信楽焼の狸(たぬき)との出会い|新宿区百人町にて置物の買取

, , , , ,

職安通りと大久保通りの間の、
風情が残る細い路地。

先の買取案件で、飯田橋から大久保通を経由して新宿区百人町へやって参りました。

今回のご依頼主であるM様からお電話を頂いたのが、今週の月曜日のこと。

「ねえ、不用品とかって買ってくれんの?」

言葉の節々に感じられる下町の名残のある話し方。

お話を伺うと三代続いた建具屋さんで、後継者問題など様々な問題が解決せず、お店を閉めることになったんだとか。

周りは多数の外国人

その理由のひとつを、実際にお店にお伺いしたときにやっと理解できました。

周辺には中国系のオーナーが営んでいると思われる店舗が多数。まるで我々日本人の方が少ないような感覚すら感じます。

「こんなんじゃ商売あがったりだよ、住んでらんないよ!」

長年の不満が募っているのでしょう、

お出迎え頂いた私よりもちょっと先輩と思われる奥様が、まくしたてるようにこの町の現状を語ってくれました。

奥様の知っている店舗さんも、撤退を余儀なくされているんだそうです。

店舗兼自宅での買取品捜索

奥様のお話を伺っておよそ30分は経過したでしょうか。

腕時計に目を配り、そろそろスタートしたいという合図を送り、作業を開始。

築40年は優に超えるであろう店舗兼自宅の中はやや雑然としてましたが、そこには何かを期待させる雰囲気がありました。

しかし‥。
世の中、うまくきませんねぇ(笑)

洋服、着物、古本も人形全てダメ‥。

時間をかけてじっくりと確認させてもらいましたが、買取れそうなものが殆どありません。

玄関に並んでいた設楽焼の狸(たぬき)

そんな中、玄関で何やら視線を感じます。

振り向くと、複数の狸(たぬき)たちが、
大きな目で私を見てます。

設楽焼の狸(たぬき)

「お願い、おいら達も連れてって」

そんな声が聞こえたような錯覚を覚えるほど、何か訴えてくるものがありました、この狸たちには。

どうしても助けたいという気持ちにかられてしまい、買取させて頂くことに。

「この狸は設楽焼でね。玄関にずっと置いてたから、連れてってくれて助かるよ」

そんなお言葉をM様から頂戴しました。

ちなみにM様、
戦後生まれだそうです。

まだまだお元気そうなお姿を見ると、なんとかお店を続けて欲しいものですが、進撃を続ける外国人の店が台頭して、難しい状況なのは私も理解できます。

時代の流れは、時に残酷なものですね‥。

百人町のM様、この度は呼んで頂きありがとうございました。

古い置物や人形の買取ならお任せください

買入れ本舗では、店舗閉鎖に伴い不要になった物など積極的に買取させて頂きます。

古い物や、新しい物、置物など、場合によっては思わぬ高額で買取できる品物があったことも多々ございます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120-539-455です。

引っ越しに伴い不要になった「こけし」の買取|東京都文京区の小石川にて引き取り

, , , ,

文京区小石川の買取

平成になって過去に30回桜が咲きました。

あでやかな桜、楽しい桜、悲しい桜、様々な桜が咲いては散りました。

間もなく平成最後の桜が咲きます。

小石川のM様、あと1週間遅く呼んでいただければ、あの播磨坂の平成最後の桜が見れたのにと思いながら‥、

本日は、その播磨坂の桜の名所からすぐ近所のM様のお宅にお邪魔致しました。

その桜の満開の頃、お引越しということで、お荷物だらけの立派なお部屋に闖入させて頂きました。

引越しの家具の買取

先ずは、やはり30年ほど前に購入されたという、立派な和ダンス。
後は椅子が6客付いた、無垢材のダイニングテーブル。

とても良い物でした。

然しこの頃はこの手の家具の行き場を探すのが容易では有りません。良く見ると生憎、小さな傷が見えます。ますます難しいアイテムです。

幸い、引っ越し業者さんと、引取り処分の話は出来ているとの事。

引っ越し代のほかに、結構な費用が掛かるので、できれば売却できればということでした。

丁重にお断りして、何か細かい物は有りませんか?

こけしの買取

「そうねー、これはどう?」

ということで、押し入れの奥にしまわれていた、このこけしたちと出会うことが出来ました。

一緒に処分される運命でした。

段ボールに詰めるとき、一瞬、こけしがほほ笑んだような。

それほど古い物でもなく、作者も不明ですが、大事に連れて帰ります。

今日はこんな出会いでしたが、私の好きな桜の近くに呼んで下さった、小石川のM様、有難うございました。

古い人形やこけしなども積極的に買取します

買入れ本舗では、古い人形や、古いこけしなども積極的に買取を行っております。

処分する前に、お電話お待ちいたします。

電話番号は0120-5394-55です。

京都丸屋・大木平蔵製のひな人形を買取|東京都中野区の鷺宮にて人形の買取

, , , , ,

中野区鷺宮でひな人形の買取

「来月のお雛様で、要らないんですか?」

手にした小さな箱の中の木彫りのひな人形を見ながら、忙しく動き回る、今日の依頼人のU様に聞いてみました。

「そうねー、飾ってももう誰も見てくれる人もいないしねー。」

となんとなく寂しそうなトーンのお返事。

古い物を片付けたいというご依頼の、中野区鷺宮でのU様宅での一コマです。

叔母様のお宅の荷物の整理だそうです。

整理が終わり次第、こちらに越してこられというので、何となくお忙しいご様子。

詳しいことは聞かずに、出されたものの中で、お値段の付きそうな物達を頂くことになりました。

京都丸屋、大木平蔵製のひな人形

その中のおひとつがこのひな人形でした。

京都で歴史のある、丸屋、大木平蔵製のひな人形でした。

京都丸屋、大木平蔵

京都丸屋、大木平蔵のひな人形

お雛様お二人とも、箱も、とても綺麗な品物でした。

これからの時期、欲しい人が現れそうな気がします。

他に、火鉢やこけしやら頂きましたが、殆ど、この人形のお値段でU様のお宅を後にしました。

春まじかの、冷たい雨の中での中野区鷺宮での買取りでした。

古い物を中心にひな人形の買取ならお任せください

買入れ本舗では、古い物や、新しい物、ひな人形など積極的に買取させて頂きます。

お電話お待ち申し上げます。

電話番号は、0120539455です。