55です。

練馬区石神井にて落語のカセットテープや古いレコードなどの遺品を買取

, , , , , , , ,

今年最大級の台風が過ぎ去り、
台風一過の残暑が厳しい本日は、練馬区の石神井にお邪魔致しました。

せわしなく車が行き交う環八通りから抜け出し、落ち着いた雰囲気の練馬高野台の駅を横切り、たどり着きましたS様のお宅。

私のような古い人間に映る石神井の風景は、親近感、懐かしさが有るんです。
緑の田園地帯で子供の頃良く遊びました。

汗をかきながら昭和の時代の思い出にふけりつつ、S様宅へお邪魔しました。

解体前の不用品買取のご依頼

『不用品を買ってほしい』というご要望を受けたのが先週のこと。

もうすぐ取り壊すという、築50年以上は経過していると思われる立派な木造住宅は、今現在、お年を召された奥様お一人なんだとか。

かつては2世帯が暮らし、賑わいを見せていたお住いを手放し、S様の息子様と同居するんだそうです。

また、今回は不用品の片付けと言うより、なくなった旦那様の遺品整理というニュアンスが大きい現場となりました。

落語のカセットテープの買取

処分してほしいと仰ったのは、殆どが古本やカセットテープやレコードでした。

しっかりと梱包された本の山から、めぼしい物を探し出すのは簡単な作業ではありません。

そんな状態のなか、とめどなく額から流れる汗をタオルでふきふき、出会ったのがこちらのカセットテープと古いレコードたち。

古いカセットテープとレコード

生前、旦那様はよく落語を聞かれていたんだそうです。

人間国宝となった落語家から、クセのある落語家まで、旦那様の落語愛が垣間見れるラインナップ。

落語のカセットテープ

また、古いレコードも、かつて人気を博したアニメの主題歌など、なんとも懐かしい気持ちにさせてくるモノたちが私を古き良き時代にタイムスリップさせてくれました。

古いレコード

処分に回さなければならない古本もかなりの量ですが、私の好みも含めて、S様の納得のお代をお支払いして、これからじっくりと仕訳をさせて頂きます。

練馬区石神井のS様、
本日は有難うございました。

これから新しいく住まわれる新天地でのご健康、そしてご多幸をお祈り致します。

不用品の買取はお任せ下さい

買入れ本舗では、不用品の処分、古本やレコードの買取等はとても得意な分野です。どんな案件でもご相談下さい。一生懸命対応させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

中国の掛け軸などを買取|東京都世田谷区池尻にて遺品の買取

, , , ,

世田谷区池尻にて遺品の買取。

『父の遺品が有るんですけど。』

という依頼を受けまして、本日は世田谷区の池尻まで行ってまいりました。

大手デベロッパー系の、築50年になろうとする古い大型のマンションの4階でした。こういうところは、管理がうるさい割には用件を述べると往々にして無料で車がおけます。

非常に助かります。

私を呼んで下さったご夫婦は60歳半ばの、大変風格のあるK様ご夫婦でした。

この方たちが遺品と仰るにはかなり古い物に間違いありません。

その中で、父上が遺されたという、古い掛軸を頂きました。

最近、掛け軸の評価は芳しくありません。

今日頂いたものもほとんどが、裸で、かなり傷んでました。

中国掛軸の買取

中国の掛軸

中国の掛軸

ご本人たちも、あまり頓着が無さそうでしたが、12、3本の中に傷んではいますが、中国の軸が3本ほど入ってました。

あまり高名ではなさそうですが、巷ではまだまだ中国の物に人気が有ります。

頓着の無かったご夫婦には想外の金額だったかもしれません。

気持ちよくお支払いを済ませることが出来ました。

他に益子の焼き物、シャガールのリトグラフ、ヘレンドの洋食器等を、買わせて頂きました。

世田谷池尻のK様、本日は有難うございました。

遺品の整理や買取のことならご相談ください

買入れ本舗は、東京都内、東京近郊で、様々な、遺品の買取、整理に力を入れております。

掛軸や、焼き物、絵画、古い食器など、思わぬ値段がつくことが少なくありません。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は0120-5394-55です。

中国骨董「白玉香炉」「 瑪瑙香炉」の買取|東京都新宿区の中里町にて遺品の買取

, , ,

新宿区中里町で遺品の買取

「父の遺した、遺品が有ります。」

落ち着いた女性の声です。

新宿区神楽坂の近く、中里町のK様からのお電話です。

目白通りから、江戸川橋の交差点を右折して、弁天町の信号の手前を左折すると、スグに道が細くなります。

そこにかなり古い木造の2階建てのK様のお宅が有りました。迎えて頂いたのは、50代の女性と20代の恐らく娘様。

なんとなくお急ぎの様子でした。

中国骨董【白玉香炉 瑪瑙香炉】の買取

事情が有って、生まれて住んだお家を手放すことになり、急いで中の荷物の整理をしたいとのことでした。

父上の遺品ですと言って、畳の上に置かれていたのが、絵画と、今回の香炉達でした。

白玉香炉

白玉香炉

中国 瑪瑙香炉

中国 瑪瑙香炉

その中の一つが、この白玉の方形香炉でした。

この手の物は、時代、真贋を見極めるのが簡単では有りませんが、私たちの垂涎物であることにも間違いありません。

小さな傷に目をつぶり、買えるだけの値段を提示させて頂きました。

数字を聞いた母娘は、顔を見合わせ、奥の間へ。
「ちょっと相談させて下さい」との事。

胸の高鳴りを抑えながら、もう一度じっくりと品定め。値段が低すぎたかしら?と思いながら、待つこと数分。

ふすまを開けて戻られた母上の口から、「お任せいたします。」の一言。

なんとなく、喜ばれている雰囲気を見ると、奥で、親子で、何を話されたのか察しがつきます。

お代を払う時、非常に喜ばれているのがわかりました。

K様、本日は大切なものをお譲り頂き、有難うございました。

戻ってじっくり、品定めをさせて頂きます。

遺品整理に伴う買取は買入れ本舗にお任せください

買入れ本舗は、創業35年の経験をもとに、様々な遺品の整理、買取りに力を入れております。

古い物、高価な物、価値の分らないもの、どんなものでも、一度お声をおかけください。

ご連絡お待ちいたします。

電話番号は0120-5394-55です。

軍用の飛行時計との出会い|杉並区西永福のH様邸にて遺品の整理・片付け

, , , , , , ,

「今週の日曜日から解体が始まるので、今日・明日中に来れるなら」

 

丁度、倉庫内の整理中をしている真っ最中に連絡を昨日いただきました。
先週お邪魔したばかりの、杉並区西永福のH様。

お住いの売却が決まり、その際に不要になった家財一式の片付けをさせて頂いた案件。その際、亡くなった父上の遺品の整理・片付けも同時に行ってます。

その時は、お客様のご要望通りの片付けは終わったと記憶してますが・・。

更にお話を続ける奥様の話に耳を傾けます。

 

「やっぱり地下室と、床の間のタンスの中は自分じゃ整理できなくて」

 

地下室と床の間。
先日お邪魔した時にどうしても私が気になってた場所です。

「ええ、明日なら大丈夫ですよ」

たまたま、予定で入っていたお客様の案件が午前中の早い時間に変更なったので、午後の13:00頃ならという事で伺うことに。

 

そして、本日、杉並区の西永福へ向かいました。

 

チョット早目の到来を告げて、お声を掛けて頂いたH様のお宅のインタフォンをプッシュ。

「ごめんね、二度手間になっちゃって」

お出迎え頂いてすぐ、温かいお茶が私を待ってくれてました。
それと、今週遊びにいった浅草の芋羊羹も並んでます。

本来は、奥様がじっくり整理するはずの地下室と床の間だったらしんですが、急な用事が飛び込んできて、手につかなかったんだそう。

世間話も一通り落ち着き、さっそく作業に入らせて頂きました。

まずは地下室。

遺品の整理・片付け

片付けの作業をしつつ、目を光らせながら1時間以上物色しましたが、何にも出て来ません。私が連れて帰りたい物たちが。

そして、地下から1階の床の間へ向かいました。

今日はこんなに寒いのに、私のシャツは汗で肌に張り付いてます。

床の間は、押し入れなど収納スペースを主に片付けを行いました。作業中に奥様が

 

「この桐箪笥の中もいい?」

 

ええ、いいですよ、と私は答えましたが、この桐箪笥は以前お伺いしたときに気になってました。

桐箪笥

ひとつずつ引き出しを開けながら、お父様の想いでの品たちと戯れていると、何やら、時計らしきものを発見。

一瞬、アンティーク系の手巻き型のストップウォッチかと思いましたが・・。

飛行時計

飛行時計・6632・昭和17年1月・精工舎

精工舎の飛行時計

航空機、それもこの時代ですから軍用機、戦闘機等で空を飛ぶ時に使われた時計なんです。

航空計器タイプの飛行時計は、一般の時計と違って服部時計店などで一般販売はされず直接、軍に納入されてたはず。

 

奥様に伺うと、お父様はもと軍人だったそうです。

 

もう使う事もないから、そんな訳でこの時計をお譲り頂きました。

その後、お店に戻りこの時計をいじっていると

 

「チッ、チッ、チッ」

 

と時間を刻み始めました。終戦から70年くらいでしょうか。時空を超えて、再度動き始めた時計を片手に、不思議な感覚にすらなりました。

今も機能する飛行時計

こんな出会いもたまにはあります。

本日も杉並区西永福のH様、有難う御座いました。

解体前の古いお住いで軍需品や家財を引き取り|目黒区青葉台で遺品の整理・片付け

, , , , , , ,

本日、私を呼んで下さったのは戦時中に激しい戦火を潜り抜けたアイテム。

1か月前に、お部屋の一室の遺品整理のお手伝いで伺った目黒区の青葉台にお住いのD様から、昨日の夜に電話がありました。

 

「明日って、来てもらえませんか?」

 

丁度この時間帯は晩酌中で、少しずつアルコールが体に浸透しつつあった状態。

 

「えっ、あ、はい」

 

との気のない返事をしてしまいましたが、先日、遺品の整理・片付けのお手伝いをさせってい頂いたD様と思い出す始末。

わたしの作業が終わって、ちょっとしたら解体に入る、そんなお話を聞いておったんですが引っ越しに時間がかかり、明日がタイムリミットとのこと。

遺品の片付け中に、このソファとか家電類はどうするの?と聞いた記憶があります。

その時は新しい新居にもっていくとの事だったんですが・・。どうやら新居での部屋の間取りと上手くマッチしなかったようで、新しく買い替えになったそうなんです。

 

「私の意見じゃなくて、娘夫婦が言うもんだから」

 

そんな訳で、解体ギリギリのタイミングで押し切られ、泣く泣く私に連絡をくださったそうです。

お伺いしたのは目黒区の青葉台。

我々の事務所からの行き方は、前回でしっかりと頭に入ってます。

築年数が相当であろう木造作りのお住いに到着し、少し狭い駐車場にわたしの愛車を駐車してインターフォンで奥様を呼び出します。

 

「ごめんね。急にバタバタしゃって」

 

一度茶の間にお通し頂き、お茶とお菓子を準備頂いてました。そしてしばし、このように至った経緯をお話しくださり、私もじっくりとお話を伺いまいた。

その後、前回片付けさせて頂いた部屋へ向い、不要となった家具や家電類を丁寧に搬出作業を開始。

大型のソファ、電動のマッサージ器や小型の家電などを運び出しました。

ソファや家電など家財一式

電動のマッサージ器

今日は、物量も多く重いものもあったので、応援にもうひとり呼んでます。順調に搬出が進み、作業も終わりを迎えたところで

 

「これはやっぱりだめ?」と一言。

 

手に持ってらっしゃったのは、戦時中のトランク、そして軍服とコート。

軍用のトランク

戦時中の軍服とコート


このアイテムは前回丁重にお断りした記憶が有ります。

それはお父様が、第二次世界大戦中に陸軍の一員として、激しい戦火で装着していた軍需品私に何とかならないかという話だったと記憶してます。

想いの詰まったこの軍需品。お住いの2階の押し入れに眠ってました。

奥様がお父様の話をされてる時に、その生きざまに目頭があつくなったのを覚えてます。

だから簡単に引き取り出来ないと。私は言いました。

 

「いや、あなたに持ってってもらった方がいいと思ったのよ」

 

半ば、強引に、それでも私を信頼してくだってる想いは伝わりました。

但し、そんなに高く買いとれないよ、納得してもらって買取させて頂きました。ただスズメの泪くらいのお代しか置けませんでしたが。

とはいっても、このようなアイテムは大切に扱わせてもらってます。
お預かりする際、恐縮なんですが手を合わせて頂きました。

帰り際、お住いの近くにある「西郷山公園」を通り過ぎると、先月まで青々としていた木の葉っぱがちょっと色味がかってます。

 

もう秋なんですね。

 

これからは恐らく、ものすごいスピードで年末まで時間が過ぎていくんでしょうか。

取りあえず、本日も呼んで下さった青葉台のD様、
有難うございました。