投稿

東京,新宿,西落合の買取。【ラッパ型】【蓄音器】の買取。

, ,

最近の買取事例

最近、60過ぎの男性の方に良く呼ばれます。

殆どの方が、御両親の御逝去後の、お住まいの整理片付けです。

有る程度、御自分で整理なさった場合、そこに残されているのは、箪笥、本箱、介護のベッド、布団、人形、それと小さな仏壇とか。

何故か箪笥の中の着物、本箱の書籍類は空っぽになってます。

処分なさった経緯、売却で手にされた金額等の話を聞くたびに悲しくなります。

広告の上手な業者様が羨ましくなります。

悲しんでばかりはいられません。

残された物達の中に、私と出会いたい物が必ず有るはずという信念で、いつもの家探しが始まります。

新宿区西落合の買取

この度お邪魔した新宿区西落合のH様のお宅もまさしく、その通りの築50年は過ぎてる木造の2階建てのお宅でした。

出迎えて頂いたH様。

本当に長閑な人生を送られたであろう、穏やかで、愛想のとてもよろしい、60を超えたばかりに見える、丸顔の、とてもお元気そうな男性の方でした。

全て処分するので、何か買えるのが有ればお願いしたいとの事。
所謂、遺品の整理です。

不燃物だと仰る、食器の入った、段ボール箱から、スワロフスキーのガラスが5,6個。
ヘレンドのカップソーサーがワンセット、その他ノリタケオークラのお皿数点を助け出し、ベッドの脇のナイトテーブルの上で、埃のかぶった白い風呂敷の中から現れたのがこのラッパ型スピーカーの付いた蓄音器でした。

ラッパ型蓄音器の買取

取り説が有りました。
昭和62年頃のメイドインフランスの蓄音器でした。所謂復刻版です。
父上の物だそうです。H様には御不用の事。

ラッパ型蓄音器

ラッパ型蓄音器

この時期のご購入とすれば、多分、目の前のH様とほぼ同年齢でのこの商品のご購入かなと余分な事を思いながら、その当時の何と無く豊かで、のんびりした日本の情景と、これを手にしたH様のお父上のお姿などを、思い浮かべながら、大切に車に積み込み西落合を後にしました。

車のガラス越しに見えるいつもの哲学堂の桜達。
やがて訪れる今年の春に備え、残り少ない厳しい寒さを必死にこらえる姿。
私の好きな場面です。

店に戻り、ゼンマイを巻くと大きなスピーカーから懐かしい音色が流れました。
西落合のH様、有難う御座いました。

 

文京区本駒込の、【遺品整理】、【ライカの買取】

, ,

昨日の練馬区向山、一見して、東京の高級住宅地でした。
今日お邪魔した処もまさしくその通り。
なぜか暑さを感じません。
今日の温度が低いのか、街の温度が低いのか、私の具合が可笑しいのか。
確かに昨日よりは、おなじ時刻の絶対温度は低かったらしいんですが、今日私がお尋ねした、白山通りと、六義園との間の文京区本駒込の、K様のお宅。

この街は私には思い出のある街の一つです。

街並みはすっかり変わりましたが。

そんな街のチョット歴史を感じるK様の素敵なお宅。
とても心地よく迎えて下さいました。
遺品の整理をされたいとのことでお邪魔いたしました。
夏物の和服のお母様と、背の高い男性、息子様だと思います。
ソファーに腰を下すや否や、目の前に出された、青切子のグラスに波打つ麦茶、やはり青いガラスに、真っ赤な李が一つ。
遠慮なく頂きました。
スモモのひんやりと、果肉の甘さに感激いたしました。
多分、今日の心地よさは、この赤いスモモのせいでした。
今日は御見積だけのつもりでしたが、お話の間中、本棚の中の、美術全集の横に置かれた、このカメラが気になって仕方有りませんでした。
昨年春、他界されたご主人様の遺品でした。
ライカのm3、かなり程度の良い物でした。

後姿も美しいライカm3

後姿も美しいライカm3

心地よくお譲り頂いた、お母様と息子様、有難う御座いました。
お住まいを売却なさるとのこと。
かなりの物の整理が残ります。
9月の末まで、お時間頂きました。
一生懸命頑張らせて頂きます。
遠くで蝉の声の聞こえる、静かな町、本駒込のK様、おいしいスモモ、素敵なライカのカメラ、有難う御座いました。

文京区、根津の遺品整理で、恵比寿大黒様。

, , , ,

今日私を呼んで下さったのはこのお二方でした。
先日遺品整理のお手伝いで伺った文京区、根津のM様から、朝お電話が有りました。
「お時間有りますか?」
もう解体に入ってると思ったら引っ越しに時間がかかり、今日がタイムリミットで、このお二方を引っ越し先まで連れて行こうと思ってたところ、どうしても収める場所がなく、解体で処分されるのも忍びなく、私に何とかならないかというご依頼でした。
私は前回丁重にお断りした記憶が有ります。大きな黒い金庫の上に鎮座してました。
ほかに何か残ってませんかと聞くと、やはり、運ぼうと思ったけど、やはり、いらなくなった、着物が少々。
電話代くらいのお代しか置けませんでした。
お店までお連れして後ろのドアを開けた時のお二方の笑顔がこの写真です。
お連れするときは詳しくお顔を拝めずに来ましたが、うちに来たのがそんなに嬉しかったのと声をかけたくなるような見事な笑顔でした。
本来、恵比寿様、大黒様の笑顔はこんなものかもしれませんが、うちでもいつか大きな金庫の上に座って頂ければと思いながら、取りあえず今日からは店の片隅で我慢していただくことに。
帰り際過ぎてきたいわゆる谷根千の道筋、今日は人が出て賑わってました、飴屋さんの前とか鯛焼き屋さんの前とか。
小雨が有りましたが、お陰様で、春ののどかな街並みを拝めました。
取りあえず、本日も呼んで下さった丸顔の可愛い根津のM様、有難うございました。

ご利益がありますように。

 

今日も文京区根津の遺品整理で、古い紹興酒

, , , ,

明日から解体が始まるので、今日中に来れるなら、どうぞという連絡を受け、先日お邪魔したばかりの、文京区根津のM様宅へ。

遺品整理の続きです。
先日お邪魔した時にどうしても私が気になる場所が有りました。
彫の立派な黒檀の仏壇の周りです。
M様の方では全て整理が済んでいるのを確認後、私のいつもの作業が始まります。仏壇の引出しを開けさせていただきました。
もう使う事は無いという、水晶、メノウ、黒檀の数珠、お香を頂きました。
下の引き戸を開けるとなぜか残っていたのが此の中国産の古い紹興酒でした。

IMG_2138

結構な古さと、陶器の容れ物の絵柄が気に入って、頂戴して参りました。

お店に戻り荷物を整理中に、昔からよく知り合いの椎名町の居酒屋の親爺が、早速目を付け、いくら?と聞いてきましたが、まだ私には譲る気が有りません。
本日も文京区根津のM様、有難う御座いました。

今日は、文京区の遺品整理で、金のウォルサム、懐中時計

, , , ,

ついに来ました桜吹雪。
朝からの強い南風。桜の花びらたちにもいよいよ運命の分かれ道。
本当の事を言うと、桜の花の運命などに構って居れない私は、今日のお客様、文京区は根津のM様のお宅へ。
今日は父上の残された物の買取でした。3月の末で一周忌を迎えられたとの事で、残された物達をかなり高価で買取りさせて頂きました。
モンブランの万年筆、釣り竿、古銭など、私の好みのアイテムを、気持ちよくお売りいただきました。
M様、有難う御座いました。
その中で私が一番気に入ったのが、この懐中時計でした。

imageimage

アメリカの懐中時計の老舗、ウォルサムのエンブレムも美しい、18金製の懐中時計。

今の価格も大事ですが、店に帰って調べてみると、かなり古い物の可能性が有りました。
今日までこんなにきれいに生きながらえて来た、この時計を褒めてあげたいですね。
K18の刻印の美しさ、文字盤の美しさ、ムーブメントの動き、秒針の動き、手の平に響く重量感。
全てに感激しました。
桜の花の美しさも私は好きですが、このように一点で、人に喜びを与えてくれる物、私は好きです。

豊島区、雑司ヶ谷の遺品整理でシャネルのバッグ

, ,

押入れの上の天袋に、長い間置かれたままの、埃だらけの毛布、シーツ類の箱の山。
開けられたあとは無く、箱の上には埃だらけの宅配便のシールが貼られたまま。
何年くらい経った物かはっきり見えませんが、昭和の物は確実、30年は過ぎた物達ばかり。
ご両親が亡くなられ、家を売却することになり、そこに残る、遺品の整理の御依頼で、今日は豊島区の雑司ヶ谷にやって参りました。
都電の荒川線の線路を過ぎた静かな住宅街の中の一軒です。
庭に咲く桜の大木が見事でした。
築60年くらいとの事で、壊すには惜しいガラス戸や建具が目に入りますがそれらは依頼品では無いので、横目で見ながら、ひたすら、荷物のの整理。
残念なことに、骨董品類、掛軸等はすでに整理をなさってしまったとの事。
売却で受け取った金額を聴いて、なぜかその業者がうらやましくなりました。
私たちは今日6人で2トン車2台分以上の殆ど不用品の処分作業でした。
その中で先程の箱達の中から見つけた一つが此のシャネルのバッグです。

箱の古さも気に入りましたが、中身の以外にしっかりした顔つきも気に入りました。いまでも立派に活躍のシリーズの一点でした。

お母様が50年程前、よく、フランスに行かれたそうです。
他の品々と同じくほぼ無償で頂きました。
豊島区雑司ヶ谷のM様、今日は有難う御座いました。

シャネルも昔は控えめだったんだなと思いました。
シャネルのロゴがバッグの表で無く、内側に有りました。
こんな風に….